GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

倉庫HDDをWD WD30EZRX/Kに換装[パソコン]

 CrystalDiskInfoがイエロー警告していたHDDから換装後、一週間経過。特に問題なし。

気付けば消費電力が昔の半分に

 まずは現在の構成から。以前は諸般の事情から2個搭載していたHDDを1個に。
 CPUやMBなど、主要部は2011年8月更新時のまま。

【OS】Windows 7 Ultimate SP1 32bit
【CPU】intel Core i5 2500K 3.3Ghz
【CPUクーラー】リテール
【 M/B 】 ASUS P8H67-V rev3
【 RAM 】 CFD Eliir W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB JEDEC*2
【 VGA 】 Corei5 2500K内蔵GPU
【メインSSD】Crucial m4 CT064M4SSD2 64GB
【サブHDD】Western Digital WD30EZRX-00DC0B0 3TB(1TBプラッタモデル)

【HDDクーラー】RiteUp RHC13ガワ+XINRUILIAN RDL8015S(2000回転)。HDD直付けタイプ。
【Drive】PIONEER DVR-219L(他社OEMらしい)
【電源】 Seasonic SS-650KM ※Owltech扱い.
【ケース】Antec P-182
【ケースファン】XINRUILIAN 。12×38mm.2000回転/スリーブ。背部1500回転鎌フロゥSONY。上部1200回転芯2B
【ファンコン 】Ainex FC-02EU-BK

SSD換装の名残
 SSD搭載以前は「メインHDD+倉庫HDD」としてHDDを2個接続していたんですが
 搭載後も面倒なのでそのままにしていました。

 これを今回、Western Digital社 WD30EZRX-00DC0B0に一本化。
 おかげで内部スペース的にも余裕に。

 ただし、HDD認識には「2.19TBの壁」が存在しますのでWinXPの人などは注意されたし、とのこと。

CrystalDiskMark及びHDTune

イメージ 1

 チェックはまっさらな単一パーティションで行ったもの。
 回転数は5400のハズですが、一昔前の7200回転モノなみのスピードが出ているような。

 しかしまあアレです。3TB=実容量2.72TB。
 天使の取り分も300GB級か。

■ベンチ数値
 ただ、どうも同製品の他の方に比べ、低めな数字が出ているようです。
 そういえばこのマザーボード、sata3対応ポートが二つしかないので、2対応ポートに差してました。
 原因はその為か、別の要因か。
※似たような数字の人も居ましたから特に気にしてません。

 ちなみに現在はsata3ポートに差し直しましたが、容量使ってるせいか数値はガタ落ちしてました。
 テストするなら中身カラッポ同士で比較しないとダメですね。

■温度
 他HDDと比べ4度ほど高いですが、これは本HDDにまだ冷却ファンを付けていない為。
 当時、ケース内の平らな部分に文庫本に乗せて放置してました。
 現在は同程度の室温で18℃。

■動作音
 ウチのPCケース(P182)だとファン音の方が大きく、全く気になりません。

■動作テスト
 WD社の「Data Lifeguard Diagnostic for Windows」のextended testを1周。
 その後データコピーし、もう1周。
 その後一週間経過。

Western Digital社 WD30EZRX-00DC0B0

 同社「WD30EZRX」のマイナーチェンジ版で、750GBプラッタから1TBプラッタに更新されています。
 機械的にプラッタが一枚減り、省電力化、機械的な負担が減っている(はず)。
 最近人気らしい3TBモデルを選択。

 1TBプラッタの同価格帯として、Seagate社のBarracuda ST3000DM001もありましたが
 回転数が遅い、データ倉庫向け省電力モデルであるこちらを選択。
※カタログスペックは全般にSeagateが上。

■同名の新型
 従来品と比較する為に WD30EZRX/K = WD30EZRX-00DC0B0 = WD30EZRX-1TBP とも呼ばれています。
 発売は2012年夏頃らしいので、現行は本モデル一本のはず。

 旧750GBプラッタモデルなら、デバイスマネージャで「WD30EZRX-00MMMB0」と表示され
 本製品は「WD30EZRX-00DC0B0」と表示されます。

省電力化

 計測はサンワサプライワットチェッカーの「watt」モード。
 少し前にグラフィックボードを取り外した事も手伝い、アイドル消費電力は2011年8月時の約半分に。

 特に省電力化を意識してないのにアイドルは約37ワットに。
 ここ数年のパーツって凄い。
 という事なのか。

win7電源管理は「バランス」
 ウィルス対策など起動して放置。負荷5%以下のアイドル状態
 37ワット前後(以前は約64ワット)。

 インターネット(IE)起動中、39-40w
 CPUへの高負荷(Tripcode Explorer sse2(4スレッド) …108ワット前後(以前は145ワット前後)
 CPUとGPUへの高負荷(Tripcode Explorer sse2有効&ゆめりあ) …最高139ワット前後(以前は193w前後)。

パーティションは二分割

 今時パーティションなんか分けないでしょ、という人もいますが
 私の場合、定期的にAcronis True Image Home 2010でパテごとバックアップを取りたいので分けてます。
※バックアップをとりたいファイル向けパーティションとその他。

 そう言えばwin8に更新するなら、true imageも新しい奴に変えないと対応してないでしょうな……。
 win9出るまで待つべきか。最近の傾向的に数年で出そうですし。

3TBモデルを選ぶ一番の理由

 単純に「前モデルより大容量が欲しい」のが一番大きいです。
 以前、10000回転モデルを使っていた実感として「速度の違いはそうそう体感できない」と思いますし
 倉庫は容量が大きいに越したことはないと思うので。

 やっぱり買い換えるなら実感が欲しいんですよ。うん。
 そんなこんなで遂に3TB。

今後の換装予定

 CPUとマザーボードが2011年夏で止まってるんですよね。
 特に意味はないんですが、一年以上換装してないと思うと変えたくなるのが世の情け。

 今のパーツ事情はどんな感じなのかしら。