GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話「ラブリー・スタイル」

本筋そっちのけのコメディ回! シリアスが5分と持たない第5話

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 26

※画像右下隅クリックで拡大。

 予告から感じられたシリアス面はラスト3分のみ!
 そんな男らしい構成で、ひたすらヒロインsが奮起しまくるラブコメディなトラブル回。

■本筋……
 一応、会長が真剣な声音で何か言っていましたが、それがあのマドカさんなのでしょうか。
 しかし一夏さん、美味しい目にあってるのは間違いないものの
 日常が修羅場過ぎる。

 ラスト3分に滑り込んだシリアスで『一夏さん重傷?』を匂わせつつ次回に続く!

織斑マドカ『私はお前だ。私が私たる為に――お前の命をもらう!』

イメージ 4

 姉そっくりの容姿を持つ少女は、謎めいた返答を一夏に返す。

■サービス対決
 ある日、何故か『織斑一夏にサービス対決』と銘打った会場に招かれた一夏は
 いつもの五人の『サービス』を受ける。

 飛び交うサービス、乱入する会長、オチ要員の千冬姉と
 カオスな対決を終えた一夏は、これが彼の誕生日を祝ってくれた皆の気遣いだと知り
 深い感謝と、いつもの唐変木な回答で袋叩きにあうのだった。

 やがて帰途についた一夏の前に、ファントムタスクの『織斑マドカ』が現れ
 謎めいた言葉と共に、彼に凶弾を放つ。

 次回、第6話「乙女の矜持<ザ・シークレット・ベース>」

一夏『な、何なんだ……!?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 そりゃこっちの台詞です(視聴者)。

■拉致
 山田先生に呼び出されたとも思ったら、拉致・拘束されてこのザマだよ!
 先生曰く、一夏くんを一番楽しませたものが勝ちです♪ ……ってよく解らんがよく解ったような。

トップバッター、篠ノ之箒(声:日笠陽子)

イメージ 9

 勝手に開くフスマは日本古来の伝統です。

■「あんまりじろじろ見るな…」
 慣れない様子が可愛らしい箒さん。しかし改めて凄い名前である。
 もてなしでお茶を振舞ったりするのですが、お互い純情すぎてみてる方が恥ずかしくなるのが微笑ましい。

 ものすごい格好してるのはまあそれはそれとして。

次峰、セシリア・オルコット(声:ゆかな)

イメージ 10

 それにしてもこのご令嬢、ノリノリである

■「まだ秘密ですわ♪」
 お約束の時間切れから、続いてはセシリア・オルコッ党さん。
 バニースタイルでビリヤードを教授しますが、女性のビリヤード姿とは色気があるもので。

 更にお約束の『手取り足取り教える』スタイル押したり、もうノリノリである
 まったく一夏さんはこれだからもう!

シャル『うわわわ!? 照明つくのまだ早いよぉぉぉ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 施設上、搬入路としてこういうのがあってもおかしくは……って、いや、やっぱりおかしい。

■「クッキー焼いてきたんだ♪」
 続くシャルさんは、家庭的に手作りクッキー。やだ可愛い。
 と思ったら、目をつぶらせて口移し作戦を実行。やだこの子ってばシンデレラに続きまた奇襲だわ!!

 しかしノリノリすぎて強制終了。策士策に溺れる。
 でもセシリアさんのアレはオッケーで、シャルさんの胸でアレがアレというのはどうなのよ。

ラウラ『フン、黒兎隊の本領発揮という訳だ!』

イメージ 14

イメージ 15

 今期視聴開始の私でも「それ違う!」って断言できるラウラさん可愛い。

■「なんと豪華景品付きだ!」
 ラウラさんはダーツ&アタリクジの合わせ技。
 しかし、当の一夏さんに出た景品が『ラウラさんの着古した水着』という自爆技。

 なんで山田先生はそんなもの混ぜたんだ!(予算の都合です)。

乱入、楯無会長…………?

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 修羅場の形成力に定評のある楯無会長、今週はネコのコスチュームで登場。しかしよく着れましたな。

■「にゃあ♪」
 続いては鈴音さんのハズでしたが、楯無会長の乱入でどっちらけに。
 その最中、会長は『もう一人、大人しい子だけど、あなたにお願いしたい』とどこか真剣な声音で告げます
 さて、その真意とは?

 そういえば会長、一夏さんの護衛任務は解除されたのでしょうか?

そして大将、織斑千冬……?

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 という訳でコスプレ祭り回でお送りしました。
 本筋どこいった!

■感謝
 最後には織斑先生も登場し、このバカ騒ぎ、実はバースディパーティーだったのだと明かされるのでした。
 姉、織斑千冬先生と一緒の誕生日なんて久しぶりだと一夏さんは笑い
 サービス大会一位は千冬姉さんだと感謝します。

 まあ、そんな空気を読まない発言でヒロインsにボコられるまでは規定路線として。

 やがて帰路についた彼の前に、それこそ数年前の姉を思わせる容姿の少女『織斑マドカ』が現れ
 自分はお前だ、と謎めいた言葉と共に凶弾を放ち
 次回に続く―――。

■次回?
 護衛としてあの生徒会長が出てくるのか、それとも自力でなんとかするのか?
 いずれにせよ、どうも次回は彼の弔い合戦でもやるつもりなのか
 各々武器を持ち出している模様。
※死んでない死んでない。

 姉ではなく、一夏さんの女性版、その速成クローンってところなのでしょうか?
 それなら千冬さんの写真を大切そうに持っていたのも
 なんとなく察せられますが。

 次回、第6話「乙女の矜持<ザ・シークレット・ベース>」

隔週変化エンディング

イメージ 25

イメージ 1

 きっちり服装まで今回仕様なのがアホらしい(褒め言葉)。

 予告と言う名のフリートークはシャルさん。
 どこの新婚だ!