GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ダンボール戦機ウォーズ 第29話「復活 バイオレットデビル」

カゲト爆発しろと思ったらキョウジが爆発した第29話。復活のムラクが冴え渡る!

イメージ 14

イメージ 7

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 トラウマを完全克服したハルキの男気と、新機体を得た「学園最強」ムラクの復活劇が冴え渡った第29話!
 サブ的なキャラ、カゲトがとつとつと過去を語るのも良かったですね。
 でもリア充は爆発すべきだと思います!

■キヨカさん、喋る
 また、存在感こそあれ、あまり喋らなかったキヨカさんのメイン回でもあるという濃縮っぷり。
 カゲトの技術を前から高く評価していた、という彼女の視点もぐっときますね。
 あれほどの高性能機ですから、そういう人がいるのも当然ですし。

 あと回想シーンの彼女も可愛かったですね。

美都『パラサイトキーの存在が敵に……これからどう守ればいいのか…』

イメージ 4

 前々から語られていた『電磁ネットの機能強化』により、遂にリクヤ機の正体が露見する。

■逆襲のムラク
 ロシウス縮小に伴い、運営判断により、ムラク小隊はジェノックへの加入を命じられた。
 仇敵の加入に動揺が走るも、ハルキの決断で歓迎ムードに一転。
 ジェノックは晴れやかに彼らを迎える。

 元ロシウス、メカニックのカゲトだけは反発したものの、第4小隊のキヨカと意気投合し新鋭機開発に没頭。

 ムラクの新鋭機マグナオルタスを完成させ、エゼルダーム占領下となったローズシティに侵攻するも
 そこが手空きと言う情報は罠であり、待ち受けていた彼らの主力部隊と交戦。
 なんとか切り抜けるも、大きなリスクを負ってしまう。

 遂に『リクヤ機に最後のパラサイトキーが宿っている』という事実がバンデットに露見する。

 次回、第30話「セレディの正体」。
バンダイチャンネルでの無料ネット配信はこちら。水曜放送後、木曜日12時ごろより配信開始。

かつてムラクに苦汁を舐めさせられた男、学級委員長ハルキの決断

イメージ 5

イメージ 6

 正々堂々の戦いの末の敗北、恨みはない。まだ中学生とは思えぬ潔さが光ったハルキ。

■歓迎
 かつての仇敵の配属に、ジェノックは不穏な空気に包まれる
 が、最も恨んでいるはずのハルキが率先して迎えた事で、クラスは歓迎に沸いた。

 あそこは高校生まで含む陣営ですから『年齢的に上』から優先となり、下の方から転属させられた格好か。
 多分、ロシウスの顔が怖い先生は泣いてますねコレは。

ミハエル『僕たちの為にシルバークレジットを……?』

イメージ 2

イメージ 8

 ああ、絶対「これ誰?」「綾部さん」ネタをやったんだな。とよく解るミハエルさんの表情がなんか可愛い。

■熱烈歓迎
 その夜、ジェノック一同はムラクたちを歓迎。限られたSCを費やして歓迎会を執り行った。
 軽く呆れるも、その熱意にほだされるムラク一行。

 アラタも、以前語った『セカンドワールドを守る』という言葉の真意
 世界の行方を巡るパラサイトキーの存在を語り
 ムラクと和解します。

 ムラクの目的である『セカンドワールドの是正』も、まずは守らなければ達成できませんものね。

カゲト『俺の作ったLBXに勝ったからっていい気になりやがって……!』

イメージ 9

イメージ 10

 また、多大な犠牲を払ってきたリクヤも、ムラクを素直に受け入れらなかった模様。

■衝突
 しかし元ロシウスのメカニック、カゲトは反発。
 こんな部屋に居られるか! とばかりに一人立ち去ってしまいます。

カゲト『俺がもっと強い機体を作っていれば、ロシウスもムラクさんも―――!』

イメージ 11

 さっき酷い事を言ったのは、責任感の強さの裏返し。しょいこみすぎなカゲトさんが良い子すぎる。

■共同開発
 悔いたまま壁に突き当たるカゲトに、キヨカが声をかける。
 彼は当然反発したが、自分の技術を見抜いた彼女の言葉に心を動かされ、共同開発に踏み切った。

 あの敗戦は、カゲトやムラクが悪い訳ではない。
 かといってアラタが強い訳でもない、が、アラタは戦いの中で自分の限界を越える強さがある。

 だから、今度はそれが出来る機体をムラクの為に作ってやればいい、と。

はじめてのきょうどうかいはつ

イメージ 15

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 1

 二人でコツコツと作業を進めながら、暇に任せ、とつとつと互いの「原点」を語り合う。
 空気を呼んだサクヤさんの紳士っぷりも光ってた!

■原点
 キヨカの原点は、旧作キャラである「お兄ちゃん」に憧れたからと言うシンプルで心温まるもの。
 カゲトの原点は「好きになった女の子と、仲良くなりたかったから」。
 むずがゆいなあもう!

 けれど結局その子は引っ越してしまった、というくだりもこれまた甘酸っぱい。青春してるぜ!

カゲト『少し扱いづらいッスが、ムラクさんなら使いこなせるッス!』

イメージ 27

イメージ 16

 披露の際、まっさきに駆けつけたアラタとバネッサの似たもの同士っぷりがなんだか微笑ましい。

LBXマグナオルタス
 ガウンタ・イゼルファーの機動性を根本的に発展させた、新技術搭載の高機動型ナイトフレーム。
 その動きは『分身』すら見せるほどで、怪物的な加速性能を誇る。

 ただし技術的に未成熟であり、操縦時に『動き出し』が一瞬遅れる弱点を持ち、扱いが難しい。

ゼルダームの拠点『ジーク・ギガンテス』攻略任務

イメージ 17

 前回陥落したロシウス拠点『ローズシティ』が改装された姿。敵の主力部隊は留守と思われていた。

■罠
 情報通り手薄なエゼルダーム拠点に侵攻するジェノック。
 参加部隊は、アラタ達第一、リクヤの第三、そしてムラクの第六小隊での強襲攻撃作戦。

 最強布陣にリクヤ小隊を加えて彼の安全を図る、という選択にも思えますが、これが裏目に。

 拠点には解析用の電磁ネットが仕掛けられ、リクヤ機の正体が発覚。
 更に、彼らの主力部隊が丸々居残っていたのです。

ラク『カゲト、お前を信じるぞ―――必殺ファンクション! カタストロフィ・D!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 26

イメージ 24

 前回ベリアルエッジを奪い、完全に主武装にしてるシャーロット機から目が離せない。

■脱出劇
 バンデット主力中の主力である五機と交戦に入り、学級委員長ハルキは撤退を即断。
 しかしバンデットはズバ抜けた性能を持ち、隙を見せません。

 特にグルゼオンと組み打ちに入ったムラクは押されますが
 マグナオルタスの性能を掴んだムラクの反撃により、グルゼオンは行動不能寸前に。

 他のバンデットがそのフォローに入った隙を突き、ハルキが要塞の扉を打ち壊して全機が脱出。
 窮地を救われたリクヤもムラクの事を認め、前線部隊は一件落着したものの
 リクヤ機の正体発覚の事実が美都先生を追い詰めるのでした。

■次回……?
 リクヤ機の正体がバレた事が波及したのか、学園長、更に「運営」の一人である総理も驚愕?
 更にゲンドウ、カイトに事が及ぶらしき次回予告を流しつつ
 次回、セレディの正体が明かされる!

 次回、第30話「セレディの正体」。

次回、果たして『どの勢力』が動くのか?

イメージ 25

 えらい風雲急な次回予告が気になる一方、今回ラストは『そのままバンデット倒せよ!』という雰囲気も。
 ここ最近、新型機をお披露目する度にバンデットを吹っ飛ばしているので
 この戦力ならどうにかなりそうに見えるのが。

 どうせならこう絶望的な戦力をガーンと出さないと!!

 まあそんな細かい事も、世にも珍しいキヨカさんの笑顔で割とどうでも良くなった気もしますが
 どうでしょう。

■次回
 個人的には、ゲンドウの執事さんを介して『権力者側』が動くんじゃないかなと思っています。
 セレディとつながりが無い方が「らしい」と思いますが、どうでしょう。


 ダンボール戦機WARS_1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66583988.html