GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ネオ・ジオン軍 技術Lv13(第7期)

 各クール時のデータはこちら

技術レベル13/第11作戦 地球降下作戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)、ドーベンウルフと量産キュベレイの「先行開発」が可能となる。
ゲーマルク     ……搭載23、30800(制限機)
※ザクⅢ改       ……搭載20、25900(制限機)
 ドーベン・ウルフ……搭載22、13200/15200
 量産型キュベレイ……搭載21、14100/16200

■第12週サイド3制圧作戦TMP褒章機
 ゲーマルク+、ザクⅢ改+

ネオ・ジオン技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

13.ゲーマルク(制限機)

イメージ 1

イメージ 7

 AMX-015。NT専用の攻撃型重モビルスーツ
 長射程化したマザー・ファンネルと、多数のメガ粒子砲を持つ典型的な第四世代機。
 Mファンネルの稼動には高出力サイコミュが必須となり、搭乗者を選ぶ反面、絶大な戦闘力を有した。

武装命中(推定)
 三連装メガ粒子砲……命中51-56
 ハイ・メガ粒子砲……命中60-60
 ファンネル     ……命中62-67-67-67※射線無視特性有り。

サザビーに匹敵する下位互換射撃機
 第5期実装。外観通り耐久性と火力が高い遠距離砲撃用制限機。
 サザビー比の射撃能力は、搭載±0、通常武器・特殊武器共に威力±0命中-2。
 第7期修正によって性能差は縮んだ。射程1-2が命中-2、他全武装が命中+2され遠射撃力アップ。

 1技術登場が早いが、壁性能は低く、射撃性能下位互換など「一週早い登場」のが利点。
 実装当初の印象もあってかサザビーほど普及はしない。

■基礎値の高さが利点
 典型的な終盤制限機で、基礎値は高いものの「パーツ2個」のヤクトドーガ☆に対し使い勝手で劣る。
 通常武器がキュベレイⅡファンネル並み(威力-1命中-3)など射撃性能は抜群だが
 最大威力・最大命中・特殊連射などはヤクト☆が勝る。

 基礎値の高さを評価するPC、或いは基礎値が重要な「パーツ数が少ない」PCに向いた機体。

■+機体
 第12週TMP褒章機で配布。
 搭載24もあるが、通常・特殊共に相応強化を施されたことで「価値ある機体」となった。
 サザビーを丸々上回る射撃能力を持つ怪物的な制限機。

13.ザクⅢ改

イメージ 2

イメージ 8

 AMX-011S。高機動戦オプション換装形態。
 ザクⅢ量産が見送られ、宙に浮いていた専用オプション装備を騎士用カスタマイズ機に用いたもの。
 実機は強化人間用1機のみ。同機はバイオセンサーが搭載機だったとする資料もある。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中56-61
 ビーム・キャノンー……命中56-56

■軽搭載な高回避制限機
 第6クール実装。軽搭載と移動4が魅力。
 搭載20としては優れた性能で、低搭載or制限機3機積みなど搭載をフルに使う部隊で活用される。
 任務向きの壁性能、低搭載、いずれもレベルが立ち遅れがちな任務部隊に適しており
 ランクボード上に若干数が見られる。

 ヤクトドーガ☆(搭載23)を三機積むだけならまだしも
 更に熱核(AP+2)などの搭載+1パーツを併用する際には強力な選択肢になってくる低コスト壁機体。
 とはいえそこまでする(できる)PCは少ないのか、ランク上には殆ど見られない。

 同時期最強の~と言った類ではない「搭載比が良好な制限機」であり単機としては中途半端。
 任務戦闘でこそ活用できる類の機体と言える。

■+機体
 第12週にTMP褒章機として配布。
 S盾である事以外はサザビーに近い壁性能を持つ。
 搭載21最強クラスの性能といって間違いないが、搭載の軽さを活かせないとありがたみが弱い。 

13.ドーベン・ウルフ

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-014。ネオジオンの一般兵用サイコミュ搭載機。
 連邦NT研の量産サイコガンダム試作機「ガンダムMk-Ⅴ」を接収し、量産機として改修した第4世代機。
 制式採用機となったものの、内乱に際し全機がグレミー派に奪取された。 
 
武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中53-58
 メガ・ランチャー……命中53-53
 インコム      ……命中56-56-56 ※近・中射撃パイロットのみ使用

■回避機動一般機のハイエンド
 制限機並みのHPと装甲を備えた回避機動一般機。
 VPの高コスト回避機動壁に活躍する他、通常武器を買ってMPにも射撃として活用される。
 ノウハウ蓄積と第7期修正によりVP壁として再活躍したが、搭載と回避がネックとなり1位は逃した。
 第7期性能修正無し。

 回避こそ若干低い(ZⅡ比で-3)もののHPと装甲は制限機並みに達しているのが特徴。
 修理も軽く、VP壁としての総合性能は非常に高い。

■平均点の高い遠射撃
 威力・命中共に高く「切払い×」の遠射撃性能が魅力。
 ヤクト・ドーガの同搭載同移動下位互換のため、重修理射撃としては1週のみの寿命に留まる。

 ファンネルのような突出した性能ではないが、安定した平均火力の高さが魅力。
 量産キュベレイ・ファンネル比は、搭載-1威力+1命中-7。
 連射可能なのが最大の利点。

13.量産型キュベレイ

イメージ 5

イメージ 6

 AMX-004G。キュベレイの再設計機。
 ファンネル搭載数を倍化し、バランサー兼用のキャノンを追加装備。砲撃戦志向で再設計されている。
 グレミー麾下が人口NT兵士と共に製造し、アクシズ内乱において投入した。

武装命中(推定)
 ビーム・ガン    ……命中53-58
 アクティブカノン……命中53-53
 ファンネル  ……命中55-60-60-60

■汎用性の高い高修理機
 武装にもNT対応を備えた初のフルスペック一般機。
 高いHPと装甲に回避とNT補正を持ち、一般・回避機動では同時期最高位の性能を持つが高修理。
 HP+7修理-7、武装は上から威力+3、威力+1、威力+2、威力+2され、火力向上。

■一般機トップレベルの命中
 主に射撃機として任務や大規模で活用される。
 修理こそ高いもののファンネルの命中が群を抜く上に通常武装の威力と命中も高い。
 
 ヤクトと並ぶ「パーツ2個装備可能なファンネル搭載機」なので
 パーツ次第では文字通りファンネルを連射する事が可能となるのは大きい。
 ヤクトの完全下位だが搭載は被らないのが魅力。