GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

蒼き鋼のアルペジオ 第6話「ともだち」

『友達になれない人』の為に。感情を持て余すハルナとキリシマ、日本大脱出回!!

イメージ 11

イメージ 20

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 良い話だった。キリシマさんのもはや安心感すらある残念な扱いも含めて良い話だった!!
 いよいよ原作シナリオから大きく外れ、アニメ版は佳境へ!
 こりゃ面白いわ。

 原作に全くない展開が織り交ぜられた為、むしろ既読者が思いきり意表を突かれるナイスな改編。
 正直、原作含めて今までで一番イオナが頼もしく見えました。

 ハルナの正体を知り、蒔絵が手のひらを返した、とミスリードしてからの泣かせるエピソード
 この、原作最新刊シナリオをここで組み込む改変も良かったですね。
 一行はこれからどうなるのかしら。

キリシマ『ふん、この娘。ハルナが霧だと知った途端これか――――』

イメージ 4

 偶数回エンドカードは漫画家、同誌連載それでも町は廻っているの作者さん。機関士の四月一日さんですな。

■ともだち
 人類が手にした唯一の対『霧』兵器、振動弾頭。
 大反攻成功の為にも、日本政府はその開発者である人造生命体、蒔絵を霧に渡す訳には行かなかった。
 蒔絵の「処分」を図って派遣された軍に、ハルナは蒔絵を守るべく死力を尽くす。

 ハルナは、振動弾頭のデータ奪取、コンゴウに誓った任務を隠れ蓑に「友達」である蒔絵を守る。
 例え蒔絵が自分を霧だと恐れようとも、守りぬくと決めていたのだ。

 だが蒔絵もまた、自分が霧を殺す兵器を作ってしまった事を悔い、ハルナを助けようと身を投げ出す。

 しかし寸でのところで群像の許可を受けたイオナが急行、政府の意を無視してハルナ一行を助け出し
 和解したハルナと蒔絵、キリシマを便乗者に、イ401クルーは母港に帰投する。
 しかし母港には、何故か回収されたタカオが待ち受けていた。

 次回、第7話。

ハルナ『意思という言葉の定義を、これからお前たちに教え込んでやろう……!!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

 情報リングパンチ! これにはさすがの日本軍さんもびっくりだ!

■意思
 ハルナが霧だと知った蒔絵は動揺し、逃亡する。
 けれどキリシマは「当然だ」と受け止め、ハルナもまた彼女を守ろうとする意思を崩さなかった。

 ハルナは、メンタルモデルを作る要領で簡易なダミーをつくり囮役を買って出る。

コンゴウ様『何を考えているハルナ。何故、直接報告に来ない……?』

イメージ 7

 蒔絵を殺そうとする日本政府を、無邪気に「残酷」と評するマヤがなんだか不気味。
 そもそも、残酷と言う感情的な概念を理解しているのか?

■旗艦コンゴ
 霧の艦隊に「霧への対抗兵器、振動弾頭のデータを持ち帰る」という名目で行動するハルナ。
 その状況をモニターしつつ、コンゴウはいぶかしむ。

 コンゴウ様は「自分たちは人間を理解した」と評していますが、感情を理解しきっていないのが窺える一幕。

蒔絵『ヨタロウ、私、むかし爆弾を作ったことがあるんだ』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 3

 キリシマさん、またもうっかり。うっかりキャラ定着しすぎでしょダメシマさん!

■「友達になる資格」
 逃亡した蒔絵は、ヨタロウにとつとつと話す。
 彼女は、自分こそが軍の攻撃目標なのだと正確に理解しており、ハルナを巻き込まぬ為に逃げたのだ。

 そもそも、霧を殺す兵器を作った自分に、ハルナの友達になる資格なんてないのだ、と―――

 良い子すぎます蒔絵。アホな子に見えてちゃんと考えている子はすごく良いです。

『なのに、なぜ私はこいつらを殺す事が出来ない? この渦巻くものは何だ?』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 27

 原作では『滅びてしまえ!』と感情を暴走させたシーンを、上手くアニメ版に流用しているのが面白い。

■死
 兵器として、大海戦で数知れぬ人間を虐殺した大戦艦ハルナ。
 しかしメンタルモデルとして、感情を得た事で、蒔絵という友達を得た事で、彼女のダメだという言葉で。
 敵を殺すことに躊躇を覚えはじめていた。

 有人兵器から、無人兵器に再設定されたCGイワガニさんもカッコイイぞ! いいよね多脚ロボ!
 イワガニを撃破しつつ、わざわざ敵兵士を助けているのも印象的。

『私には助けられないのか? 誰か力を貸してくれ、助けてくれ、誰か―――!』

イメージ 15

 正直、ここで蒔絵さん死亡かとドキドキしました。

 客観的に見れば、蒔絵の行為は幼さそのものですが、だからこそドラマとして素晴らしかった!
 効果的な攻撃を行えず、艦体も失い、自分の無力さに歯噛みするハルナ
 そしてキリシマ。

 特に、以前は絶対的な能力を誇ったキリシマにすれば無念この上ないですよね。 

イオナ『―――そう。なら手伝う』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 1

 イオナさんマジ伊四〇〇型潜水艦

■「よし、思い切りやれ!」
 窮地を救ったのは霧ではなく、まさかのイオナ、そして彼女の艦長である群像であった。
 艦体からのバックアップを受けたイオナは軽々と日本軍を行動不能にし
 群像もまた、艦長としてその意思を尊重、政府と対峙する。

 我々は軍属ではない。その一言で政府の制止を振り切った群像、その真意とは?

 原作では「主人公艦」として苦戦する描写が多いイオナだけに、まさかのメンタルモデル無双に度肝。

『改めて、私と、いや私たちと、友達になってくれないか?』

イメージ 2

イメージ 24

 容赦なきイオナ無双をポカーンと眺めた後、二人は今度こそ友達になるのでした――――。
 わたしも!? と反応するキリクマさんが何だか可愛い。

 というかこんなキャラに甘んじていいのかそこの大戦艦。いいぞもっとやれ。
※ランクだけなら実はコンゴウ様と同格という。

イオナ『ハルナの声が聞こえたから。助けてって。だから、助けに来た』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 25

 キリシマさんの残念要員っぷりは異常。

■母港へ
 敵であるはずのハルナを助けた理由は、ごくごくシンプルなもの。
 キリシマは一応礼を言い、一行は連れ立って、イ401の母港である硫黄島に向かう事となる。
 しかし島には、変なイースターエッグに囚われたタカオの姿が―――
 次回を待て!

 さあ、次 回 か ら は 奴 が 出 るぞ !
 楽しみですな。

 今回もアニメ版として良改変で、風呂敷をうまく広げずに「イ401とハルナ一行合流」ルートに。
 全12話程度とみればいいテンポで進んでいます。
 しかしまさかのターミネーターイオナ
 デデンデンデデン。

オープニングにキリクマさん追加

イメージ 26

 キャー、キリクマさんカッコイイー。

■原作
 しかし腐れハゲっぽい上陰次官の考え方も一理ある、それはアニメでも良く解るのですが損な役回り。
 原作ではこの辺、日本政府の官僚や軍人の人達も精一杯なのです。
 できることを頑張っていて好感が持てるのです。

 展開はかなり違うので、そっちも面白いッスよ!
 まだ全8巻ですし!