GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム 名も無き戦場 1巻 [近藤 和久]

激闘の一年戦争、そのモビルスーツ戦闘を描く短編集。相変わらずの近藤節

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 表紙に陸ガンとアプサラスが映っていますが、パイロットには言及されません。
 ひたすら「名も無いパイロット達」が戦い抜く短編集。

 相変わらず、他作品との整合性というコトでは微妙な面もありますが
 いかにも戦争をやっている、という一種の投げやりさ
 前向きさが垣間見えるシーンも上手い。

 無帰還となった兵に通信を呼びかけ続けるラストシーンなども、いかにも戦争って感じですよね。

 名も無いパイロット達の戦いを次々と展開する短編集で、好き嫌いが分かれやすそうですが
 こう、模型が作りたくなるような、想像力を刺激される作風です。

『ジオンめ、またぞろ攻めて来たか。今度は前とは勝手が違うぞ』

イメージ 4

 かつてゴッグなど水中部隊襲来で被害を受けたベルファスト。その「リターンマッチ」が描かれた。

 連邦の水中部隊というと「役立たず」と評されることが多いですが
 水中戦闘のノウハウの総和は連邦が上のはずですし
 航空部隊、他兵科との連携も実績あり。

 これまで築き上げてきた『水中戦闘のノウハウ』をモビルスーツに転用、連携する姿は良かった!

収録

イメージ 5

 ヅダが量産され実戦投入。形状がザク寄りになり、簡略化されているのが「らしい」ですよね。

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム 名も無き戦場、1巻」。
 著者、近藤和久、月刊ガンダムエース連載。
 2013年10月発売。

■収録
 アプサラス
 GO AHEAD
 PICK UP
 ベルファストTAKEⅡ
 EXAMシステム
 狙撃
 ダイブ