GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

宇宙戦艦ヤマト2199放映終了、感想まとめ

地球を救う為、宇宙の彼方イスカンダルへ。アレンジで蘇った昭和の名作

イメージ 1

イメージ 2

 無茶苦茶だ!? と思える戦法ばかり、でも他の手段があったかと言うと頭を抱えたくなる沖田殺法!!

 銀河の大帝国『ガミラス』の侵略を受け、壊滅した地球を再生すべく旅立ったヤマトの宇宙冒険譚。
 救いの星イスカンダルに向かう彼らの前に、ガミラス艦隊が立ちはだかる。

■不朽の名作
 高いハードルに対し、劇場公開+映像ディスク販売をTV放映に先駆ける形で予算を確保し
 高いクオリティで『リメイク』として作り上げたアニメ作品。

 原作の矛盾点を整理し、独自の展開も加えてリメイクする再構成の手法には一部賛否両論あるものの
 SFバトルアニメとして素晴らしく楽しめたという点では間違いなし!
 2クールに渡り、本当に面白かったです。

 書かれ足りなかった、と感じた部分で『2クールに対し、内容を詰め込みすぎた』とも感じますが
 それだけ多くの展開を詰め込むことで、視聴者を飽きさせないようにと
 熱意を込められていたのも確かではないでしょうか。

復讐ではなく、地球を救う為の航海

イメージ 3

 総統がやりたかったことが『本星にしがみつく連中を潰し、宇宙帝国として一皮剥ける為』であるなら
 文字通り逆シャアのオマージュでもあるんですよね。

 本作では、この航海が『対ガミラス戦争ではない』という点が強調されたり 
 ガミラス人を描き、彼らも人間だと描きあげることで
 戦争の無益さが強調されました。

■恋愛劇
 その辺のシナリオでデスラー総統、ゲーリック総監辺りは割を食ったなあ、と思ったのは確か。
 特に総統は、『スターシャ女王と古代守の関係』が元々原作に存在した事から
 本当に割を食ってしまったように思えます。

 古代君と森船務長の恋愛劇といい、私は『恋愛』に関してはちょっとイマイチに感じました。

これまでの感想、リンク一覧

イメージ 4

 ガミラスサイドをしっかり描いたことで『彼らの戦力が一時的に払底した理由』もよく解りましたし
 あの帝都に遂にヤマトが! と興奮させられたのは良かったですよね。

 また来年、ヤマト2199新作映画が発表との事。
 少なくとも『総集編+新規カット』ではないことは確定ですし、楽しみですね。

■各話感想
 サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています。

 第1話「イスカンダルの使者」
 第2話「我が赴くは星の海原」
 第3話「木星圏脱出」
 第4話「氷原の墓標」
 第5話「死角なき罠」
 第6話「冥王の落日」