GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム サンダーボルト 1巻[太田垣康男 漫画]

 MOONLIGHT MILE作者、太田垣康男氏による一年戦争外伝。独特なメカ、人物描写が魅力。

        連邦軍ムーア難民艦隊 vs 義体技術を転用するジオン軍実験部隊

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 大戦初期にジオンに滅ぼされ、難民となった「ムーア」コロニー群出身の義兵団に配備されたガンダム
 身体を欠損した義手、義足の兵士を高度なモビルスーツパイロットに転用する
 ジオンの特殊な実験部隊の戦いを描いた物語。

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト
 ビックコミックスペリオールで連載中の一年戦争外伝。
 大戦末期、帯電したコロニー群の残骸が漂う宙域、通称「サンダーボルト宙域」を舞台にした物語。

 

 太田垣氏独特の人物、メカニック描写が光る作品で
 特にメカ描写については、模型誌ホビージャパンで立体化企画が組まれるほど魅力的かつ独特なもの。
 既存の一年戦争機をベースにしつつ、細部がまるで異なり
 氏、独特のリアル感を追求されています。

 

 まず、そうしたメカニックだけでも見る価値はありますし
 難民の義兵団から成り立つ連邦艦隊の、彼らなりの「再興を目指すための戦い」の人間模様や

 

 義手や義足と言った「身体の延長としての機械」を操る技術を元に
 直接モビルスーツを制御させるという、特殊なサイコ・デバイスの実験部隊などが描かれ
 ありそうであまりない設定が面白い作品となっています。

 

■氏独特の人物描写
 戦争の渦中で見せる人間くささも魅力の一つ。
 メカ、人間、共にクセがあり「既存の世界観にあわせる」というより
 ガンダムをベースにした独自作品と言った印象で、合う合わないはハッキリ分かれそうですけれど
 一年戦争ベース=世界観は共通なので、話に入り込みやすいです。

 

 2巻もじきに発売されるとのこと。

 

■カバー裏
 珍しく「カバーの裏側」にも印刷されていますので、お手持ちの方も一度確認をお勧め。
 カバー下じゃなくて裏。珍しいですよね。