GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

防空用MS ギガン [宇宙世紀]

ジオン公国が「次世代機」を模索する中で開発した、大戦末期の防空用MS

イメージ 1

イメージ 2

※上は漫画『ギレン暗殺計画』、4巻165ページ。首都ズム・シティ防衛を担う親衛隊機と思われる。

■MS-12 ペズン計画機
 大戦末期、ジオンの小惑星基地「ペズン」の試作機の一つ。
 外観の示す通り、機体構造を簡略化し、拠点における防空端末、及び支援砲撃機に特化している。
 宇宙戦においては「脚部」をスラスターに換装するプランも用意されていた。

 その構造から「次世代機」を模索するジオン開発部の苦悩とも評される。

 制式採用は見送られたが、一部は用途通りに公国首都ズム・シティに配備されていたとされる。
 同様に、他の「ペズン」試作兵器の一部も持ち込まれていたようだ。

暑さ寒さも彼岸まで

 と申しますが、それはさておき、このギガンも初出は「トミノメモ」。
 本来は番組登場を企図した機体でした。

 その経緯はともかく、ガンプラの伝説的ヒットに伴い、模型企画「モビルスーツバリエーション(MSV)」に続き
 ラインナップに予定され、ガンプラ化するはずだった機体です。
 メカデザインは大河原邦男氏。

 その意味では、立ち位置としてはジュアッグ等に近くて遠い機体かもしれません。

■企画の中断
 が、その企画「MS-X」、いわゆるペズン機群の物語自体が
 あの『機動戦士 Zガンダム』の制作決定に伴い、発表から半年で中断された為、プラモ化ならず。

 その後もいくつかの媒体に登場していますが、さてガンプラ化はあるのでしょうか。
 いやまあまずはヘビーガンダムさんからですよね!
 それかアクトザクか!

 余談ですが、上の漫画、Ark Performanceさんが描くとすごく様になってるのがちょっと面白いですよね。
 俺のギガンがこんなに以下省略。