GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アクシズ 技術Lv11(第7期)

 前クールでのデータはこちら

技術Lv11/第9作戦終了後に上昇

■第8週ホンコン終了後(56日目)、Rジャジャとハンマハンマを除き先行開発が可能となる。
R・ジャジャ    ……搭載19、22700(制限機)
 カプール     ……搭載16、8100/9300※第7クール実装
 ズサ       ……搭載17、8700/10000
 バウ       ……搭載20、10200/11700
ハンマ・ハンマ……搭載21、24600(制限機)

■第10週グリプスⅡ争奪戦TMP褒章機
 R・ジャジャ+、ハンマ・ハンマ・ハンマ+

アクシズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

11.R・ジャジャ

イメージ 1

イメージ 9

 AMX-104。騎士専用のカスタマイズ機。
 制式化に漏れた白兵専用機をカスタム化した機体で、騎士(士官)級に配備された。
 ギャンの発展機で、盾ではなく肩部にニードルミサイルを内装し、盾自体も可動肢で肩に接続された。

武装命中(推定)
 銃剣ビームライフル……命中57-62
 ミサイル・ポッド  ……命中52-47

■軽搭載、非NTが強み
 第6クール実装の高回避制限機。
 第7期修正により、回避-1、遠射撃威力+2修正された。
 第7修正で、キュベレイが回避68(65NT)に修正された事もありメリットは弱まってしまったが
 搭載の軽さ、「高ランク回避パーツがなく、高ランクNTパーツだけ持っているPC」などには扱い易い。

 これを壁にすればキュベレイを2機とも射撃に回せることもあり
 任務ランク上は比較的姿を見ることが出来る。

11.カプール

イメージ 2

イメージ 3

 AMX-109。地球侵攻用の試作機。
 旧公国機に第2世代機の技術を投下し「第2世代水陸両用機」とも呼べるカタログスペックに達した。
 しかし机上設計のみで作られた事から現場では敬遠され、鹵獲機が重用された。

武装命中(推定)
 ミサイルランチャー……命中41-46-46
 ソニック・ブラスト……命中48-53-53

■最軽量のVP射撃機
 第7期実装。スペック上は軽修理射撃としてグリプス期屈指の射撃性能を誇る。
 ズサ等の修理36機より更に3修理軽く、最大VPが高いのが最大の利点。
 搭載16修理33としては最高位の射撃性能も持っている。

 同時により優れた射撃力を持つ「ズサ」が登場するのが一番の難点。
 同時期よりVPではモビルアーマー系射撃機が重視される事もあり、どうしても埋没してしまうようだ。
 ある意味原作通りとも言える立ち位置のVP機。

11.ズサ

イメージ 4

イメージ 5

 AMX-102。中距離攻撃用モビルスーツ
 白兵戦機との連携を前提とする中距離支援機機であり、全身に大量の実体弾を内蔵する機動爆撃機
 背部ブースターパックは単体で運用可能で、特攻に用いる例もあったとされる。

■推定命中
 ミサイル・ポッド  ……命中43-48-48
 ミサイル・ランチャ……命中45-50-50

グリプス最高の修理36
 第5クール実装のベストセラー射撃機。
 第7期は回避-1され、射撃威力+1、射撃命中+2された。
 実弾以外の射撃性能はほぼガブスレイMA同等と、高修理機並みの性能を実現した軽修理射撃機。
 汎用ながらモビルアーマー系に近い機体性能を有する。

 5機編成する場合、VPじゃなくても選択肢となる高性能な機体。
 VPでは搭載に応じガザDと組み合わせつつ活用される。

 本作最後に発売される搭載17なのでグリプス後も搭載に応じて長く使える。
 特に「鹵獲機=ノーマル機でも最前線VPで一線を張れる」点は、優秀さを端的に表していると言える。

11.バウ(量産カラー)

イメージ 6

イメージ 7

 AMX-107。分離可変機構を有する第三世代機。
 生産性に由来するガザ系とは異なる、機体性能を重視した本格的な可変モビルスーツである。
 地球圏の第三世代機に対抗すべく開発された。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中49-54
 メガ粒子砲    ……命中49-44

アクシズの任務主力一般機
 第7期では修理36から44に修正され「中修理、任務屋射撃機」に立ち位置が変わった。
 修理増加に伴いHP+7、距離2威力+2、距離4威力+1に修正。
 主に☆射撃で任務部隊に活用される。

 パーツ2個付けの利点により、高い最大攻撃力を持たせられるのが一番の利点。
 キュベレイやハンマハンマに命中では劣るものの高い攻撃力を発揮しうる可能性を有する。
 もっとも☆修理51相応の射撃性能に留まっているので、射程4移動4命中53を誇るハンマ・ハンマの方が
 優先度は高いかもしれない。

■可変機構
 設定上の分離は「2機になる」という都合上からか、ZZ同様に実装されていない。
 また劇中の量産カラー機は「分離せずに可変」しているものの、設定画・設定名に難がある。
 仮に単機可変したとしても盾=射程4メガ砲がなくなってしまうので、再現してもブーイングされうる等
 色々問題が推察できる困った機体となっているようだ。

11.ハンマ・ハンマ

イメージ 8

イメージ 10

 AMX-103。一般兵用オールレンジ攻撃機の試験機。
 要の一般兵用サイコミュが完成に至らずオールレンジ攻撃の制御に難があり
 騎士専用カスタマイズ機として配備された。なお同コンセプトはドーベン・ウルフで完成に至っている。

武装命中(推定)
 三連装ビーム砲……命中53-58
 メガ粒子砲   ……命中53-53

■盾スキル壁&任務射撃機
 盾スキル、常時射程4、壁射撃どちらもキュベレイと異なる立ち位置を持つ制限機。
 第7期修正では移動+1回避+2先制+2、HP-12に修正された。
 主に任務部隊に活用される。

 盾スキル派にとってのアクシズ系最強壁。
 高搭載なものの応分に高性能で、Zガンダムに匹敵する壁性能を持つ。

■任務射撃
 射程4メガ砲はファンネル比で威力-4命中-8、ただし通常武器なら威力+7命中-1射程+1。
 移動4の利点も持ち、任務部隊にとって有力な選択肢となる。
 エルメスの「ビット」に匹敵する通常武器が強み。