GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ネオ・ジオン軍 技術Lv12(第7期)

 各クールでのデータはこちら

技術レベル12/第10作戦 グリプス宙域攻防戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)技術12に上昇。全機体通常開発可能となる。
 ガ・ゾウムMS   ……搭載18、10400/11900
 ガ・ゾウムMA(可変)
キュベレイMk-Ⅱ……搭載21、28100(制限機)
 ザクⅢ      ……搭載20、11500/13200
 ジャムル・フィン ……搭載19、11000/12700※第7クール実装

■第11週地球降下作戦TMP褒章機
 キュベレイMk-Ⅱ+

ネオ・ジオン技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

12.ガ・ゾウム

イメージ 1

イメージ 2

 AMX-008。ネオジオンの宇宙戦闘用第三世代機。
 モビルアーマー形態を主にしていたガザ系を見直し、モビルスーツ形態重視として再設計した機体。
 主に小隊長クラスに配備され、ガザ系を率いる中核として機能した。

武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-56
 ミサイル・ランチャー……命中47-47

■本作最後の移動2MS
 移動2MS最後発に属する高性能機。
 第7期修正によって、修理+9、HP+19回避-1、各武装がそれぞれ威力+3、+2、+2された。
 移動2というだけでは使いにくいが、可変で移動4になる事から機体自体の需要はそれなりに高い。
 主にモビルアーマー形態で使用される。

■尉官等に
 移動2なので隊長壁・射撃には向かない。
 回避装甲が比較的高く移動2な為か、尉官クラスの4機編成部下壁などに姿が見られる。
※移動2=敵との接触機会が減る。

 カスタム編成実装前の第3-4クールは「5機編成の中距離(射程2)」担当が必須だった為
 陣営問わず異様なまでに活躍したが、カスタム実装に伴い主力から降りた。

12.ガ・ゾウム(MA)

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-008。ガ・ゾウムモビルアーマー形態。
 砲撃戦形態だったC型やD型と違い、巡航性能重視の形態となっている。
 サイコミュ・格闘能力のいずれも持たない事から、MAというより宇宙戦闘艇に近い機体となった。
 
武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-57
 ミサイル・ランチャー……命中48-48

■移動4宇宙が魅力
 VP部隊の射撃機に用いられる機体。
 第7期修正で修理45となりVP採用は激減した。
 第11週ではそこそこ姿が見られるが、ギラ・ドーガが配備開始する第12週ではほぼ退役する。
 高い射撃能力、修理36-43☆機並み修理、宇宙移動4、エゥーゴ所属でも買える「市販品」なのが特徴。

 第3-6期では修理36だった為、両軍通して終戦間際までVPに使える桁違いの高性能機だったが
 第7期修正によって(連邦の)百式改量産型並みの立ち位置となった。
 代わりにアクシズ製修理36のズサが存在感を増している。

12.キュベレイMk-Ⅱ

イメージ 5

イメージ 6

 AMX-004-2。試作1号機のマイナーチェンジ機。
 腕部サーベル兼ビームガン等が改良され、人口NT兵士用としてグレミー・トト麾下で用いられた。

武装命中(推定)
 ビーム・ガン……命中56-61-61
 ファンネル  ……命中58-63-63-63

■回避機動フラッグシップ
 改良型キュベレイ。と言っても元スペックが規格外な上に地味かつ強力な修正が実施されており
 市販機ながらジ・O+同値の回避と、ZのAPハイメガを完全に越えた新ファンネルを持つ。
 制限機なのでパーツは1個だが、市販搭載21屈指の基礎性能を有し
 パーツ不足のMPや、大規模任務にて活躍する。

 第7期では更に回避先制が+2された。
 射撃機目的かつパーツが豊富な部隊であれば量産キュベレイドーベンウルフの☆機が重視されるが
 耐久性が高いことから第11週大規模戦での壁採用が多い。

■+機体
 第11週終了後、及び第7期12週目GT任務にて配布。
 第7期修正で回避が更に増し、搭載23サザビー(HP336装甲32盾回避67NT)に匹敵する壁性能に至った。
 ファンネルも威力-1命中-2と搭載比では決して劣らず、通常射程3を考慮しても強力。
 耐久性と回避機動を利して主に壁として用いられる。

12.ザクⅢ

イメージ 7

イメージ 8

 AMX-011。アクシズ最後発の汎用機。
 正統なザクⅡの後継として性能・汎用性を重視した第2世代機として誕生した。
 汎用性に優れるも単機性能ではドーベンウルフに及ばず、制式採用から外れ少数生産に留まった。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中56-56
 ビーム・キャノン……命中53-53

■☆射撃として活用される
 第5期修正で高搭載化、第7期修正で修理44化。
 第7期修正では修理+8、装甲+1先制+1回避+2、HP-3盾装甲-1、武装威力全般が向上。

 旧クールでは修理36切払い×と搭載を活かし、陣営問わずVPで最終週まで活用可能な高性能機だったが
 高修理化と弱集中消滅に伴いVPでの役割を終えたようだ。
 射撃性能を活かしてMPで若干数が見られた。

■連邦視点の前期比
 ジャムルフ、量産キュベレイドーベンウルフ、ヤクトドーガなどなど、切払い×射程4高修理射撃が
 ネオジオン期ではズラりと揃うので、第7期修正によって埋没してしまった感は否めない。
 しかしガ・ゾウムと共に「連邦でも必須」となってしまった旧クールを思うと
 鹵獲の面倒さから「連邦には嬉しい修正」と正直に感じる。

12.ジャムル・フィンMS

イメージ 9

イメージ 10

 AMA-01X。アクシズ製可変モビルアーマー
 ビグザム級試作MAの胴体を急遽転用した機体とされ、特異な外観を持つ。
 そのため通常型MSと大差ない全高ながら、2~3倍近い大出力な反応炉を搭載している。

武装命中(推定)
 ビーム砲       ……命中52-57
 ハイメガキャノン……命中52-52

■次世代VP中継ぎ壁
 第7期実装。格闘を除き、第7~10週にかけて活躍した「リゲルグ」を丸々上回る性能を持つVP壁。
 射撃としてはMA形態の完全下位互換となる。
 第11週VPにて活躍した。

 HPと装甲でリゲルグを上回るが搭載が1高い。同時期はズサを利用した射撃*4編成が主流のため
 搭載+1がネックとなったが、最終的には上位ほぼ全員で採用されている。
 続く第11週では同等の回避を持つギラ・ドーガにより駆逐された。
※陣営違いにより高狙い*2、低狙い*2の事情は未確認。

12.ジャムル・フィンMA

イメージ 11

イメージ 12

 AMA-01Xの高機動・巡航形態。
 巨大な機体容量を活かし、推進力と航続距離に優れる。
 更に長期活動用装備「メガ・ファイター」等を持ち、オプション次第では惑星間航行すら可能となる。

武装命中(推定)
 ビーム砲       ……命中52-57
 ハイメガキャノン……命中52-52

■優れた搭載比を持つ射撃機
 第7期実装。回避が低下し先制と移動が向上した射撃向けの形態。
 壁性能がそこそこな分、射撃としては搭載22並みの性能(ZⅡMA比で搭載-2威力命中-1)を持つ。
 修理もそこそこなのでVPにも多用された。

 第11週作戦中ランキングではあまり姿は見られず、量産キュベレイとドーベンが席巻。
 翌週以後も搭載23ヤクト☆が主軸となるので「搭載合わせ」にも微妙と、あまり姿は見られなかった。
 第11週作戦前競合は「アーガマとの距離が遠い」ので活躍したのかもしれない。

 MPでは主にMS壁で用いられ、VPでは壁射撃両用で用いられた。
 派手ではないが自分の立ち位置を持った機体。