GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ネオ・ジオン軍 技術Lv14(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術レベル14/第12作戦 終了後に上昇

■第11週ダブリン終了後(77日目)、サザビーを除き先行開発が可能となる。
 ギラ・ドーガ……搭載19、11400/131000
サザビー   ……搭載23、32300(制限機)
 ヤクト・ドーガ……搭載22、16000/18400

ネオ・ジオン技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら。

14.ギラ・ドーガ

イメージ 1

イメージ 2

 形式AMS-119。第2次ネオ・ジオンの主力汎用機。
 ザクⅡに立ち返るコンセプトによって第1次ネオジオンで開発され、AE社代行生産で実戦投入された。
 古い基本設計は改修で補い、初期型ジェガンを相手に互角以上に渡り合った。
 
武装命中(推定)
 ビーム・マシンガン……59-64
 グレネードランチャ……54-54
 シュツルムファウスト…58-53

■壁・射撃に万能な汎用36MS
 武装を除き、ジェガンと同値の基本性能を持つ汎用量産機。
 第7期修正は盾装甲+1、格闘命中+2、射程1-2命中-2、射程3-4威力+1命中-2、特殊命中-5。
 ジェガン比で「通常武器命中-2/特殊武器付き」。
 ただし特殊は使わない場合もある。

 L盾ながら従来の回避機動VP機に匹敵する回避性能を持ち、軽修理も利してVP壁に用いられる。
 第7期ではガ・ゾウムとザクⅢが高修理化し、弱集中が消えたことも手伝い
 主力射撃機としても復権を果たした。

 射撃としても基本的に☆で使用される。
 ギラ・ドーガ☆*4&ガルバルディβ☆編成などが上位に見られた。

■シュツルムを使わない?
 *1実弾なので人によって評価は大きく異なる。
 また第7期では命中-5され、「威力アップパーツをセットするとシュツルムを使わない」ように修正。
 命中アップパーツなら問題なく使用するようだ。ノーマル機にて確認(☆不明)。
FQ「使用可能な射撃武器が複数ある場合は、より性能の高い武器が選択」に拠るものと思われる。 
 なお標準では2ターン目に使用する。

14.サザビー/制限機

イメージ 3

 形式MSN-04。総帥専用のフラッグシップ第四世代機。
 大出力・大火力・重装甲・NT対応・ファンネル・直結型メガ粒子砲等あらゆる機能を盛り込んでいる。
 23m級MSながらサイコフレームにより追従性も高く、νと並び最強の機体と称された。

武装命中(推定)
 ショットライフル……命中62-67
 拡散メガ粒子砲  ……命中62-62
 ファンネル     ……命中69-69-69-69

■ジオン系列最高壁の一つ
 第7期改訂、盾装甲+1修正された。
 市販制限機としては壁・射撃共にネオ・ジオン最強を誇るユニット。
 重装甲ながら基礎回避も本作最高クラスに属する。
 最大回避81。

 キュベレイMk-Ⅱ(回避機動、回避67NT)や、ヤクト・ドーガ☆に対して最大回避では劣っているものの
 HP装甲L盾、と耐久性能では勝る事から、任務ランクに複数が見られる他
 大規模任務でも活躍する。
※ただし第7期はキュベレイMk-Ⅱが回避+2され、更に+機がGT任務で配布。
 優位性はやや弱まっている。

■ファンネル級の通常武装
 νと並ぶ「最強のファンネル」を持つだけでなく
 通常武器もキュベレイMk-Ⅱファンネルと同等(威力命中-1)の域に達している。
 ただ「最大威力・最大命中・ファンネル連射」で上回る余地を持つヤクト・ドーガ☆があるので
 パーツが充実した部隊ほど使わない傾向があるようだ。

 ヤクト☆とは通常武器比で威力+4命中+5、特殊は威力+8命中+5。

14.ヤクト・ドーガ

イメージ 4

イメージ 5

 形式MSN-03。NT専用の試作重モビルスーツ
 ギラ・ドーガを全面改装し、「ファンネル搭載と運動性の両立」を狙って開発された。
 所期の要求水準には達しなかったものの戦闘能力は非常に高く、第2次ネオジオン軍の中核を担った。

武装命中(推定)
 Bアサルトライフル……命中57-62
 メガ粒子砲   ……命中57-57
 ファンネル   ……命中64-64-64-64

■任務主力機
 前期比性能据え置き。
 一般機としては規格外レベルのHP、装甲、回避にNT対応を加えた屈指のモビルスーツ
 壁・射撃どちらの用途でも本作最高位に位置する。
 最大回避84。

 第7期改訂またはノウハウの蓄積によってか、今期ではVP壁にも活躍した。
 VP、MP、総合、大規模、あらゆる用途をこなす主力機。

■従来機を完全に超越する
 技術14・高修理扱いによって基本値が抜群に高く、パーツ2個装備の柔軟性も兼ねる。
 基礎性能はサザビー等の制限機に劣るも、最大威力・最大命中で勝り
 パーツによってはファンネルの連射も可能となっているなど
 サザビーをも上回りうるポテンシャルを秘める。