GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

デビルガンダム(プラモ狂四郎版)

比較的珍しい「多腕型」。脚部などデザイン的に見所多し

イメージ 1

 ガンプラ漫画の金字塔「プラモ狂四郎」世界一決定戦にて立ちはだかったライバル機(文庫版は7巻)。
 続編「新プラモ狂四郎」にもワンポイント登場。
※画像右下隅クリックで拡大。

 ぼくはブラッディー=マリー、きみ流に名付けるならデビルガンダムだ!

■ヘビーガンダムと言えば
 昨日ヘビーガンダムについて言及しましたが
 プラモ狂四郎で「ヘビーガンダム」の前に立ちはだかった機体と言えばコイツ。
 デビルガンダムと言えばGガンの怪物が有名になってしまいましたが、忘れ去るには面白いデザイン。

 初出1985年、つまりZガンダム放映開始頃ですが
 四本腕に「普通の足を真ん中で割ったような」デザインのスリッパ
 箱型の腿アーマー、胸部にサーベルを格納するギミックなど、今見ても面白いデザインですよね。
 一見して「重そう」「強そう」「悪そう」。

 デザインは画像記載の通り小田雅弘氏。
 ストリームベースのお一人で、特に初代MSVでは基本デザインや設定周りに寄与されています。
 同じくSBで現在もバリバリな川口氏と違い、既に引退されているとの事。

機体性能=プラモ性能

 この機体の場合、FRPやラテックスと言った素材を高度な技術でプラモに投じた機体
 というのが強さの秘訣で、四郎も新素材で対決する流れでした。
 当時だとABSも新素材なんですよね。

 外装は「ショック吸収用の表皮」に過ぎず、中にはサッキー竹田らしい真の姿も。

宇宙世紀的には

 フルアーマーガンダムより後発ですが、レッドウォーリア同様宇宙世紀には組み込まれていません。
 その事も手伝ってか、立体化には恵まれませんし、多分今後も期待できないでしょうけれど
 結構このデザインは好きです。