GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムアストレイ アウトフレーム[SEED DESTINY ASTRAY]

アストレイ」の名を与えられた、フリーダム、プロヴィデンスの兄弟機

イメージ 1

 左が初期形態、右が装甲を本来のものに差し戻した後期形態「アウトフレームD」。
 色と頭部を除き、テスタメントとよく似た姿になります。
※画像右下隅クリックで拡大。

 ザフト版ストライカーパック試験機として、後のザクウォーリアに繋がった幻のザフトガンダム
 その予備パーツから組み上げられた民生機にして主役機。

 MSサイズのカメラを手に、時にストライカーパック、或いはウィザード
 果ては本機用に開発された独自パックを背負い、巨大な「報道機材」として戦場を駆け回った。

SEED DESTINY ASTRAY
 SEEDとDESTINYの間に起こっていた地球での騒乱の一部から
 ディスティニープラン宣言までを描いた外伝。

 アストレイの名を持つものの、これはロウ・ギュールが勝手に名付けただけであって系列機ではない。
 元は、あの巨大砲撃兵器「ジェネシス」の前身である宇宙船加速施設に配備された
 テスタメントガンダムの予備部品である。

 本来はフリーダムやプロヴィデンスと同時期に作られた核動力対応機であるが
 そのパーツは欠落していたのか、通常のバッテリーで駆動する。

 ロウによって民生機として組み上げられ、報道屋である主人公「ジェス・リブル」に譲渡された。
 レッドフレームと似た経緯の「元・軍事用」モビルスーツである。

アウトフレームD
 同機は、ジェスの「モビルスーツの取材はモビルスーツの視点から」というスタイルにより
 報道機材として様々な戦場を駆け巡った。

 その後、必要に迫られ「本来の姿」であるアウトフレームDに換装し
 真実を追うジャーナリスト・ガンダムとして、情報を歪める能力を持つテスタメントと対峙する。

 基本「戦闘用」ではない、一風変わった主役機であった。 

市販化に恵まれなかったDESTINY、デルタ

 連合のストライカーパック、ザフトのウィザードシステム、両方に対応する新世代主役機。
 しかしXアストレイや、既存キット流用で出せたフレームアストレイと異なり
 本作、及び続編「デルタ」では主役機はキット化されませんでした。

 特に本機の場合、正統派のデザイン+ライバル機に金型を流用できる特性がありましたが
 それでもキット化されなかったのは意外といえば意外。

 両機とも名称こそアストレイを継ぐものの
 出自が異なることから「既存キットの流用」が効かず
 知名度的にも初期シリーズほどには至らなかったらしいのが要因なのか。

 ともあれ9月、本編のHDリマスター放映化を受けてか「テスタメント」がロボット魂化されるため
 派生としてアウトDの立体化も期待されるところ。
 初の「カメラ付き」になるはずです。ウフフ。