GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スパロボOG 告死鳥戦記 1巻 [竹田裕一郎氏]

 記事末尾修正。

  DC残党を怯えさせる「死を告げる鳥の声」。不吉な戦場伝説の正体とは?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 ゲシュテルベンを知ってから早数ヶ月、ネット無料配信作品が単行本化。
 まとめて単行本で読みたかったので情報を遠ざけていましたが、その甲斐ある面白さ。

 

 告死鳥の戦場伝説で知られる連邦軍特殊部隊「FDXチーム」を描いた、公式スピンオフ小説作品。
 戦場伝説の流布を企図し、やたら「仰々しい」装備となった特務部隊に集められた
 いかにも一癖も二癖もあるパイロット達を描く物語。

 

 …という初見のイメージに対し、なんというか人間くささがたっぷりなパイロット達や、その苦戦っぷりなど
 本編勢からすれば「普通のパイロット、普通の兵器」の延長に見えてしまう辺りが
 どこか一風変わっていて、そして面白いスピンオフ作品でした。

 

スパロボ
 作中「好き勝手に振舞う味方」に、勝手に突出する味方NPCを連想させられるなど
 スパロボだなあと思わされるのがまた面白い。
 守りきれないと後で仲間にならないよ!

 

 キャラも、作中の理不尽を一手に引き受けているような「趣味人」技術者のダンの悪趣味さに笑わされ
 想像以上に実直なカルロ少将をとりまく政治闘争は悩ましかったですし
 FDXではとある理由からジマーさんが特に好きです。

 

 激闘のクライマックスを越えて一巻完結。
 以降は準備中らしいですが、まだまだ「伏せられている設定」が多く感じられ、続きが気になるのがズルい。
 ヴェスナーさんの話とオレグさんは繋がったりとかするのかしら?

 

■スピンオフ
 実は、私にとってはスパロボは10年ほど前の「第三次α」に留まっていて
 オリジェネシリーズは漫画「Record of ATX」やアニメ版、いくつかの漫画版でしか知りません。
 その前提でも大体把握できたと思いますし、十二分に楽しめた辺り
 やっぱりプロの方って凄いですよね。

 

 挿絵のロボもいつもの八房氏一流の迫力で、特にガーリオンがこれまたシャープでカッコいいんだ。
 特に211ページでインスペクター陣に切り込んでるシーンなんか惚れ惚れします。

  本作初出機体の抜粋

イメージ 5

 基本「設計者の趣味」が色濃く反映されたらしい趣味的な外観を持つ。左がゲシュテルベン。

 

■ゲシュテルベン
 正式名は量産型ゲシュペンストMk-Ⅱシュテルベン。その名の通り量産機を元にした実験機である。
 武器類を扱うメーカーによる、武装試験テストベッドという目的で作られ
 全身に機能拡張用ハードポイントを有する。

 

■ガーダイド
 正式名はガーリオン・ダイド。こちらも連邦軍制式量産機を元に、同様のカスタマイズが施されている。
 共に「開発中の武装を試験運用する」目的上、戦局に不向きな装備を強いられる事も多く
 ハードポイントという「継ぎ目」により、防弾性能も低下している。

 

 それぞれ2機、計4機によってFDXチームは構成されている。
 他に共通する特徴として、両機とも巨大な翼と推力による「戦場から緊急離脱する」機能を有する。

  主人公こと「敵前逃亡したエース」。リェータ・ウィーバー少尉

イメージ 4

 なんだか挿絵でまいど胸の谷間が描かれていた気がするリェータさん。
 1話目の挿絵ですが、後で考えてみると、このイラストにも伏線が仕込んであったのですな。

 

 彼女の躍動感ある言動は間違いなく物語をひっぱっていましたし
 また、手酷くやられ、一度は自分の弱さを機体性能のせいにした彼女が
 戦場で見た「赤い量産型ゲシュペンスト(カチーナ機?)」の姿に恥じいるシーンなどは本当に男前。
 そんな彼女が、いつかたどり着く高みとは?

 

■余談
 リェータ・ウィーバー。……極東支部、キョウスケのタチの悪い元・上官ことハンス・ヴィーバー中佐を
 連想してしまったんですが単に苗字が似てただけだった模様。スマナイナ!
イメージ 7

 スーパーロボット大戦 OG -ディバイン・ウォーズ- Record of ATX 1巻より。

  収録

 電撃コミックス「スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 1巻」。著者:竹田裕一郎氏。
 挿絵:八房龍之助氏、監修:寺田貴信氏。無料配信電子書籍電撃ホビーマガジンbis」連載作品。
 2013年7月初版発行。

 

■収録
 STAGE♯1.「舞い降りた死者」
 STAGE♯2.「戦場伝説の戯作者」
 STAGE♯3.「リェータ・ザ・リッパー」
 STAGE♯4.「オペレーションSRW
 STAGE♯5.「再生への契約」
 STAGE♯6.「パズルの解法」
 STAGE♯7.「幕間寸劇」
 STAGE♯8.「曙光」
 STAGE♯9.「オペレーション・プランタジネット
 STAGE♯10.「転機」
 STAGE♯11.「生存係数」
 STAGE♯12.「輝く万華鏡」
 INTERVAL STAGE「ある晴れた日に」

 

 巻末、著者あとがき
 巻末、寺田氏による作品解説では、主役機「ゲシュテルベン」と本作の誕生経緯が解説。

 

 その辺はなるほどと思いましたが、やっぱり今後「本編」にもチロッと織り交ぜて
 もうちょっと浸透するようになったらいいなあと。

 

■本ブログ関連記事
 ゲシュテルベン コトブキヤ社1/144 レビュー
 ゲシュテルベン箱絵と箱横未塗装サンプル写真
 量産ゲシュⅡ改との設定画比較

  読み終えて。その2

イメージ 6

 我が家のゲシュテルベン。

 

 予約解禁時「ゲシュテルベン現界!」とかファンタジックな煽り文句でどんな奴なんだと思ったもんですが
 お前さんてば想像以上に苦労してたんだな……。

  事件

 実はこの件で竹田氏自らコメントを頂きました。
 あまつさえその事をここに書き添えたところ、本人証明まで頂きました。本当に恐縮です。
 そんな嘘みたいなホントの話が実現するのですから、世の中本当にわかりません。