GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

HG ダナジン レビューや設定の話

 バンダイ、1/144 HGシリーズより。その他ガンプラ記事はこちら。

ovv-af 重力下侵攻を重視した恐竜的な機体

イメージ 1

 HG 1/144 ダナジン (機動戦士ガンダムAGE)の簡易レビュー。
 左から塗装済みサンプル、公式サイトの設定画、第一世代機「バクト」設定画の比較。
 恐竜的なフォルムを新規設計で再現し、設定画と比べ更に幅広なデザイン。
 メカデザインはヴェイガン担当の石垣純哉氏。

 A.G.164年、連邦の宇宙司令部「ビッグリング」を突破し、本格的な地球侵攻を開始したヴェイガンの主力機。
 コンセプトは地球侵攻用で、重力下での踏破性と飛行能力を重視し恐竜的な外観となった。
 砲撃機との連携によって各地を次々と攻略する攻撃型モビルスーツである。

■異形のガンプラ
 HG GUNDAM AGE シリーズNo22、2012年5月発売。定価1500円。
 他機とかけ離れた姿を完全新規設計で再現。同時期の新規設計HGUCは141番のアンクシャ
 ポリキャップは劇場版00と同等のPC-001(成型色はメカグレー風)。
 丸型ポリキャップ「PC-7」も2枚付属する。

 西洋竜風の外観を見事に再現。
 それでいて、実際に触ってみると胴体や四肢がしっかり「モビルスーツ」なのが解るのが面白い。
 羽根の横幅は約20cm、首と尻尾をフルに活かすと「長さ」約29cmとボリュームがあり
 体型の珍しさもあって面白いキット。

 ただし、ヴェイガン系の「四肢が妙に細い」という特徴を踏襲しているせいか
 他の同系キットと同様、前腕が左右二枚を張り合わせただけの「モナカ割」が目立つ仕様になっており
 合わせ目に拘る人には向きません。

■たまにはヴェイガンでも?
 第30話冒頭の対クランシェ戦では厚い装甲と驚きの俊敏さを見せるものの
 基本的に「連邦量産機は圧倒するが、ガンダムタイプには一撃で落とされる」という安定のポジション。
 一部では同型機にファントム3が搭乗するシーンも。

 たまにはヴェイガン系を作ってみるか、という人には一番のお勧めですが
 肘が「一旦組んだ後にバラそうとする」と折れやすい構造なので、塗装派にはやや面倒なキット。
※見た限り、普通にポーズをつける分には問題ないようです。

 他のヴェイガン系同様、価格を抑えつつギミックを盛り込むことに注力したキットなんでしょうね。

自重を支えるべく、やや独特の脚部構成を持つキット

イメージ 2

 西洋竜風の外観なだけに竜騎士ごっこがよく似合います。何故AGE-1なのかはともかくとして。
 羽の基部が割としっかりしてるので、そこに乗せれば保持は割と容易。
 馬上槍はHG ジンクスⅢの物。

 飛行も直立もどっちも様になりますが、置き場所を鑑みると何らかのスタンドを使うのがベストか。
 スタンドは付属しませんので、単品販売のアクションベースなどを買い足すが吉。
 写真スタンドはAGE-2DHのものなんですが正直無理やりです。

■異形のヴェイガン機
 多くのヴェイガン系キット同様、完全新規ランナー。
 例によってビームサーベルの刀身は付属しませんが、HGUCジムⅡのもの等を流用すれば再現可能。
 ただし第29話などで使った「顎サーベル」接続口は開口されていません。

 サーベル接続可能な平手、指を大きく曲げた表情付き平手、どちらも左右共通で二個ずつ付属。
 余りポリはPC-3が1個、9が3個。PC-2と同等の丸ポリキャップが3個。

■独特の腰部
 面白いのは巨大な腰部で、普通なら胴体(肩)用のPC-4ポリキャップを、足との接続に使っています。
 おかげで足と腰の接続軸がある程度上下左右に動く上、保持力もそれなり。

 この構造で「片足を前に出す(後ろに引く)」といったポーズが容易な上、微妙なバランスがとりやすく
 靴底の接地面が小さい割にかなり自立しやすいです。
※しっぽを浮かせての自立も可能。

■首の可動を増やすなら
 首も二重関節なのでそれなりに動きますが「下」にはあまり動きません。
 気になる場合、頭部(首)の組み立てで使う「C-30」を外すと可動がぐっと広がるのも面白いポイント。
 基部がやや露出しますが、ポーズ次第では目立たないので一考の余地あり。
イメージ 3

■肘とモナカ割
 特筆すべき点があるとすれば肘のD-13、D-15パーツ(肘二重関節の前腕側)。
 破損報告がamazonなどで見られる部分ですが、別に何度か動かしてみても白化の兆候も見えません。

 多分、折れたケースは仮組み後に「バラそう」とする等の強い負荷をかけたのが原因ではないでしょうか。
 強い負荷をかけると、てこの原理で破損しそうです。
 が、普通にポーズする分は問題ないかと。

 総じて、腕部全体などに普通に「モナカ割(左右二枚のパーツを張り合わる方式)」が多用されており
 連邦系キットと比べると合わせ目、ゲート跡がやや目立ちますので
 そういうのが嫌だという人には向きません。

 これはヴェイガン系全般の特徴として、前腕などのパーツが細く小さく分割困難であろうことと
 翼やバックパックなどでパーツを多用する分、価格上からも分割困難なのでしょう。
 それでもランナー5枚とHGにしてはボリュームのある構造です。

地球侵攻用に設計された主力量産機

イメージ 4

 型式番号ovv-af、全高未公開、重量未公開。
 A.G.164年、連邦の宇宙防衛網は突破され地球侵攻が開始された。
 この本土攻撃作戦に際し、重力下での電撃侵攻を目論み設計されたのが本機である。

■重装甲かつ俊敏な白兵戦闘機
 火星圏コロニー国家「ヴェイガン」が地球侵攻を目的に生み出した機体。
 A.G.115年頃、地球圏各地でのテロを目的としていた機体では航続距離が重視され
 A.G.140年頃、宇宙開戦と連邦軍の「ドッズ」装備化に伴い、対モビルスーツ性能が求められたように
 地球本土侵攻を目的とする世代では重力下でのバランスが重視された。

 中でもダナジンは、目標地点へ直接侵攻する事を主眼にしており
 宇宙と比べ重力が厳しく、障害物も多い地球環境を考慮し、踏破性を重視した結果この姿となった。
 また重力下の機動性を重視した結果、意外なまでに高い運動性能も持ち
 高い防御力も相まって、連邦を各地で圧倒している。

■砲撃能力は低下
 反面、生産性を考慮し内装火器の性能はやや抑えられた。
 白兵戦に優れ、可変・航空能力を持つダナジン部隊が先陣として侵攻し
 背部キャノンを備える旧主力機「ドラド」や、砲撃用の地球侵攻機「レガンナー」が随伴するのが基本形。

 航続距離・白兵戦・装甲を重視しつつ高い運動性能を持つ本機は
 かつて「鈍重」とされたバクトに、ドラドの運動性を取り込み発展させた機体なのかもしれない。

 ドッズ攻撃を無力化する電磁装甲も健在であり、地球を四割制圧する原動力となったが
 このように環境に適応した機体をヴェイガンが開発できたのは、彼らが開戦以前に「EXA-DB」と呼ばれる
 旧大戦時のデータ・バンクの一部を奪取していた事が大きいのだとされる。

ヴェイガンと「EXA-DB」

イメージ 5

 第4期OPに現れた謎の影の正体やいかに?

■ヴェイガン誕生と当時の地球
 ヴェイガンとは、A.G.改暦の50年以上前に消息を絶った火星移民船団の成れの果てである。
 一方、地球圏でも人間同士の長い戦乱が吹き荒れたが、「ガンダム」らの活躍によって人々は平和を勝ち取り
 自らの過ちを悔いて戦争関連技術を完全封印するという「理想論」を形にした。
 戦争の完全放棄、それが第6話で語られた「銀の杯条約」であり
 前後して「A.G.001年」に改暦された。

 しかし長足に発展したテクノロジーを捨て去る事を惜しんだ一部の科学者は
 放棄データを全て掻き集め、巨大データバンクに保存、管理者をコールドスリープで眠らせると共に
 高度技術で編まれた守護者を置いてこれを密かに保全するという選択肢を選んだ。
 この「EXA-DB」は呪われた秘宝と呼ばれ、一部に伝説として名を残す。

■開戦20年前、一部をヴェイガンが入手
 時は流れA.G.164年、ガンダムレギルス開発時。
 ヴェイガンの技術者が言うには、今からおよそ80年前、彼らはその一部を入手することに成功(84年頃?)。
 当時の連邦より遥かに成熟した遺失技術を手にしたことにより
 彼らは対連邦戦争を決意したとされる。

 またフリットの家に伝わる「AGEデバイス」と、これに内包されたガンダムを含む高度な兵器データもまた
 遺失技術の一部であり、それをアスノ家が極秘裏に発展させてきた結果である。
 元が近似ゆえに、ガンダムはヴェイガンに対抗できたという訳だ。

 そしてこの両者を統合させた事が「ガンダムレギルス」の圧倒的な強さの理由であり
 同様に「ガンダムAGE-FX」が強力であるのは、フリットやヴェイガンですら容易に全てを解析できない程に
 AGEデバイス内の奥深く、厳重に更なる兵器データが封印されている事への示唆
 AGEシステムのみが唯一解放する手段だという事なのかもしれない。
 多分。

■EXA-DBの存在意義
 余談ですが、EXA-DBが「一部」しか奪取できなかった理由は
 これを残した科学者が、厳重な封印を施した上「進化する機能」を持つ守護者を配置していたからです。
 この自律兵器、遺失技術そのものですから突破は容易ではありません。

 同時に「万一悪用された場合、データを消去せよ」という使命を与え
 一人の娘を冷凍睡眠で眠りにつかせました。

 データを残した事、使用できないよう厳重に守る事、万一の際は破壊するという事。
 わざわざデータを残しつつ発見されたら破壊せよと命じたのは、このように戦争の発端になることが
 彼にとって最悪の予想図だったからなのでしょう。

 それでも捨て去る事が出来なかったのは、自分達が生み出したという矜持でしょうし
 実際に『戦争の完全放棄』という英断を成し遂げた人類が、いつか『技術を持ったままの完全平和』を
 成し遂げられると信じたからなのではないでしょうか。
 と、思うと感慨深いです。

∀ガンダムだって、言ってみれば『戦争と高度技術を忘れ去る事で平和を成し遂げた人類』が
 再度の戦争を経て平和の尊さを知る話とも言える訳ですから。
 相通じるテーマです。

 以上が、外伝「追憶のシド」からEXA-DBが残された理由として考えられますが
 本編でどのように「答えあわせ」があるかは不明。