GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

サーバント×サービス 最終話「これで良し 明日につなぐ 楽しい職場」

全員集合!! 楽しく賑やかにキリもよく、いい最終回でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 ああ、楽しかった!

 まさかの長谷部オチ回避。
 アニメオリジナル展開によって、原作最新刊の先まで先取りし、読後感爽やかなドタバタエンド!
 もう末永く爆発すればいいんじゃないですかね!?

 長谷部とルーシーの決着でまとめるかと思いきや、主要キャラオールスターで賑やかさ極まる展開に。
 課長親子も塔子さまも大活躍した挙句に田中がオチ要員とか堪りませんね!
 田中空気読め! 無理でしょうけどね!(褒め言葉)。

 ED代わりに、全キャラのドタバタな日常を流しつつBGM代わりにOPを流すハイテンションっぷり。
 そんな事実上のCパートを経て、最後の最後はリア充爆発オチ。

 主題を消化しつつ全キャラドタバタ。終了感すっきり、楽しさ満点、いい最終回でした。ホント。

最終話:これで良し 明日につなぐ 楽しい職場

イメージ 4

イメージ 5

 いきなりオリジナル展開で課長&塔子さま登場。やはり二人は大人気だな!!

 課長「さ、山神くんも一緒に行くよ!」
 塔子さま「どこにいくのよ!」

 流れがもはや完璧すぎる。なにあの子いつもどっかに潜んでるでしょうか。

■長谷部ざまぁ
 前回のおさらい「長谷部、父が元凶だと知る」からスタート。
 おかげで職員がすっぽり抜けた為、彼らを探す課長、見つかって怒られる課長。ルーシーを盾にする課長。
 まさかのいきなり課長祭り。

俺、子供の頃に熱を出したせいで、人の人生を狂わせてた… by長谷部

イメージ 6

イメージ 7

 しっかし、どんだけ娘の結婚相手に酒飲ませたのよ長谷部父。

■原因は長谷部?
 実は、長谷部の父がルーシーの変な出生届をテキトーに受理した、という話には続きがあった。
 その日、幼い長谷部は熱を出し、父は上の空で仕事をしていたのだ、と。

 まあ当然一番悪いのはルーシーの両親なんですが。
※落語『じゅげむじゅげむ』同様、あくまで娘思い故だと解っているので『公務員』に八つ当たりしたい。

 しかし、ルーシー戦闘型を思い出してほんわかしたり、嫌われるのがイヤだってダダこねたり
 長谷部のベタぼれっぷりが素敵すぎる。なによこの感覚。

三好『長谷部さん……完全に詰んでる……』

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 9

イメージ 10

 こういうスルーされっぷりでも課長は輝いてますよね! さっすが!

■千早、出動
 うしろめたさでルーシーとぎくしゃくする長谷部
 一方、ルーシーも、そんな長谷部の態度に『からかわれただけだったのかな』と落ち込む……
 ってこれ千早さんのせいだ!

 でも残念、実は逆、ガチ惚れすぎるだけなんですよ山神さん。
 とは誰も言い出せない訳で。

 でも長谷部はどうでもいい。
 と、彼にトドメをさす千早さんってばマジ女邪神。しかしルーシーが落ち込むのはほっとけない。

課長「あうッ!?」

イメージ 12

 そんなシリアスの中で山神アホ毛がクリティカルする課長。
 課長の癒し効果は無限大。

ヘタレに定評のある一宮先輩『長谷部、秘密は長くなると辛いぞ? 言って来い』

イメージ 13

イメージ 14

 一宮ァ! 後ろ後ろ!!

■身にしみて
 さんざん『この名前で酷い目にあってるんです!(でも変更したり出来ないくらい両親も好き)』という山神
 惚れすぎて、彼女に嫌われるのがイヤで、一歩踏み出せない長谷部。
 二人に助け舟を出すのが、似たような悩みを持つ一宮先輩。
 というのも、ある意味リアルですよねー。

 岡目八目、とはちょっと違いますが、身に染みて分かってるからお前は後悔するなよ、と。
 いい先輩です。うん。

『ルーシー!! …………あ、明日言う』

イメージ 15

 そしてこのオチである。

 勇気を出して『言いたいことがあるだけど!』まで踏み出す長谷部! しかし日和る長谷部!

■原作エンド?
 実は、原作ではここで一区切り。その後もひたすら言い出せずにひたすら引っ張ってます。
 その辺の展開も実に面白いんですが、アニメ的にはここで一区切り。
 すっきりしない終わり方ってのはイマイチですよね。 

 ってな訳でか、以降はアニメオリジナルへ!
※それとも、間をすっ飛ばし、原作4巻相当のシーンを直結したのでしょうか?

山神『…………大丈夫です。何かあるなら言ってください! 名前以外なら!』

長谷部『あああああ! ダメだ! 言えない!』

長谷部『ルーシーの名前を受理した公務員が俺の親父だったなんて言えない!』 

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 説明的な台詞ゥ!

■伝えた事
 日和ってしまった長谷部でしたが、ルーシー側が奮起。
 何かあるなら言って下さい! 自分は名前の事とかで言われ慣れてますから平気です!! と返す!
 やだわこの子、アホ毛なのに男前!!

 一瞬ピクピクした後、勢いにまかせてゲロッってしまう長谷部!
 力強く「あなたのせいじゃない」とルーシー!
 再びヘタって「でも!」と返す長谷部!

 ならいい、ルーシーと名付けられたのがあなたのせいでいい。
 でも、ルーシーと呼ばれるのが不快じゃなくなったのもあなたのせいなんだから、責任取ってください、と。

 これは惚れる。

 完全無欠のハッピーエンド。
 終わった! サーバント×サービス、完!

田中『長谷部! ここに居たのか!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 しかし安心の田中! 田中空気読め? 無理ですよ田中ですもの!
 更にじょしこうせい! 課長!

 ドタバタな日常に再び舞い戻るも、それを三好、一宮、千早さんが見事阻止!
 とはいえ、なんだか白けてしまった二人は一旦外に出るのですが
 やっぱりもう一度告白。

「俺と付き合って!」

「イヤです!」

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 ……今は。

■一刀両断?
 三度告白するも速攻で断られる長谷部。

 何せ当初の評価は『嫌い』。
 その後も『普通』にランクアップした程度だった訳で。
 それから色々あったとはいえ、基本は長谷部側の盛り上がりが中心だった訳で。

 付き合おうか! といわれてノリきれるキャラじゃないルーシー。そんなルーシー。
 けれど『今は』とか言っちゃうルーシー。

 距離感が縮んで、え、今何て言ったの!? と長谷部が突っ込むも……ってなところに再度の田中!
 事実上カップルっぽくなりつつも、ドタバタオチ。

 もどかしい方もいるでしょうけれど
 名前のトラウマで、恋愛沙汰には中学生レベルのルーシーと
 愛が高まりすぎたあまり、もはや恋愛レベルが高校生並みまで差し戻っちゃった長谷部。

 この二人ならでは、いいドタバタオチなんじゃないでしょうか。

『な ん か ♪ 困っちゃってんなら、ウェルカム♪』

イメージ 25

 千早『リアル充実野郎爆発しろ』。

■「めいあいへるぷゆー?」
 最後は全キャラ乱入し、オープニングテーマをBGMに日常話。
 後日談というほどでもないのが本作らしいですよね。

 そんなこんなで距離が縮まった二人へ、千早さんが暴言オチ。
 てなわけで、思ったより結構働いていた公務員アニメ、サーバント×サービス完!!!

 私の場合、長谷部への評価と、作品自体への評価が直結しているような本作。

 長谷部への評価が変わるにつれてどんどん面白くなっていく、そんなしり上がりな作品なんです。
 その視点からは、この上なく楽しいアニメでした。
 スタッフの皆様ありがとうございます!

 なおOP、及びEDテーマは、販売版DVD&ブルーレイ初回特典版とのセット販売のみとなっております。
 このオープニングも正直最初は「なにこれ」と思ってましたゴメンナサイ。
 でも、今はテンション良すぎて大好きです。

 ありがとうございました。

■原作的なお話
 原作最新刊の3巻収録、52~54話まで。
 途中、ちょこちょこと課長親子、塔子さまなどが出てくるパートや終盤はアニメオリジナル展開?
※4巻相当分は未読。

 ほぼ原作を使い切る=続編は当面難しいので、続編の余地を残しつつ綺麗にオチをつけた模様。
 いやあ、いい仕事でした。

■関連記事
 第10話「あとで良い ついでで良いは 大きな後悔」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66690241.html
 第9話「ありますか 心のゆとりと 積み重ね」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66670825.html
 第8話「危険の芽 田中の孫に 御用心」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66650513.html