GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

はたらく魔王さま! 漫画版 3巻[柊暁生]

 公式サイトに第1話の試し読みコーナーあり。

    アニメで見たばかりなのになかなかどうして。原作も読みたくなる第3巻

イメージ 1

イメージ 2

 なんと、そんな過酷なバトル展開に突入していたのか! 表紙カバー下には今回も差分イラストあり。
※画像右下隅クリックで拡大。

 

■変な隣人「鎌月さん」登場とちーちゃん奮闘の第3巻
 部下が実は「異界から放逐され、現在は渋谷区笹塚でバイト生活をしている元・魔王」なのだ等とつゆ知らず
 デキたバイトだとコキ使っている漫画も3巻目。

 

 原作未読、アニメ8話目まで視聴。
 アニメで言えば、6話の一部、7話目から8話目前半にかけてに相当するお話。
※第6話の学校遠征は基本的にアニメオリジナルなのだそうです。

 

 魔王様の(バイト先での)出世祝い焼肉から、出世の実情、鎌月さん登場
 勇者さんストーカー生活&謎の刺客とデキたバイトさん
 佐々木さんの告白など。

 

 基本、アニメで見たばかりの話のはずなのに、切り口や演出の違いか終始面白く楽しめました。
 どっちが上とかじゃなくて、どっちも面白いというのは実に良いですよね。
 巻末でヒャッハーしてる原作者さんの気持ちが察せられます。

 

 だからって警察のお世話になりそうな行為はおやめ下さい捕まってしまいます。

    勇者の二ヶ月ストーカー戦争

イメージ 3

 がっくりきてる勇者さんが気の毒可愛い。
 というか好きなのか先の副将軍。

 

 特にアニメと切り口が違う部分と言ったらやっぱり「顔芸」でしょう。うん。
 あのインパクトが面白いのも確かですが、勇者にすっと感情移入できるって点ではこっちも良いですよね。
 いやアニメだと顔芸でチンピラさが先に立つからというか。

 

 魔王一家と同様にというか、頑張って暮らしてる感がありあり。
 ミョーな意味で切ない。

    ヒャッハー! はらわたを喰らい尽くしてくれるわ!

イメージ 4

 アニメ同様に焼肉ヒャッハーする魔王様と肩を落とす芦屋さんのツートンも素敵。
 家計にこだわりのある芦屋。

 

 魔王と言えばはらわたと相場が決まってますが、彼の場合は(魔王時代は)あまり好きではなかった模様。
 またどうでもいい豆知識がここに。

 

 魔王が「芦屋はエンテ・イスラの話をしだすと長くなるからなあ」とぐちったり
 なにかとエンテラの話をしたがる芦屋もいい味だしてます。
 家計だけではない男。芦屋。

    「あなたに理解して欲しい」という姿勢が可愛い佐々木さん

イメージ 5

 告白カット、基本はアニメと同じですが若干異なったようです。

 

■大切な記憶
 そんで割と出番自体は少ない割にやっぱり「とどめをさす」インパクトがある佐々木さん。
 背景の空白の入れ方、表情の移し方が素敵ですね。

 

 漫画担当の柊暁生さん名義では他に特に商業コミックは出されていないみたいですが
 今後出たら作者買いしたくなってしまうくらい良い演出でした。
 ええ。

 

 なんとも素敵なシーンになっていて、コメディな落とし方と合わせて今巻のよい締めになってましたね。
 次も楽しみ。話は分かってるのに楽しみってのは良いです。
 いやマジでマジで。

    収録。巻末にはオマケ漫画&関係者様コメントあり

 電撃コミックス、全180ページ程度。

 

 第12話……魔王、ご近所付き合いを始める
 第13話……勇者、身辺調査をする
 第14話……魔王、大いに自慢する
 第15話……勇者、頼まれごとをされる
 第16話……魔王、女子高生に告白される

 

 第XX話……勇者の7ページ番外編&鎌月さん中心の四コマが2本。
 鎌月さんの反応が予想外すぎる。

 

 巻末は、漫画版作者のイラスト付きコメント、原作者コメント、原作挿絵担当イラスト付きコメント。
 外伝「はたらく魔王さま!ハイスクール!」と同様に書き下ろし。
 お忙しいでしょうに素晴らしい。
 そして可愛いらしい。

 

 だがそれを上回る原作者様の「何言ってんの落ち着け!」っぷりがマジはんぱない。マジパネェ。
 あのコメントだけで「原作も買おうかな」とか思うレベル。
 いやしかし一度に八冊はさすがに
 さすがに。いやしかし。

 

■一話目ためしよみアリ 
 webで漫画版一話目が試し読みできます。
 働く魔王さま コミックス でgoogle検索すると一番上に試し読みページ出てきますので。
 もしくは電撃コミックスwebさんから。
 http://dc.dengeki.com/
■関連記事

 

gno.blog.jp

gno.blog.jp