GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ダンボール戦機ウォーズ 第22話「新たなる機体」

 バンダイチャンネルwebでは、第1-2話と最新話がネット上で無料・登録不要で視聴可能。

更なる真実、そして野獣先輩。二つのインパクトにも劣らぬ鮮烈な新型機回!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 26

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 正直、今回でグレイビースト先輩が退場なのかとドキドキしましたね。この手の立ち位置は怖い怖い。
 更に仮想戦争の更なる真実、ジン司令から託される新型機
 活躍するメカニック達と見所満載。

 いやホント、想像を超える勢いで格好いいですなドットブラスライザー!

 相変わらず動画の人頑張りすぎでしょう。
 単にCGだからってだけでなく、どう動かすかのイメージまでないと動画は作れない訳ですし
 動く分量が多い分、それを毎回考えているのはやっぱり凄いですよ。

 さて、オープニングとエンディングも更新され、いよいよクライマックスの雰囲気が漂ってきましたが
 まだまだ、大体1クール半くらい尺は残っているそうです。
 さあてどう着地するのか。

 やっぱり単なる『悪党』じゃなかったバンデット、その隊長キョウジにも覚醒の予兆が見えはじめましたが
 次回はそれに絡め、ヒカルと一緒にスポットが当たる模様。

 次週、第23話『狙われたヒカル』。

新オープニング『エターナル』。ムラクの新型はどう見ても…?

イメージ 4

イメージ 5

 乗り換えは正直残念と思いましたが、見ればコレは『ファントム』の系列機!? しかし?
 更に別カラーになったオーヴェインとバル・スパロスの姿も?
 アレ?

■歌はLittle Blue boX
 学園のちっせえルールになんか蹴っ飛ばして飛び出そうぜ!と歌い上げた前曲『無限マイセルフ』から
 いかにもロボットバトルな『エターナル』に更新。
 後半ですねえ。

美都『不気味ね。エゼルダーム』

イメージ 27

 動かぬエゼルダームに対し、美都先生がポツり。あ、バンデット事情は何も知らないんですねこの人。

 前回結成された『エゼルダーム』に注目が集まる冒頭ウォータイム。
 しかしエゼル=バンデット、完全に沈黙して動きません。

キョウジ『お前は何も解っていない。何もな?』

イメージ 6

イメージ 7

 バンデットの新たな動きは『ウォータイム以外の場』から。

■「仮想戦争」の更なる真実へ
 自らがバンデットである事は語らず、エゼルダームとしてアラタを勧誘に訪れるキョウジ。
 仮想戦争の更なる真実を口にするキョウジでしたが
 アラタは耳を貸さず、交渉決裂。

 友情と信頼を信条とするアラタ。それはそれで小気味良いですが気になる情報も。
 どうも、仮想戦争中も、現実で戦争は起きているらしいのです。
 前回のムラクの反応も頷ける一言。

 バンデットはそうした現状を打開し、完全な戦争根絶を図り、セカンドワールド制圧を企んでいる?
 この違和感、どう本編に繋がるのでしょう。

 口調からして、単に「仮想戦争に参加してない国が戦争している」って訳でもないみたいですし
 ヒカルいわく、ここ数年戦争の報道はないという台詞もありました。
 どう着地するのか、思わせぶりな一幕。

 やっぱり単なる悪党って訳じゃないようですねえ。というか、こうなるとムラクの動きも気になる。

そしてこのキャサリンである

イメージ 8

イメージ 9

 なお勧誘はラブレター型式で行いました……ってこんな可愛い子がいても全く動揺しないアラタ。
 世界がどうこうって状況なので彼も最近シリアスですな。

 シリアスとコメディがいい感じ。
 むしろキャサリン以下第四小隊キャピりすぎ。
 というか、ちゃんと付いてきてる辺り仙道さん(占いさん)もその辺は興味あるのか! 感心した!

『スカウト? 断った。俺は何処にも行かないって!』

イメージ 10

イメージ 11

 その台詞、むしろ移籍フラグになってるぞアラタ! ユノの後ろのハルキがいい感じですよね。
 この無言さがむしろ頼もしい。

■移籍
 クラス間の移籍はイレギュラーだそうですが、エゼルの例があるから不可能ではないのか。
 ともあれクラスは動揺しますが、アラタはこれを笑って一蹴。
 頼もしいなと思いつつ後ろの執事さんが気になって略。

灰色先輩『構造材?なにやら扉のように見えるな…』

イメージ 12

 さすがグレイビースト先輩。素敵な洞察力である。

■「ムラク、お前の分も守ってみせる」
 一方その頃、大国ロシウスも会議中であった……って灰色? グレイビースト先輩じゃないッスか!!
 熱い使命感や洞察力、僅かな出番なのにハンパないぜグレゴリィ先輩!

 しかしフラッグがないなら駐屯軍を置く必要も……まあ敵が陣を敷いても困るから当然でしょうか。

ブン太さんってば、おっとこまえ!!

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 新型LBX開発に掛かりきりになってしまう為、ラボを貸して欲しいと頼みこむサクヤ。
 快諾するブンタさんが輝いてるぜ! うーん学園物。

 傷付いた第一小隊の機体は、それぞれが第2、4、5小隊のメカマンの手に委ねられることに。
 …ってコウタさんが自然にハブられてたのは何故なんだサクヤ。
 ともあれ、各機体は第一小隊から一時離脱。

 ドットフェイサーは第四小隊、オーヴェインは第二小隊、バル・スパロスは第五小隊へ。
 オープングから見るに、後継機は全部新造品って事なのでしょうか?

×××××『こうして身構えているうちは、死神は来ない』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ヒマだとか口にすると襲われる法則。

 しかし今回は「パラサイトキー無視」とのことで、行動不能で済ませるバンデッツであった。
 やだわ、今日のバンちゃん優しい……。
 ってんな訳ないですね。

 しかしこの性能差、彼らは対ロシウスなら互角以上のハズですし、よほどバンデットが強すぎるのか。

■ラボ護衛任務
 ジェノックとハーネス、二つの拠点の内、天才メカマン・タケルが所属する側のラボが強襲を受ける。
 どこからか新型機開発情報を得た上で、タケルが製造すると踏んでの強襲か。
 やはり天才は格が違った。

 これを機に両国を壊滅させ、アラタの居場所もなくしてやれと猛威を振るうバンデットだったが
 途中から開発をジェノック側のラボが引き継ぎ、見事サクヤが完成させる。
 読み違いはサクヤを甘く見たことか!

 久々のDCオフェンサーを駆るハルキとヒカルが見られなかったのが残念。

キョウジ『こ、今回は予兆だけなんだからな!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 キョウジ、撤退間際にオーバーロードの予兆を示す。今後の伏線にとどめつつ次回に……
 って前にもこんな事あったなバンデット!

 ドットブラスライザーはライディングソーサで颯爽と駆けつけ
 単機でバンデット四機を押しとどめ、グルゼオンをも撃墜間際まで追い込み撤退させるのであった。
 いつかのガウンタ・イゼルファーを思い起こさせる初登場!

 やはり強いな!

 その由来、仮想戦争の真実、キョウジと灰色野獣先輩の行方、と様々な思いを抱えつつも
 今は新型機完成に乾杯して次回に続く!

 次回、第22話「狙われたヒカル」
 来週またもグルゼオン襲来。オーバーロードの実験台として狙われるのか?

ドットブラスライザー、完成!

イメージ 24

イメージ 25

 エンディングも第一小隊三人で歌う新曲に……ってサクヤさんは。
 まあメカニックですしね。

 来週は、キョウジさんが自身のオーバーロード覚醒を自覚し、ヒカルを相手に実戦訓練だ!!
 アラタの帰る場所なんざ無くしてやる!
 ってな回でしょうか?

■ドットブラスライザー
 ジンから託された謎の図面を、タケルとサクヤが丸一日かけて設計図に仕立て直して作り上げたLBX
 その経緯から見るに、かなり二人で解釈を付け加える余地があったらしい?

 本機は『謎の人物が設計』した機体であり、後継機で唯一マルチギミックサックを継続して持っている。
 LBX本体に対し、MGSは設計が難しいのかもしれない。

■予備機?
 タケル製造機は、最終段階、頭部製造中にラボが停止。
 ハーネスはゲームでのプレイヤー陣営なので、ゲームでは主役機として頭部違いが登場するのかも。

■関連記事
 第21話「覚醒 オーバーロードhttp://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66645494.html
 第20話「デスフォレストの戦い」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66626488.html
 第19話「この世界のために」http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66608501.html

 ダンボール戦機WARS_1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66583988.html

■外部リンク
 バンダイチャンネルダンボール戦機ウォーズ視聴ページ(登録不要)
 http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=3606