GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

偽装MS ゲムカモフ [宇宙世紀]

モビルスーツが「有視界戦闘」の花形であるが故に生まれた『偽装兵器』

イメージ 1

 右はベース機と思われるMS-06 ザクⅡ。

GM Camouf
 ジムに偽装した公国機。
 大戦末期に存在したとされる幻のモビルスーツである。
 ジオンの「試作兵器博覧会」であったオリジナル映像作品、MSイグルーが初出の機体です。

 企画段階でハネられてしまい映像にはなりませんでしたが、漫画版でフォローされ登場。
 漫画「MS IGLOO 603」の1巻に収録されています。

 ミノフスキー粒子によって電子系が不調を起こす為、有視界での戦闘が主流となった。
 という「モビルスーツが台頭した理由」を踏まえた兵器。

■「卑劣な兵器」
 その意味するところはまさに外観そのまま。
 開発元もそれは承知しており、開発番号も機体登録番号も一切が抹消され、規格外の兵士で運用された。
 それは「義勇兵」、開戦後にジオン公国に参加した市民であった……。

 きわめて「暗い」エピソードですが、世界観を踏まえたところが合理的で気に入ってる機体です。
 そこが本機の逸話に深く関わってくる訳ですが、そこはそれ漫画版で。

 今後、どこかでまた表出することがあると面白いんですが、どうでしょうね。
 イグルー3があればもしや?

Zガンダムにおけるゲルググ偽装、逆襲のシャアにおけるホビーハイザックなど
 偽装モビルスーツ自体は宇宙世紀でも決して珍しくありませんが
 中でも徹底っぷりが際立つ機体だと思うのです。