GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

続ハーメルンのバイオリン弾き 2巻[渡辺道明]

    『王』早くも襲来。続・最低勇者の物語、いきなりクライマックスへ…?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 コル・ネッドさん、それは本編に出れないフラグ…ていうかあなた昔は金髪でしたよね?
 ライエルさんは相変わらずなようで何より。
※画像右下隅クリックで拡大。

 

 最低の勇者、再び旅立つ!
 限界を迎えつつあった肉体を治さんと再び旅立ったハーメルを待っていたのは、悪夢の王。
 夢を操られ、過去が、願望が勇者達を苛む。

 

 そして、事態はいつしか世界規模の危機を迎えていた!

 

 って二巻にして人類が瀬戸際崖っぷちに!?
 思った以上に厄介な存在だった『妖精王バラライカ』といきなり直接対決!
 あっさり術中に落ちる勇者パーティーから、やがて視点は案内人の妖精ピロロの過去へと移ってゆく。

 

 緊迫する中でも容赦なくボケまくる勇者達に笑わされますが
 妖精王を放置すれば世界は滅亡、かといってここで退治してしまっては物語があっさり終了?

 

 とはいえ、どうも妖精王にも何か裏があるようですし、まだ二転三転しそうですね。
 そんな本筋に加え、旧作ファンはオマケでも十分楽しめます。
 なんでしょうかあのギータ様の扱いってば。

    収録

イメージ 4

イメージ 5

 オマケ漫画では、旧作の魔界軍王s、そして女性格闘家ファイフなどが登場。

 

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 2巻」。渡辺道明
 クラスターレーベルmichiaki.net連載作品。
 2013年9月初版。

 

 第5楽章「真夏の世の夢」
 第6楽章「夢で遭いましょう」
 第7楽章「奴は静かに入ってくる」
 第8楽章「奴の世界」

 

 総扉イラスト&目次ページ漫画
 各話幕間、カバー下までたっぷりオマケ漫画あり。巻末は作者氏のあとがき。

 

■ネット連載
 http://www.michiaki.net/ にて本作、旧シリーズを無料配信・連載中。
 現在、第1~7話まで無料配信。
 最新、準最新は有料。

    収録その2 第5楽章「真夏の世の夢」

イメージ 6

 オーボウよりもなお古く、その能力は冥法王ベースにも匹敵するという……。
 話だけを聞くと無茶苦茶強そうな経歴。

 

■「母さぁぁぁん!!」
 妖精王バラライカの能力が判明するも、別にそれって怖いの? というお話。
 いえいえ、ただのお饅頭ではありません。

    第6楽章「夢で遭いましょう」

イメージ 7

 本当は怖い妖精王。かといって眠り続けるだけならまあ……?

 

■「道案内してあげる。妖精の国グローリアへ」
 立ち寄った町は、全員が眠りこけていた。それは妖精王が動き出した証。
 眠りに落ちた者たちの末路を見せ付けられた一行に
 ピロロは行くべき道を示す。

 

 それは、初代シリーズでは『ケストラーの脅威』を表現する役割をこなしたグローリア大帝国。
 どうも深く関わってくる模様。

 

 妖精がメインキャラだった、第二シリーズ『シェルクンチク』の前日譚って事なんでしょうか?

    第7楽章「奴は静かに入ってくる」

イメージ 8

 謎めく妖精、ピロロの言動の理由が語られ始める。

 

■「ライエルは私が世話したいのだ…」
 夢を操られ、一層とんでもねえ夢を見始めるハーメル(精神的な意味で)。
 夢から目覚めなくなったライエルの世話に、いよいよ限界を迎え始めるサイザー(肉的的な意味で)。
 一行は妖精王対策に苦慮するものの、ぬるりと当人が現れる。

 

 ていうかサイザーさん、ホント苦労を背負い込む性分です。主に500kgあるピアノとか。

    第8楽章「奴の世界」

イメージ 9

 まさかの親子対決。

 

■もうグダグダである
 幹部を小出しにするかと思いきや、いきなり妖精王当人が襲来。
 その圧倒的な精神攻撃の前に、一行は苦境に陥る。

 

 傍から見てる分には面白いがな!

 

 ピロロが妖精達からつまはじきにされていた理由がまず判明。
 後は、彼女たちがバラライカに騙され、それが原因で妖精の里が滅んだのだとすれば話が合いますが
 果たしてそれだけなのか? そしてバラライカの容貌が変わってしまった理由は?

 

 また、バラライカは『ハーメルの傷を癒す』という予言もありますので
 まだまだ一筋縄ではいかぬ模様。