GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ドーベン・ウルフとインコム HGUC

説明書には特に記載ないものの、何気に「インコム」も再現

イメージ 1

イメージ 2

 頭だって飾りです! まだ出来ちゃおらんのですよ!

■何気に
 まだちまちま作ってますが、ちゃんと「有線準サイコミュ兵器」インコムも再現。
 インコム、基部、両方にリード線を通す穴もあります。
 こりゃいいや。こりゃいいぜ。

 中継装置「リレー・インコム」が再現されてない為か
 或いは、基本、この機体の有線兵器と言えば腕部ビーム・ハンドだからでしょうか。

 完全再現されるとすれば、インコムを代表装備とする「ガンダムMk-V」派生キット化の暁か?
 量産の暁にはあっ…と言いつつ喜んでくれるわ!

※繰り返し書いてますが、カカトがわざわざ「ランナーから除外できる仕様」になっていることから
 一応Mk-Vの派生キット化も考慮されているようです。

まだだ! まだ終わらんよ!

イメージ 3

イメージ 4

 下は組み立て中のインコム。ちゃんとリード線を通す穴があるのが解ります。
 砲口部の黒塗りはガンダムマーカー。

 一番上の写真でも使用していますが、有線ビームハンド用のスタンドがそのまま使えます。
 というかその為にこんなミョーな接続口なんでしょうね。
 多分。きっと。

 いやあしかし重要塞っぽくていいなあドーベン。
 サイコガンダムの魂が息づいておるわ。
※原型機のガンダムMk-Vは、サイコガンダムの一般兵仕様を目指した量産目的の試作機。

 シールが尋常じゃなく細かいのが結構手間をとりますが、おかげでスラスター部もちゃんと再現。
 ささ、残りをば組んでしまいましょうか。

 夜なべと母さん! この世にこれほど相性のいいものが あるだろうかッ!?