GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムUC 虹にのれなかった男 [福井晴敏&葛木ヒヨン]

  逆シャアとUCの間を描くブライトの独白劇。UC原作の福井氏が描き上げる

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 シャアの反乱からしばらく『アクシズ阻止作戦成功の立役者』として招かれたブライトは
 連邦政府重鎮らに、極秘に詰問を受ける事となる―――。

 

宗教戦争への危惧
 ガンダムUCの福井氏がシナリオを担当。
 その点についても賛否はありますが、逆シャアからガンダムUC、そして閃光のハサウェイへ、と匂わせる
 ミッシングリンクは、かなりしっくりくる話でした。

 

 ブライトが詰問される訳も、それを行う連邦政府の考えも、決着も。
 そして、その過程で回想される『初代、Z、ZZ、逆シャアの時にブライトが何を思っていたか』。
 どれもしっくりくる内容でさすがの一言。
 面白かったです。

 

 基本は詰問と回想で進むため、派手なバトルなどはありません。
 その為、そういう展開を望む線には向きません。

 

 しかし、繰り返しますが『間を繋ぐ物語』として、興味深く面白かったです。タイトルもなるほど、と。

 

ニュータイプ
 劇中、ブライトがニュータイプに感応するシーンについては賛否があるかもしれません。
 でもこうしたものもまた、ガンダムなのではないでしょうか。

 

 また『福井氏がブライトを語るのはどうか?』については、ガンダムUCと銘打っていますからという事で。

  収録

イメージ 5

 ちなみにZの結末はTV版に準拠して描かれています。

 

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男」。
 シナリオ;福井敏晴、漫画:葛木ヒヨン、月刊ニュータイプエース連載。角川書店発行。
 2013年9月発売

 

 第1話「白虹」
 第2話「霧虹」
 第3話「暗帯」
 第4話「月虹」
 第5話「反射虹」
 第6話「赤虹」
 第7話「主虹」

 

 カバー下はシンプルな作りで、コメントや巻末などオマケ類も一切なし。
 作画は、ガンダムデルタカイを描く『アクロス・ザ・スカイ』と同じ葛木先生が担当されています。

 

 ただ、雰囲気が妙にArk Performance氏に似せてあったのは気になりました。
※現在はジョニー・ライデンの帰還を執筆中の漫画家さん。