GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クロスボーンガンダム ゴースト 5巻 感想[長谷川裕一]

ジャブロー降下! ザンスカール帝国とエリン一派の争いへ乱入する第5巻

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 特殊部隊「蛇の足」に巻き込まれたメカオタク少年、フォント・ボーを主役に据えたCBガンダム第4期!
 今巻もビックリドッキリメカが冴え渡る!

■三手の戦い
 UC00150年代、細菌兵器を巡る戦いは遂に地球へ!
 主役機ファントム、再び蘇ったクロスボーンガンダム、そして寝返った「デスフィズ」の三手に別れ
 それぞれが熱戦を繰り広げます。

 相変わらず「ああ、なるほど」となるビックリメカ群や
 戦いに勝機を見出しながらも、最後の最後に思い浮かんだのが「相手のこと」だったりする辺り
 相変わらず長谷川さんらしくて面白いですよね。

 ニュータイプへの視点といい頷かされる面が多く、バトル中心ながら思考的にも読み応えあり。

『―――目の前の兵士にも、好きな人がいただろうか』

イメージ 4

 UC0153年、ザンスカール帝国戦役の真っ只中、細菌兵器を巡る木星軍特務部隊の戦いは続く。
 暗号を解析した彼らは、元ジャブロー基地へと降下。
 放棄から半世紀を過ぎた廃墟へと迫る。

 が、そこにはエリン側についた「サーカスの欠番機」が待ち構え、ザンスカールと交戦中であった。

 三手に分かれた「蛇の足」はそれぞれの相手を撃破しエリンへと迫るものの
 細菌兵器を持つエリンは、既に帝国のキゾ中将と対峙していた。

収録

イメージ 5

 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト<MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM GHOST>、5巻。
 長谷川裕一著、角川コミックス・エース、ガンダムエース連載作品。
 2011年連載開始。2013年10月発売。

 プロローグ
 第19話 ジャブローの雷鳴
 第20話 密林に野獣
 第21話 足のある人魚
 第22話 螺旋の追撃者
 第23話 集結の前に―――
 巻末 メカ解説「サーカスの欠番、地球侵攻用三機」

 今回登場したサーカスは、2012年「MSコンテスト」の入賞作だったそうな。
 設定上は、地球侵攻用にしか使えない為、木星軍としては開発認可が出せなかったというもの。
 どれも凝った設定が面白いですね。