GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

蒼き鋼のアルペジオ 第7話、画像と追記「硫黄島」

元大戦艦ヒュウガ登場と、重巡洋艦タカオの参入回! の画像追記。

イメージ 1

イメージ 2

 千早群像を渡せ! というはずが、つい恥ずかしくて「振動弾頭を寄越せ!」と言ってしまうタカオさん。
 アンド、予想外の流れにブッ飛ぶヒュウガさん。
 なにしてんねん戦闘艦艇。

 そんな悪巧み系キャラ「ヒュウガ」と、すっかり乙女と化した重巡タカオの表情が面白かったんですが
 ブログの画像容量上、載せ切れなかったので追記。

※蒼き鋼のアルペジオ 第7話「硫黄島」より。

イオナにベタ惚れしている、元・霧の艦隊旗艦の一人。大戦艦ヒュウガ

イメージ 12

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 時間軸上、アニメ版及び原作漫画版の第一話以前、群像が駆るイオナと戦って敗れた。

類友
 群像が駆るイオナに敗れ、彼女に惚れこんだという経緯を持つ変態。
 ある意味、タカオの類友である。

 イ401に装備された『超重砲』の本来の持ち主。
 彼女との戦いで、イ401は貴重な『侵食魚雷』の手持ちを相当費やしたという。
 艦体を失ったメンタルモデルである。

 現在は群像達の母港、硫黄島の管理人。半年前はまだメンタルモデルを持っていなかったという。

『私達はどこからきて、どこへ行くのか?』

イメージ 11

 どこからきて、どこへゆく? そんなものは、このわたしがはかいする!(無関係)

■シリアスから墓場まで
 作品的にもオールラウンダーなキャラで、シリアスからコメディまでなんでもこなす。
 彼女が出来ないのは男性キャラに惚れることくらいだろう。
 多分。

 と言ってもイオナへの感情は『興味』も大きいらしい。

 イオナを『特別』と呼び、彼女が群像と出会ったことで世界が動き出したと評しているが
 特に、霧の艦隊が何者であるのか、という部分への興味が強く
 彼女をその鍵だと考えているようだ。

群像にいよいよベタ惚れしている元・霧の艦隊。重巡タカオ

イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ちなみに原作では室内浴であった。5巻収録分。……ヒュウガっちどんだけ椅子作ってるん。

重巡にして従順
 でも通称はツンデレ重巡重巡洋艦タカオ。
 重巡洋艦、文字通り『つおい巡洋艦』くらいの位置付け。
 巡洋艦は戦艦ほど強くないものの、それ以外の艦艇より強く、しかも船足が速いので使い勝手が良い。

 アニメでも『大戦艦より上』はvsタカオ戦で示唆されているものの、出てくるかは不明。

 群像達に敗れた後、独自に人間を学んだ結果がご覧の有様らしい。

我々は兵器。……だった

イメージ 18

 特製群像だきまくら。他にも乙女のヒミツを多数隠し持つぞ!!

■兵器
 兵器として強くある為に、群像を欲している。
 というスタンス。

 しかし今回、自分は兵器といういつもの言葉に「だった」を付けるという変化が。

私は何? 私は誰? 私は何の為に群像と出会った――――?

イメージ 19

イメージ 20

 今回、おそらくアニメ版で初めて頬を染めたイオナ。タカオ出現による変化か。
 原作以上に、ロボット然とした無感情さが強調されています。

 何者かの命令で群像に従っており、その『命令者』と彼女の感情の成長が今後の肝か。

 ちなみに原作では若干おっさんくさうわなにやめろ。

そ し て 今 週 の キ リ ク マ さ ん

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 活躍しまくるキリクマさん。原作でももはや人型だった頃を思い出せないと言われつつあったレベル。
 一応、ハルナの監視、付き添いと言い張っているものの
 ある意味ハルナ以上に蒔絵と仲が良いぞ!

 とにかくちまちまと挟まれるので癒し要素マジぱない。
 さて今後、彼女もまたどうなるのか。

 既に相当「こっち寄り」になってるのが可愛いですよね。

■霧の艦隊
 そもそも彼女達自身、海を封鎖しろ以上の命令は受けておらず、兵器として忠実に実行するのみ。
 その命令が『アドミラリティ・コード(提督命令)』
 さて、アニメ版ではどうなるのか。

 原作版はこの辺の風呂敷を広げに広げまくっており、一方アニメ版は12話に収める為に大幅に転換。
 一気にメンタルモデルに踏み込みまくってます。
 さあどうなる!

 次回、vsコンゴウ様!