GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

LBX ジ・エンペラー HF レビュー[ダンボール戦機 1/1]

 ダンボール戦機版のRGブランド第2弾。その他レビュー目次はこちら。※誤解を訂正。

クールなライバルが操る「皇帝」の上位キット版

イメージ 3

 ダンボール戦機 ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー のレビュー。
 2013年3月発売。

 2050年時の海道ジン専用LBX
 彼の天才的な技量と相まって無類の強さを見せた。
 神谷重工が自社の汎用機データを元に開発した一点ものLBXで、同社の技術試験機でもある。

多数のパーツを積み重ね、高度な色分けを再現した上位キット

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 11

 頭頂高12.6cmほど、アンテナ含む全高は約15cm。劇中の大きさを再現した1/1スケールキット。
 表情つきの左右握り手と、左平手が付属。

■HF ジ・エンペラー
 ダンボール戦記「ハイパーファンクション(HF)」シリーズNo2。2013年3月発売。定価2500円。
 内部骨格は同No1アキレスと共通。外装パーツは全て新規設計。
 原型同時期の新規金型HGUCは149-ローゼン・ズール


 設定通り、内部フレームに外装を組み付ける仕様を再現した「ハイパーファンクション」第2弾。
 原作未視聴ですが「ライバル機」という事で、禍々しさのある外観とカラー。
 マントもちゃんと布製です。

 部品を積層して色分けを再現しており、腰アーマーなど四色も重ねています。
 色分け再現は見事の一言で、可動範囲も広い良作。
 手でパーツが取れるランナーを採用。

 原作未視聴なのに十分満足できる良キット。

内部骨格「コアスケルトン」

イメージ 5

イメージ 6

 左がノーマルなダン戦プラモ「ジェネラル」で、右端が同じHFシリーズのアキレス。
 可動と装甲組み付けを考慮してか、骨格はジェネラル並みの背丈。

■骨格はHFアキレス共通
 アキレスと色違いの同等品。大型ポリとABSを併用し広い可動範囲と高い保持力を有します。
 同等品なのでパーツを組み替えることも可能。
 ポリはXC。

 設定上は、このフレームが「ロボット」に相当し、専門の技術を有していないとメンテできません。
 劇中で不調を起こした際は、専門技術を持った人物が不眠不休で調整するシーンも。
 自作PCで言うなら、マザーボードのような位置付けでしょうか。
 外装はパテやプラで加工可能な模様。

重いぞデカいぞ戦槌「ティターニア」

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 必殺ファンクション(必殺技)は、戦槌の一撃「インパクトカイザー」。
 この戦槌ティターニアが色んな意味で凄い。

 可動範囲が広いので柔軟なポージングが可能。
 もちろん市販スタンドも使えます。

■ティターニア
 なんと18パーツも使用し、中央部グレーをシールにすることでカラフルな色分けを再現。
 巨大さも相まってド迫力な得物となっています。
 ネックと言えばこれが重いこと。

 パーツ数に加え大柄な部品も多いので仕方ないですし、両手持ちするか別の武器を見繕いましょう。
 そりゃこんなので殴られたらそりゃ大抵の機体が一撃で大破するでしょう!
 そんないかにも強力そうな武装です。

 そんなティターニアの重さと、肩アーマーの干渉がやや気になりますが
 これはキットと言うよりデザインの問題ですね。

 次は「ルシファー」という天使のような機体がキット化するそうですが、さて、どうしましょうかね。

使い手は「秒殺の皇帝」海道ジン

イメージ 1

 主人公 山野バンのライバル。政治家 海道義光の孫だが、本当は海道に引き取られた孤児である。
 LBXの技術に長じ、対戦相手をことごとく一分以内に撃破してきたエースプレイヤー。

 そんなジンだが、彼にとって、LBXとはあくまで「祖父の目的を達成する為の手段」であり
 LBXをホビーとして楽しむバンと対照的な存在だったようだ。

 とある事件からバンの前に幾度も立ちはだかり、その後バンと友達になった。
 ジ・エンペラーは最初の機体で、幾度か機種変更している。

ダンボール戦機ウォーズ
 実は第3作「ウォーズ」第一話にも登場。
 第2作から5年後、LBXの選抜プレイヤーが集う名門校「神威大門統合学園」の関係者であるらしい。

 同校は当然LBXの扱いを学ぶ学園なのだが
 LBXを一種の兵器とみなして「世界の戦力をLBXに換算した擬似戦争」を行う事で実践授業に代えている。
 これは世界平和の為のシミュレーションの一環と語られているが
 そこにジンがどう関わっているのかは不明。

 また同学園では、DCオフェンサー等、ジ・エンペラーと同じ神谷重工製LBXが多用されているようだ。