GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムUC バンデシネ 9巻 [福井晴敏&大森倖三]

連邦首都『ダカール』強襲完結。原作ともOVAとも少し違う展開を辿る第9巻

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 OVAでは、トリントン襲撃と一まとめにされた『巨大モビルアーマーシャンブロ襲撃』。
 これを原作に近いルートでまとめつつ、やや異なる演出に。

 シャンブロの主要パイロットである女性『ロニ』もしっかり描かれ
 バナージが撃てなかった理由、リディが撃った理由、どちらにも共感できる良い演出が魅力。
 その点で、OVAに不満があった方にもお勧めできる一作です。
※前巻とセットだけで買うのもお勧め。

 名もなきモビルスーツ戦も『熟練パイロットの技量で圧倒!』ではなく
 汚くも実用的な手段が用いられ、バナージとジンネマン艦長のやりとりに更に共感できます。

 ドーベンウルフの派生機など、既存の宇宙世紀MSを元にした本作初出機で取り沙汰される本作ですが
 既に原作を読んでいても面白く思える展開で、素晴らしいと思います。

 こう言っては何ですが、初期より更に面白くなってきているんじゃないかと。

収録

イメージ 5

 新入り隊員の言葉にも「一理ある」と理解を示す隊長。こういうベテランはぐっときますよね。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムUC バンデシネ」9巻。
 原作:福井晴敏、漫画:大森倖三、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2013年9月発売。

■重力の井戸の底で
 Act6~9

■黒いユニコーン
 Act1

 総扉イラストは『トライスター』小隊。
 カバー下イラストは、表紙のユニコーンの上半身を拡大したもの。
 オマケページや著者コメントはなし。

 ニュータイプとして『幻覚』を見ることが出来、また、いくつかの経験を経たバナージ。
 箱の責任を双肩に負い、犠牲者を減らそうと戦い抜くリディ。

 二人の視点の違いから見える景色が違うのも納得できますし、そこが面白いですよね。