GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジム・キャノン サンダーボルト版 [宇宙世紀?]

連邦軍ムーア同胞団』艦隊、追加配備部隊の主力機種

イメージ 2

イメージ 1

 総攻撃を前にパイロットと共に多数配備され、火力を活かして敵部隊を駆逐した。コミックス2巻より。
 ガンキャノン、ジムと一見バックパックが似ているようで
 それでいて全く異なるのも特徴。

■志願兵部隊の主力機
 曲がりなりにも『まともな兵隊』で構成されていたムーア同胞団では、当初ジムを主力機種としていたが
 その多数を失った彼らに、速成志願兵と共に多数配備されたのが本機である。
 ガンキャノン、ボールと共に配備された。

 本来は支援砲撃機と思われるが、集団戦闘による弾幕によって迎撃部隊を駆逐していく戦いを見せる。

 高機動戦闘、白兵戦といった『細かい操縦』を必要とする従来機に対し
 より速成パイロット向きの機体という事なのかもしれない。

キット化の予定なし。ジムの売れ行き次第では?

イメージ 3

 こちらは一巻表紙のジム。FAガンダム共々、色が付くと『元ネタ』とさらに違う印象になる。

 サンダーボルト共通の仕様で、関節部やバックパックにカバーが施され、全身に推進器が追加。
 ジムと共通の装備を持ち、ガンキャノン由来と思しきキャノンを肩に装備。
 やはり、ジムの設備を流用した『量産型のガンキャノン』らしい。

 一見するとMSV時代と大差ないようで、大和田氏のリアリティが炸裂するリファイン機。
 足裏もギザギザで、地面に食い込むよう考えられているらしい。

■派生見込み
 おそらく、サンダーボルト版ジムのランナーは「部品切り替え次第でジムキャノンも出せる」よう
 考慮して開発されるのではないだろうか!
 といった感じに共通点が多い。

 ただし、最低でもバックパック丸ごと、頭部若干、脚部すねパーツ新造など、必要なプラの分量が多く
 プレミアムバンダイで出せる範疇か微妙、一般販売は売れるか不透明。
 HGサンダーボルトシリーズの売れ行き次第か?