GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム ブレイジングシャドウ 1巻 [板倉俊之]

強力なバックアップで描かれる、一年戦争後のサブストーリー・ノベル

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 体感ゲーム戦場の絆』ファンには有名らしい、吉本芸人インパルス板倉氏のガンダム小説。
 一年戦争後、公式には存在しないとされる特殊部隊の活躍を描く―――。

 ではなく、その特殊部隊に裏切られた青年たちを描く反攻の物語。

 第一巻は顔見せ的な内容ですが、割と面白いです。
 ただあとがきを読むと読後感が残念に。

 というのも、あとがきは同じく芸人の方が寄稿され『主人公は板倉さん、××は俺みたい!』だと。
 ゲーム「戦場の絆」プレイ中を連想しての事らしいですが
 正直、そういう感想はちょっと………。
※感想は個人差があります。

 割と面白かったです。モビルスーツについても全部設定画が起こされ、巻末に掲載されております。

『この世界に純然たる厚意など存在せず、そこには必ず利害が存在している』

イメージ 4

 仇敵とも言える現地改修機MS-06F/Br ドム・バラッジ。更なる改修を目指している。

■燃え盛る影
 連邦軍に公的には存在しない特務部隊「シャドウズ」の一人、カイン。
 一年戦争後、表に出せない任務に携わってきた彼は、とある理由から軍を抜けることとなる。

 同じく、一年戦争緒戦に連邦から見捨てられた元コロニー居住者の海賊組織「シュテンドウジ」は
 縄張りを広げつつあったジオン残党組織「ファラク」に狙われ
 戦力を必要としていた。

 利害の一致が二者を結びつけ、カインは戦うための手段と一時の居場所を手に入れる事となる。

収録

イメージ 5

 主要機、宇宙海賊が運用するジムカスタム。所属組織『シュテンドウジ』にちなんでか角がある。
 しかしジムカス他、結構なレア物ばかり使っているのう。

 キャラデザは「ポケ戦」他で有名な美木本氏。
 メカデザは、リファイン連載版Z「機動戦士Ζガンダム Define」メカデザの瀧川虚至氏。

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ、1巻」。板倉俊之。
 月刊ガンダムエース連載、角川書店発行。
 2013年11月発売。

 第1話「シャドウズ」
 第2話「ヘルズゲート」
 第3話「シュテンドウジ」
 第4話「漂流者」
 第5話「ファラク
 第6話「激突」

 メカ設定画。
 応援コメント「ニブンノゴ! 森本英樹」氏。

宇宙世紀
 ジムカスの盾にはガンダムAGEのレギルス
 某F型の曲面装甲にはガンダムWのビルゴの風味を感じる等、リファイン部分のイメージが少し独特。

 また、シャドウ、ヘルズゲートなどの単語チョイスなどに反発を感じる場合
 読まないほうが良いかもしれません。