GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

革命機ヴァルヴレイヴ 流星の乙女 1巻 [大堀ユタカ&永井真吾]

ヴァルヴレイヴを『流木野サキ』視点から、彼女の過去と共に描く物語

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大

 ハルトを騙してヴァルヴレイヴと契約し、有名になりたい一心で戦う姿で注目を集めたヒロイン
 サキさんの視点から本編を描くアニメ補完作品。
 単体では成立しません。

 当初のエキセントリックさと、その後の『不幸』で知られる彼女ですが
 視点を回すとホントに良い子だなと思えるスピンオフ。
 幸せになってほしいものですが。

 ……と改めて思わせられる、サキさんの独白と過去から描くスピンオフ。
 漫画の絵としては、良くも悪くも角川系。

 内容的にも『後付け』が嫌いな方には向かない、本編補完のスピンオフです。

放映時に憶測を呼んだ『嘘』の真相も描く

イメージ 3

 サキさんが契約する第6話「サキ・カムバック」を皮切りに、ハルトが結婚を申し込む第11話まで。
 メガネのアイナ嬢も登場。

■アイドル時代
 サキは、かつて上り調子のアイドルだった。
 ろくでもない両親に育てられ、彼らから逃れるためにも必死で『上へ』と奮起し続けたが
 我知らず『VVV適性』を認められ、アイドルを引退させられる。

 元アイドルとして好奇の目に晒され、アイドルに返り咲こうと虚しくもがいていた彼女は
 ヴァルヴレイヴ、そしてハルトと出会い、変化してゆく。

収録

イメージ 4

 電撃コミックスNEXT「革命機ヴァルヴレイヴ 流星の乙女、1巻」。
 脚本:永井真吾、漫画:大堀ユタカ。月刊コミック電撃大王連載作品、アスキー・メディアワークス
 2013年10月発売

 サブタイトルなし、1~4話を収録。
 モノクロですがアニメのキャラクター設定画の一部や一言解説、本作用の設定画も一部掲載。