GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

げんしけん二代目放映終了、感想まとめ

『オタクとしての大学デビュー』アニメ。原作重視っぷりが素晴らしかった!

イメージ 1

イメージ 2

 堂々とオタクネタをやれるのもこの作品ならでは!

 BL好きなあまり、大学入学を機に『女装して腐女子に混じる事』を決意した青年 波戸くんを主軸に
 オタクが集う大学サークル「現代視覚文化研究会」を描く物語。

■原作再現
 原作は『一旦完結後、再開した漫画』。
 当方既読済み。

 個々人の評価の差は承知ですが、『原作の雰囲気をそのままアニメにした』事では随一でした!
 原作ありアニメは、こちらのスタッフにお願いしたいと思ったくらい。

 事実上の『続き物』なので、新規視聴者には辛いかもしれない
 昔と声優を変えてあり、旧作ファンにも反発がある。
 という難しい道を辿った作品。

 でも、私にとっては前述の通り素晴らしい『アニメ化』具合だったと思います。
 原作付きで『そのシーンに力を入れるの!?』『あのシーンを削っちゃうのか』と少なからず思いますが
 本作にはそんな印象がほとんどありませんでしたから。

主役級が『女装キャラ』で『BL好き』

イメージ 3

 両性から嫌われそうな要素を感じさせるキャラ、波戸君。ある意味凄い。

■主役は…
 本作の主役は斑目だった、という意見には異論は少ないと思います。ネタ的な意味も含めて。
 今作で『げんしけん初代の本当の完結をやりたかったんじゃないかな』
 なんて思った人も多いはず。

 そんな斑目さんですが、やはり出番の早さから言えば波戸君の方が主役的なポジション。
 その波戸君が、まあアレでソレなキャラだった訳ですから
 間違いなく本作は視聴者を選んだろうなあ、と。

 私も反発はありましたし、今は間違いなく好きです。ひたむきで一生懸命なところが特に。
 言葉の節々から、時折ものすごいオタクっぽさが感じられましたし。

これまでの感想、リンク一覧

イメージ 4

イメージ 5

 いい話だったなあ、という意味で一番だったのは、やはり斑目玉砕の第11話「いい最終回だった」。
 とにかく楽しかった! という意味では第6話「因果地平の彼方でモエを叫ぶ」。
 そんで最終話はシリアスとコメディ両方良かった!

 先代陣に加え、この『二代目』からの新キャラ、矢島&吉武の一年コンビも見飽きませんでしたし
 ストックがたまったら『二代目の二期』も是非見たいですよね。

■各話感想
 サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています。



■主題歌
 オープニング「げんし、女子は、たいようだった。」、上坂すみれ(吉武莉華)
 エンディングテーマ「アオくユレている」、荻上千佳、吉武莉華、矢島美怜、波戸賢二朗(女装版)