GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

新型アッシュの特徴? [マジェスティックプリンス]

ラビッツ5機の特性を兼ね備えるべく開発された、次世代汎用量産型

イメージ 1

 公式サイトより。紫(ケイ機)のような指揮、青(スルガ機)の用途なども転用可能な模様。
※画像右下隅クリックで拡大。

 公式サイトにて情報公開。スルガさんの長台詞はきっと無駄じゃなかった!

■次世代汎用型
 亡命技術を元にした初期の実験機、特殊部隊用に少数生産された「ライノス(チーム・ドーベルマン)」。
 更に一歩推し進め、ジュリアシステム(本能システム)を組み込んだ「アッシュ」。
 その更に一歩先にあるのがこのアッシュだそうです。

 火力・機動力共に向上し、整備面も自動化が導入。
 またこれまでの特化型アッシュと違い、あらゆる用途への投入を可能とする事を目標としています。

■量産型
 量産化検討モデルなのか、量産モデルそのままなのかは不明。
 多分「そのまま量産される」というより、量産モデルを元にアンジェ用に調整された機体と思われます。
 説明文と異なり、高機動・砲撃戦に特化しすぎている感がありますから。

 ともあれ、現実の試作・量産機に近い関係を持つ、より洗練された機動兵器となっている模様。
 無論、既存アッシュには「隠し玉」がありそうではあるんですが。

「自己保存本能」が引き下げられた?

 劇中でよくあるシーンとして、既存アッシュは「生命維持を最優先する」傾向がありました。
 本人が逃げなきゃ、と考えるよりも先に、機体の方が逃げてしまう。
 当人以上に「素直な分身」というシステムですね。

■第13話「孤高のエース」
 第13話でも、硫黄ガスが勢いよく噴出す資源惑星戦闘において同様のシーンが発生。
 一方、新型アッシュは挙動が異なります。

 最も顕著だったのは、終盤戦でのクレイン(ウルガル幹部)との戦闘。
 火山に逃げ込むクレインを追って躊躇なく飛び込み、機体を真っ赤に赤熱化させながらも戦闘を継続。
 その有様から、既存アッシュとはまるで違う機体であるように思えます。

■二重人格
 元々パイロットはデータを調整しやすいクローン人間ですし
 パイロットのアンジェ側が調整されているのか、アッシュ側が調整されているのかはまだ不明ですが
 これからの展開が気になる機体なのは間違いないですね。

 既存アッシュも、オープニングを見るに単なる未完成品という訳ではなく
 アンジェ機にはない機能がある、というのが定番ですが、その辺がどうなって行くのか含めて楽しみ。

 しかしやっぱり量産機然とした機体はいいですね。
 一枚絵だと妙に細っこく見えますが。