GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

袖付きガザD、という機体 [宇宙世紀]

パラオの防衛戦力を担っていた、第一次ネオジオンの生残機

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 下の画像はガンダムUC資料集『プリズマティックモビルズ part1』より。

 原作では第4巻『パラオ攻略戦』173ページ、OVAでは第3巻『ラプラスの亡霊』で同様のシーンに登場。
 対ジェガン戦も追加され『現用機との性能格差』も見せ付けられた。

パラオ防衛機
 同巻を元にドライセン(UC版)が、同巻の漫画版を元にドーベン・ウルフ(UC版)が発売されつつも
 原作の時点から描かれていたガザD(袖)は未だキット化に至らず。
ドライセンは原作には登場せず。

 こんなに要所はボリューミーながら、どこか昆虫を思わせるような細身さを持つモビルスーツなんですが
 なかなかどうして、上手く事は運ばないものですね。
 劇場ZでガザCはキット化されたんですが。

 キット化されるとしたら、やっぱり次巻登場と思われるガ・ゾウムの方が可能性が高いのですかねえ。

型式AMX-006。主力量産機の跡を継いだ「一線級」の量産機

 ご存知の通り、アクシズ初期の量産機ガザCの後継機。
 ガザCは元々は作業機だった為、性能的には低く、生産性と砲撃能力を取り柄に採用された機体でした。
 生産設備もアクシズの出来うる限り大規模に敷かれています。

 ガザDはその生産施設を受け継ぐ事でコストを下げつつ、当時一般的な量産機並みの追従性を獲得。
 総合的な性能向上により、ようやく「一個小隊でも戦力になる」水準になったとされ
 一定数が生産されています。

 特にエンドラの『ガザの嵐隊』と、彼らのガザストームフォーメーション戦法で有名。

■八年後「袖付き」
 当然ながらギラ・ズールなどの現行主力機には及ばず
 主力兵器「ジェネレータ直結大出力砲」のナックル・バスターですらジェガンの盾に弾かれる始末。
 しかし、可変によって大推力なモビルアーマー形態を取れたことから用途は広く
 主力機以上に重宝されていたそうな。

 またアクシズ時代、本機の『モビルスーツとしての性能』を更に向上させた後継機も存在し
 同様に『袖付き』に身を寄せているとされる。

 本機から主力機、更にドーベン・ウルフのような高級機に至るまで実動可能な機体を寄せ集めた彼らは
 統一感を得るべく『袖』の刻印を機体に刻み、ジオンの名を掲げ続けている。
 さて、彼らは果たしていずこへ導かれるのであろうか。

追記:ガザCとは

 その外観は『似て非なる』を地で行く違いがあり、外装からいえば流用できる部材は少ない。
 頭頂高も大きく違うが、これはガザCが非人間的な体型だったのに対し
 ガザDは通常型MSに近い体型に差し戻された為と思われる。