GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

トールギスEW版 MG その1[ガンダムW EW 1/100]

トールギス<この戦いは私の勝ちだ! ……完成すればな!

イメージ 1

 という訳でMG トールギスを(私としては)快調に製作中。足元の白いのは1/100 ゼクス・マーキス。
 その右の更に小さいのは、1/144 連邦兵(スナイパーⅡ WD付属品)

マスターグレード
 胸部装甲、膝装甲パーツなどはまだ組みつけていませんが、とりあえず胴体まで。
 この逞しい腿装甲、これぞ「装甲特化タイプ」のトールギス
 え? リーオーもほぼ同じ形? ファファファ。

 スミ入れですが、白はグレー、それ以外は黒のいつものやり方。
 腿の四つのモールドは黒でスミ入れ。

 ところで、組み立て時にまず「スリッパが小さくないかな?」と思ったんです。
 手元の1/144 HGUC ジム改とあまり変わらないな、と。
イメージ 2

腰まで作るとこうなる

イメージ 3

 などと思いつつ組み上げていったところ、腰=ジム改1/144の首くらい。の高さまでありました。
 やっぱり1/100って大きいですね。
 うん。

 ちなみに設定上、トールギスは頭頂高17.4m。
 ジム改は18m。

 ジムや初代ガンダムなど、標準となるサイズが全高18mですから「小さい」ということになりますが
 多くの機体が16m程度なガンダムW(ウィング)の世界観では大型機に属します。
 ちなみにリーオーは頭頂高16.2m。

 技術的にまだ未成熟だから大型になってしまった、という感じなのでしょうか。
 そう思うと楽しいですね。

 え? トサカの分だけ「高い」だけじゃないかって?
 どうなんでしょうね。
※なおMGの説明書では頭頂高や重量などの基本スペックは未記載。
 また、TV版ガンダムW自体、出力や推力などの数値は大半の機体が未公開となっています(EWでは公開)。

■腿フレーム
 画像では腿は内部フレーム状態ですが、この状態だとポリキャップが固定できません。
 ので、腿装甲も組みつけています。
 ちと残念。

 わかりにくいですが、下の画像の矢印部分、フレームが連動可動して面白いのです。
 装甲被せると「プラモっぽい可動部」を隠してくれるので、被せておくのが正解なのでしょうけれど
 あまり目立たなくなるのが残念といえば残念。

 など文句じみたものもありますが、やっぱり楽しいものですね。
 さて、このままフレーム完成させましょう。
 させますってば!
 てば!
イメージ 4