GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! 2巻[島本和彦]

ゴッドガンダム絶好調! 優勝候補も暗殺者も蹴散らす決勝第2巻

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 最新作「ビルドファイターズ」第4話でも(一部で)話題を掻っ攫ったMF マンダラガンダムとの熱戦回!
 ある意味ヒジョーに印象深いゼウスガンダムとのバトルも収録され
 ドモンは全勝宣言を貫き通す!

 Gガンの今川節と、島本節のコラボレーションが今巻も炸裂し
 なにがなんだかわからんがとにかく面白い!

 マンダラガンダムは決して外見だけではない!
 それを改めて確認させてくれる一冊。敗北したとはいえ熱い一本筋が見える良い戦いであった。

キラル『ククク……私はね、ガンダムファイトなど大ッ嫌いなんだよ!』

イメージ 4

 いやもう、改めて第4話のマンダラガンダムはわざとだよなァBFのスタッフさんよォ!

■総当り戦開始!
 全勝宣言を掲げて参加したドモンは、優勝候補ゼウスガンダムを一蹴!
 続くコブラガンダムも退け順調に勝ち星をあげて行く。

 しかし次なる敵、ネオネパールのマンダラガンダムもまた全戦全勝の強豪!

 なのに全く印象にないことから不審に思ったドモン達は
 彼が『全て不戦勝の全戦全勝』という、あからさまに不審な戦歴の持ち主である事を知り
 と、同時にそのキラル当人に命を狙われる。

■暗殺者キラル
 対戦相手を暗殺して勝ち星をあげてきたキラルに対し、ドモンは苦戦の末にまず生身でこれを退け
 その手の内を見切った彼は、ガンダムファイトにおいては彼を一蹴。
 流派東方不敗の恐ろしさを知らしめるのであった。

収録

イメージ 5

 角川コミックスエース「超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン!」_2巻。通算17巻目。
 脚本:今川泰宏、漫画:島本和彦 &宮北和明とビッグバンプロジェクト。
 月刊ガンダムエース連載。2010年連載開始。
 2013年10月発売。

■収録
 Round34「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round35「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round36「ネオホンコン決勝リーグ編」

 巻頭、ガンダムマックスリボルバー、ラフ画公開!!

■戦歴
 ドモンvs ゼウスガンダム(ネオギリシャ、マーキロット機)
 チボデーvs ゼブラガンダム(ネオケニア代表)
 ドモンvs コブラガンダム(ネオインド、チャンドラシジーマ機)
 シュバツルvs バイキングガンダム(ネオノルウェー代表)
 ドモンvs マンダラガンダム(ネオネパール、キラル・メキレル機) 

 ルーレットガンダム(運営委員会)
 マンモスガンダム(キラルの過去への回想)