GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ダンボール戦機ウォーズ 第31話「俺たちの世界連合」

世界連合vsエゼルダーム、開戦! カスタムLBXの修羅場が見られる第31話!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 圧倒的ハルキ回!
 遂にバンデット=エゼルダームとの決戦が始まり、各仮想国機や既存LBXのカスタム機やらが入り乱れ
 早くもエゼルダーム四天王全滅に!

 決意を固めた少年達のお祭りバトルですが、意外にも状況は割と生徒側寄りで進んでいます。
 ここから、どうエゼルダームがひっくり返してくるのかも楽しみですね。

■兵器、続々
 しかし「カスタム化しておく」と言って夜を徹して作業していたメカニック陣
 マルチギミックサックやライディングアーマーなど、これまではジェノック三羽烏が使っていた武装
 複製され、他のプレイヤーも使うとか仕事しすぎですぜ。

 欲を言えば、後はもう少し説明と、大人の側の積極的な参加も見たかった! あの人達も強いはずだし!

ハルキ『これが最後のウォータイムだ、エゼルダームを倒そう!』

イメージ 4

 盛り上がるLBX世界連合。やはり終盤は一致団結ですよな!

■開戦
 セカンドワールドは、権力者に都合の良い、市民不在、効率化された代理戦争に過ぎない。
 が、だからと言ってテロリストに明け渡す訳にも行かない!

 ハルキの声明と共に団結した少年達は、自ら決断し、LBX世界連合を組んでエゼルダームと対峙する。

 敵が世界連合を潰しにかかると予想して陽動をかけ、手薄になった本拠地を強襲した少年たちは
 防衛機を蹴散らし肉薄するも、首領機ファントムの出現により
 その侵攻を止められる――――。

 次回、第32話「世界が変わる時」。
バンダイチャンネルでの無料ネット配信はこちら。水曜放送後、木曜日12時ごろより配信開始。

アラタ『頼むみんな、世界を守る為に力を貸してくれ!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 グレイビースト先輩の存在感。捨てキャラ並みから、ここまで存在感のあるキャラになろうとはなあ。

■世界連合
 大人達に騙されていた少年たちは、それでも世界を守る為に立ち上がる。
 自らの意志で、バンデットを迎撃すると決めたのだ。

 総司令官には発起人のハルキが選ばれ、世界連合が結成された―――。

 管理システムが無人運営されているセカンドワールドでは、基本、外部から介入することはできない。
 システムが再起動し、バンデットが侵攻開始するまで後一日!
 少年たちは準備に没頭する!

 まるで学園祭のような、それでいて真剣な準備の始まり! この世界観で学園祭も見てみたいですな。

タケル『夜通しの作業になるよ。全部カスタマイズしなきゃならないからね』

イメージ 9

イメージ 10

 デデーン、と揃う各国LBX。そして食事を調達するブンタ。
 相変わらずブンタさんはナイスガイ。
 顔に似合わずナイスガイ。

 大人達もなにやらやってますが、その内ちゃんとした軍隊が来着したりするのでしょうか?

ハルキ『戦いが終わってからでいい。別にLBXがなくなる訳じゃないんだからな』

イメージ 1

 前回のヒカルに続き、この「仲間になった」感がいいですよね。30話かけて背中を預けてきた訳ですし。
 決戦前夜、学校に止まりこむ少年達。

 寮に帰る間も惜しみ、一心不乱に取り組む! 青春ですわ。

ハルキ『これが最後のウォータイムだ、世界の為にエゼルダームを倒そう!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 今週はまさにハルキ回だ! これが~の熱意が篭った呼びかけ方がすごく良かった!

■決戦
 ロストエリアを目指し、侵攻する空中空母ドルガルーダ。
 しかしそこには、世界連合が待ち受けていた。

 少年達の儚い抵抗を踏み潰すべく、圧倒的性能を誇るエゼルダームの機体群が降下する。
 が、ドルガルーダからあらかたの戦力が降下した隙を見計い、ジェノック・ハーネス混成軍が突撃
 怒涛の本城攻めを敢行する!

 大量のロシウス機、アラビスタ機に混じり、ポルトンに配備されたライディングアーマーの存在感!
※24話でキャサリンと大喧嘩した小国。

ラク『そんな子供騙しは通用しない! ―――返してもらうぞ!』

イメージ 11

 次々と散るエゼルダーム四天王。ドSっぷりに人気が集まったシャーロットさんも大破! やだ惜しい!

■四天王
 最低でもジェノック6、ハーネス1以上、最低でも10小隊30機以上の攻勢に対し
 エゼルダームは精鋭4機を含む少数の部隊で対応。

 それでもある程度食い止めているのは流石ですが、エース級の対決に持ち込み、次々とロストします。
 とはいえ、この決戦は既にルール外と言ってもいい状況ですし
 乗り換えて再登場する可能性も?

 べ、別にシャーロットさんに再登場して欲しいとか思ってるだけじゃないですからね!

甲本ダイゴ『平等な世界、それはお前が望んでいるものではないのか、カイト!』

イメージ 18

イメージ 19

 おそらくリンコさんによる複製か。なんとリクヤ機にオーヴェイン用のマルチギミックサックが装着。
 パラサイトキーという「重荷」をなくし、なかなかの活躍!
 セッタップ・オーキャノン!

■カイト
 ゲンドウとカイト率いる二個小隊を、単機で圧倒する甲本ダイゴ。
 続いて、隊長たるカイト自らが白兵戦を挑みますが、その最中、彼が問いかけをしてきます。
 カイトにズバズバ刺さる裏切りフラグ

 今の世界に否定的というフラグを立てられたカイト、ここからどう活かすのか?

キョウジ『セカンドワールドしか世界を知らないガキがァッ!!』

イメージ 21

イメージ 20

イメージ 22

 いつの間にか戻っていたキョウジさん。今週も絶好調ですぜ!(色んな意味で)

■ファントム
 残り二人もそれぞれアラタとヒカルが一蹴し、四天王は全滅。
 一直線に内部を目指すアラタの前に、控えていたキョウジのグルゼオンが立ちはだかります。

 ドットブラスライザーのラグナロクフェイズを、今度はオーバーロードの発露で圧倒するキョウジ。
 しかし、ジェノックの新型支援機「ドットフェニックス」の不意打ちで
 ダメージを受けます、が―――

 苦戦するキョウジ、そしてアラタの前に、鍵を持つ首領機「ファントム」が出現。
 さて、この期に及んで余裕を崩さぬセレディの秘策とは?
 次回に続く!

 いよいよラストバトルですが、かなり展開が速い!
 ならばもう一度ひっくり返す何かがある、というところでしょうから、否応なしに期待させられますね。

 このままでは学園は閉鎖、というフラグ立てもしていますし
 どう決着するのか、いよいよ楽しみ。
 更に次回は新型も登場だ!

 次回、第32話「世界が変わる時」
 サブタイトルからして、こりゃエゼルダームが何かやらかす気満々ですね!


 ダンボール戦機WARS_1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66583988.html