GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Zガンダム外伝 AOZ 刻に抗いし者 1巻 [漫画版]

デラーズ紛争から2年。グリプス戦役を前に、少年はティターンズに狙われる――

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 9

※画像右下隅クリックで拡大。

 UC0085年、民衆を非道な手段で鎮圧した作戦『30バンチ事件』のデータを受け取ってしまった少年は
 連邦軍の特務部隊『ティターンズ』に追われる事となる。

 UC0087を皮切りとするZガンダムの外伝。
 模型連動小説として連載され完結した、ADVANCE OF Ζ(AOZ)の第二弾『刻に抗いし者』の漫画版。
 作画は同人誌などで活躍されていた方ですね。

 初期主人公機がジムの出来損ない、後々ティターンズ視点と二軸になるという特徴がありますが
 物語としては割とオーソドックスな作品です。

 前作『ティターンズの旗の下に』とは基本的につながりはなく、原作者も異なります。

■え……?
 原作作品は完結まで既読。
 それだけにどうコミック化されるか気になってましたが、とりあえず絵柄の違いが凄い(後述)。
 基本的にシリアスな作品ですが、漫画だと柔らかく感じられますね。

 モビルスーツ作画については、HGUCを作画資料に使われたらしいとハッキリ感じられます。
 正直、迫力はイマイチ。ですが機体形状がしっかり判る作画ですから
 作品オリジナル機の出番が楽しみ。

 前作『AOZ ティターンズの旗の下に』の漫画版はかなりオリジナルな感じでしたが
 今作ではどうなるでしょう。

収録

イメージ 5

 ダニカさんってば人付き合いが苦手じゃなったっけか。
 と思ったものの、そういや原作でもよくヴァンをからかってましたな。

 電撃コミックスNEXT「機動戦士Zガンダム外伝 AOZ 刻に抗いし者、1巻」
 原作:神野淳一、漫画:暁葉悠、月刊コミック電撃大王連載。
 2013年9月発売

 一年戦争を舞台にした『Episode00』。
 物語の本筋となる、0085年代の『Episode01~07』まで収録。サブタイトルが無いのが残念。
 著者、原作者コメント無し。

 原作1巻の3/4に相当。なお原作は全部で8巻あります。

 合間合間には『デラーズ紛争』など関連事件の解説、キャラクター、機体設定画が簡単に掲載。
 特にキャラは、原作小説版があるものは併記して掲載。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8