GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

地球連邦軍後期 技術Lv12(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術レベル12/第10作戦 グリプス宙域攻防戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)、全機体が通常開発可能となる。
 FAZZ        ……搭載22、12900/14800(2200/800)※第7クール実装
ZZガンダム  ……搭載22、28400(2800/制限機/可変機)
 Gフォートレス(可変)
 ディジェSE-R……搭載20、11500/13200(2100/750)
 百式改量産型……搭載18、9000/10300(1900/700)

■第11週地球侵攻作戦TMP褒章機
 1-10位……ZZガンダム+
 1-30位……ZZガンダム+
 1-100位……ZZガンダム+

地球連邦軍後期技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら。

12.FAZZ<ファッツ>

イメージ 1

イメージ 2

 基本開発ポイント:2200
 基本改良ポイント:800
 本機を開発済みなら技術13フルアーマーZZ開発時に基本ポイント-25%。

 FA-010-A。試作ZZガンダムの一つ。
 フルアーマーZZの試作機で、バランスを図るべく基本性能と重量バランスは同等に作られた。
 本来はテスト機のため可変機構と頭部・腹部の内蔵ハイメガは省略され増加装甲も固定されている。

■推定命中
 W・ビームライフル……命中50-55
 ミサイルランチャー……命中50-50
 ハイパーメガカノン……命中57-57-57

■支援砲撃専用ZZ
 第7期実装。最大回避71。
 原作通り「遠射撃に性能を絞り込みパージ機能を持たないフルアーマーZZ」として実装。
 携行ハイパーカノンも低APで扱いやすく、リ・ガズィBWSを縮小したような射撃性能を持っている。
 搭載は応分の性能に跳ね返るとして、「実弾」の通常武器が最大のネック。
 精鋭兵(競合)ですら切り払われるのが痛い。

■搭載23随一の威力を誇る
 ゼク・ツヴァイ☆(搭載23)比で威力+5命中+4、移動+1、APハイメガ持ち(通常武器きり払い)。
 ZⅡ☆(搭載22)比に至っては、宇宙で威力+14命中-6と圧倒的威力を誇る。
 なお参考までにスナイパーⅡとツヴァイでようやく威力16差。

 圧倒的とも言える火力への評価が高く
 翌週にはリ・ガズィBWSが解禁されるものの、BWS☆より搭載1軽く出番は長そうだ。

 とはいえどうしても「切り払い」が付きまとうので、人によってはツヴァイが重視されている。
 また同時期の競合は「後方の敵戦艦撃破まで続く」広範囲移動が必要となるので
 移動3もネックとなってしまう。

■設定上の強さとゲーム上の強さ
 内乱鎮圧の為「ガンダム系の複数投入」による恫喝を目的として実戦投入された。
 ZZ同等の高い性能を持つが、本来はテスト機なので主兵装が省略され実戦的な機体ではない。
 大型携行メガ砲で火力は解決したが機動性が犠牲になり、性能に比して「ハリボテ」だと酷評された。
 火力は抜群に高い機体なので、壁・射撃に切り分け出来るゲームシステム上は強い。

12.ZZガンダム/制限機

イメージ 3

イメージ 9

 基本開発ポイント:2800
 本機開発済みなら、技術13フルアーマーZZ開発時に基本ポイント-25%。
 及び技術13.Sガンダム、技術14.νガンダムの開発時に基本ポイント-10%の割引が適用される。

 MSZ-010。Z計画の第6番「θ」ガンダム
 モビルスーツサイズに火力・機動性・追従性・展開能力を持たせた傑作機。
 単体の移動力を追求したZに対し、本機では単体の能力を最大限に高めた決戦兵器的な機体となった。
  
■推定命中
 W・ビームライフル……命中56-61
 ミサイルランチャー……命中5
 ハイメガ・キャノン……命中55-55-55

Zガンダム上位互換機
 第7期よりL盾化。回避先制+1、盾装甲-1。
 通常武器威力+1命中-1、特殊ハイメガはAP-2され威力-4となった。
 L盾、ハイメガ発動率アップと、前期より使い勝手を向上させる修正が施されている。

 市販の盾スキル壁としてZを上回る性能。最大回避74.
 褒章機のZガンダム+(回避-4)には及ばないが、市販の盾スキル制限機として同時期最強を誇る。
 盾Sの弱点も克服され、高い耐久性をより活かしやすくなった。
 同時期機体としては低回避過ぎるのがネック。

 射撃としても「ハイメガキャノン」が非常に優秀。
 切り払われるものの通常武器も優秀で、数値上「ZガンダムWRの特殊ハイメガランチャー」とほぼ互角の
 威力、命中となっている(威力+1命中-1)。
 切り払いがどうにも痛い。

■気分屋な射撃機
 規格外の高性能ながら高APすぎて連射できないハイ・メガ・キャノンが最大の特徴。
 必要APがダントツに高い上、パーツ2個付けも出来ず使い勝手は最悪だが
 威力・命中共に最高クラスの性能を持つ。

■第11週TMP配布機
 第11週TMP1-10、1-30、1-100位配布。更に第12週GT任務でも配布された。
 高回避・重装甲・可動盾と、第11週時点の「連邦・盾スキル壁制限機」として最強の性能を有しており
 ジェガンリ・ガズィMS壁使いによる大規模戦機にも向いている。
 ν比は回避-5盾装甲-2、HP+48装甲+3。

12.Gフォートレス(ZZガンダムMA)/制限機

イメージ 4

イメージ 10

 編成画面にて、ZZガンダムを「変形」させる事で配備可能。

 MSZ-010、ZZの重爆撃機形態。
 一年戦争期の「Gアーマー」をリファインした形態。
 大気圏突入はできないものの、火力と長距離の巡航能力に優れている。

■推定命中
 W・ビームライフル……命中57-62
 ミサイルランチャー……命中53-53.

■高い移動能力を誇る爆撃機
 高移動、回避機動壁、射撃戦オンリーに性能変更。
 NT補正回避はバイアラン(回避65)並みとそれなりに高いが、基本的に遠射撃機として使用される。
 第7期修正では先制回避+2、遠威力+1された。

 最大回避73+回避機動。
 ハイメガがなくなり、移動+1と通常武器が命中+2アップ。
 前述のように(切り払われる以外は)「Zガンダムの特殊ハイメガとほぼ同等の通常武器」を持つ。
 通常武器性能アップ、移動4により使い勝手で勝る射撃形態。
 パーツ環境次第では同搭載のZⅡ☆より扱い易い。

 ハイメガキャノンへの評価が機体評価に直結する。
 また実弾オンリーなので、第12週アクシズ競合(対iフィールド戦)でも戦力となる。

■褒章機可変
 長移動と対アクシズ競合が利点の射撃機。
 フィン・ファンネルとほぼ同威力の通常武器を持っているのも特徴(切り払い○/威力-1命中-13)。

12.ディジェSE-R

イメージ 5

イメージ 6

 基本開発ポイント:2100
 基本改良ポイント:750

 SE.DJ-1R。重量や全高など外観的なスペック以外は全て不明。
 ディジェベースなものの内部的には完全に別物で、桁違いの性能を有するとされる。
 名称と外観から「SEシステム」搭載機ともされるが、本作においては非搭載状態の性能に留まる。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中51-56
 クレイ・バズーカ……命中49-49

■高威力長射程の実弾機
 次世代搭載21☆機。第7クールに再び搭載20-21に差し戻された。
 実装当時とほぼ同じ機体性能に差し戻されたが、遠威力+6命中+2と射撃性能は上がっている。

 移動が長く搭載が軽いのが一番の利点。
 プレイヤーの高搭載化、ツヴァイやFAZZなど重搭載機の実装に伴い、軽射撃として扱いやすくなった。

■*2か? *3か?
 壁性能は相変わらず残念の一言。最大回避は78。
 射撃命中もあまり高くなく、しかも切り払われるなど命中精度には難があるものの威力は高い。
 *2なので比較しがたいが、威力80*3級に匹敵するダメージを叩き出す事も。

 *2なので一撃の威力が伸び易い、*3より攻撃判定が少なく当たりにくい、と評価は人により分かれる。
 何にせよ第12週のアクシズ競合(対iフィールド)でも活用できるので
 一機仕入れておいて損はない(多分)。

■SEシステム機
 外伝作品「タイラント・ソード」に起因する機体。
 根幹にある「SEシステム」の性能が規格外の為、完全な性能でゲームに実装されることはほぼ無い。
 詳細は「タイラント・ソード」で検索されたし(ただし本機自体はタイラント出展ではない)。

12.百式改量産型

イメージ 7

イメージ 8

 基本開発ポイント:1900
 基本改良ポイント:700
 本機を開発済みの場合、技術14ジェガン開発と改良時に基本ポイント-10%。

 MSR-100Sエゥーゴ攻撃型モビルスーツ計画機。
 設計を整理し、部品や増加装備ラッチを共通規格に変更し運用性を高めている。
 巨大な頭部は電子機器の集合体であり、通常型MSよりも索敵・通信能力が高くなっている。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中51-56
 クレイ・バズーカ……命中49-49

■最終世代修理36機
 第7期修正は通常機で遠威力+2、☆で回避-1、威力+3。
 第7期ではガ・ゾウム、ザクⅢが修理40オーバーに修正された為、修理36として希少性が上がった。
 壁性能はバーザムと同程度なので、主にVP総合部隊の射撃として活用される。
 最後の市販搭載18修理36射撃機。
 最大回避78+回避機動。

 汎用移動3実弾*2と、性能は標準的。
 高搭載に応じて性能は高く、壁・射撃*3・低搭載機、によるスタンダードな遅延編成で好まれている他
 射撃*4編成でも混成すると扱い易い。総じて「ズサ」ほどの編成しやすさはないものの
 入手が容易な市販機体なのが一番の利点。

 ☆については修理がガ・ゾウムやジャムル・フィンと変わらないので
 それほど好まれないようだ。