GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

地球連邦軍後期 技術Lv13(第7期)

 各クールでのデータはこちら

技術レベル12/第10作戦 グリプス宙域攻防戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)、ZⅡが「先行開発」が可能となる。
※Sガンダム        ……搭載22、27800(2750/制限機)
 ZⅡ-MS           ……搭載21、11900/13700(2150/800)
 ZⅡ-MA(可変)
※フルアーマーZZガンダム……搭載23、31900(2850/制限機/FAシステム機)

■第12週サイド3制圧作戦TMP褒章機
 1-10位……フルアーマーZZガンダム+
 1-30位……Sガンダム+
 1-100位……フルアーマーZZガンダム+

地球連邦軍後期技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

13.Sガンダム

イメージ 1

イメージ 7

 開発基本ポイント:2750
 技術12.ZZガンダムを開発済みなら開発基本-10%。

 MSA-0011。Z計画ι[イオタ]の標準形態。
 ZZと並行し「究極のガンダム」を目指した機体。ユニット・オプション化を進めた換装機構を持つ。
 ユニット換装によって機能を特化・拡張する事で、あらゆる局面に対応する。
 とある事情から制式採用に至らず、3機のみが建造された。
 
■推定命中
 ビームカノン……命中58-63
 スマートガン……命中60-60
 インコムAP  ……命中61-61-61
※インコムは射線無視特性アリ。
 設定「近」「中」で使用する。「遠」では射程4武器が優先されるため基本的に使用されない。

■高バランスなガンダムタイプ
 第5クールで実装された「スペリオル・ガンダム」。
 ジ・O比で、HP+18装甲-2、回避同等(ジ・Oは回避64NT)と壁性能で見るとやや見劣りする感はある。
 ジ・O(同+)、バイアラン+がチーム倉庫にあるなら壁にはそちらがお勧め。
 最大回避は77。

 基本、射撃機として活用される。
 比較的搭載が軽いので、同時期解禁のリ・ガズィBWS☆(搭載24)との搭載合わせ等にも有用。

 通常武器で「キュベレイⅠのファンネルとほぼ同等(威力+1命中-1)」かつ連射可能なのが強み。
 搭載が比較的軽く、安定した威力・命中のバランスを持っている。
 特に射撃パーツが不足気味ならお勧め。

■バリエーション
 パーツ換装を売りとする機体。推力を最大強化したBst、巡航可変可能となる重装形態Ex-S
 そして推力・火力・索敵能力が怪物化したDEEP STRIKER等が代表的な換装形態。
 いずれも異なる特性を持ち、実装が期待される。

■+褒賞機体
 第12週で30機限定配布されるレア機体。
 νファンネル比で威力-3命中-6の通常武器を持つ。実弾メインのνよりも安定した攻撃力が強み。
 回避機動制限機壁でも強力だが、ジ・O+との性能差は殆どないが特に最大HPが高い。
 ジ・O+は回避67NT、性能比は搭載+1HP+20装甲-3。
 最大回避80(ジ・O+と同値)。

13.ZⅡ/MS

イメージ 2

イメージ 3

 開発基本ポイント:2150
 改良基本ポイント:800
 本機開発済みなら、技術14リ・ガズィ及びリ・ガズィBWSの開発改良基本-10%。

 MSZ-008。量産型Zガンダムの一つ。
 可変機構を持つ量産機として計画された宇宙戦闘用モビルスーツ
 構造をメタスと折衷する事で生産・整備・操縦性を改善したが、ZZ開発が優先され量産は中止された。
 
■推定命中
 メガ・ビームライフル……命中53-58-53

■VP部隊主力壁
 第7期修正では☆比で回避装甲+1、遠射撃威力-5命中+5修正された。最大回避83+回避機動。
 高回避とHPを活かし、第11週VP部隊主力壁として活躍する。
 MA時より回避が高い壁向け形態。

 射撃性能はMA形態の完全下位互換。
 数値変化無し、地形補正なし、移動も短く「地上で使える」以外に利点は全くない。
 地上射撃としてはパラス・アテネの通常武器と互角(威力-2命中+2)程度。
 切り払い差はあるものの、FAZZと威力-14命中+3の差も大きい。

13.ZⅡ/MA形態

イメージ 4

イメージ 5

 ZⅡを購入後、編成時に「可変」させる事で配備可能。

 MSZ-008。ZⅡの宇宙巡航形態。
 モビルスーツとサブフライトシステムが単独で完結する事から戦略上の柔軟性が高い。
 一説には若干数が生産され特殊部隊に用いられたとされる。

■推定命中
 メガ・ビームライフル……命中53-58-58

■高機能な射撃形態
 第7クール修正は装甲回避+1、遠威力-5命中+5。
 バウンドドック通常武器比で威力±0命中命中+2射程+1、特殊武器比で威力-8命中+4。
 ZプラスC型比では、搭載+1威力-3命中+7。
 最大回避79+地形補正+回避機動。

 最新世代高コスト機の割に「旧世代機と一長一短」な面が大きい微妙な機体。
 搭載22ではやや微妙。どのくらい微妙かと言うと搭載-2のジャムル・フィンと射撃性能がほぼ同じ。
 壁としての性能が高いので仕方ないところか。

 命中と移動を重視するプレイヤー向け。

13.フルアーマーZZガンダム/制限機

イメージ 6

イメージ 8

 基礎開発:2850
 技術12.ZZガンダムを開発済みなら必要ポイント-25%
 本機を開発済みなら、技術14νガンダム開発時に必要ポイント-10%

 FA-010S。ZZの重装形態。
 全性能を向上させた重装形態。特に運動性を犠牲にしないよう本体開発と並行して入念に調整された。
 本体もアップデートされたS型となり、より大型のパックパックに換装されている。

武装命中(推定)
 ダブルビームライフル……命中58-63
 ミサイル・ランチャー……命中54-54
 ハイメガ・キャノン  ……命中58-58-58

■最終最後のフルアーマー制限機
 第7クール修正、通常武器威力+1、特殊威力-4命中+1AP-2.
 ZZベースのFA機。被弾時に一定確率でパージし「フルアーマーZZ(中身)」となる。
 パージ後は搭載は変化しないが、ビームコート消滅、可動盾に変化など、機体性能はZZ準拠に変更され
 機体と画面上アイコンも変更される。
 最大回避70+回避機動。
 パージ後は可動盾。

 リ・ガズィBWS☆を強狙いからカバー可能。
 カタログ値は高く、上手く機能すれば回避機動とビームコートによる無敵の壁となる。
 壁にするなら回避機動と盾の両スキルをセットしておきたい。

■パージが曲者
 パージすると盾壁・ビームコート消去と、利点がそのまま失われてしまうのが微妙なところ。
 回避値も一世代前相当(アクトザク以下)なので、避け続ける事はあまり期待できない。
 高いカタログスペックもあって評価は人により異なる。

■気分屋の射撃機
 パージ前後でも武装ラインナップは変わらない。
 狙われやすいが、パージによってダメージを吸収できるのは大きな利点。

■+機体
 12週で110機が配布される最後の普及タイプ+機体。
 最大回避76と高く、上手くハマれば盾として圧倒的な強さを発揮する(パージすると最大回避77+盾)。
 パージで回避機動とビームコートを失い低回避化する弱点がどうしても痛いが
 HPと搭載を活かし、BWSをカバーできるのが一番の強みで
 本作最大の初期HPと搭載を誇る。