GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アクシズ 技術Lv10(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv10/第8作戦終了後に上昇

■第7週ジャブロー降下終了後(49日目)、キュベレイを除き先行開発が可能となる。
 ガザD-MS   ……搭載15、6600/7600
 ガザD-MA(可変)
 ガルスJ   ……搭載17、7500/8600
キュベレイ……搭載20、25100(制限機)
 ドライセン……搭載18、9100/10500

■第9週アフリカ反攻作戦TMP褒賞機
 キュベレイ+

アクシズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

10.ガザD(MS)

イメージ 1

イメージ 2

 AMX-006。ガザCの後継機体。
 C型と生産ラインを共通化した生産性重視の性能向上機。
 グリプス戦役後に本格投入され、主に宇宙におけるコロニー宣撫作戦に活躍した。

武装命中
 ナックルバスター……命中48-53-48
 ミサイルランチャ……命中44-44

■搭載15以下修理36最優秀機体
 第2期実装。第3期修理反映と第4期改訂で必須機に昇格した。
 第7クールではHP+12、射程4威力+1と更なる性能強化修正が実施されたようだ。
 主にVP総合で、MA形態にして軽射撃機に活用される。

 MS形態は移動2が利点。
 性能上の利点もガザD-MSと同じだが、Cより搭載2高いので基本的に一長一短。

10.ガザD(MA)

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-006。ガザDの一撃離脱戦形態。
 C型と異なり、従来型MA並みの性能獲得を目指した文字通りのモビルアーマー形態。
 可変部の強度も補強され、メンテナンスの煩雑さも軽減されている。

武装命中
 ナックルバスター……命中49-54-49
 ミサイルランチャ……命中45-45

■搭載15以下修理36射撃機の最高位
 前期比で射程4威力+1、HP+12、回避-1修正。
 移動先制に優れた射撃形態。第8週では本機を4機射撃とするのがセオリー。

 修理36ながらMAらしい性能を持ち、搭載比の性能も非常に高いので*4射撃に向いている。
 次週は同系性能のズサが追加され下位互換となるが、搭載の軽さを活かしてその後も長く活用される。
 弱集中も消えたので扱いやすさは更に増した。

■高搭載機にも劣らぬ命中
 射程4明で地形補正もあるので、実際の距離4命中は汎用53級にも匹敵。
 ナリはこんなだが、命中はハンブラビMS以上、威力も同搭載修理46-53のハイザックカスタム以上など
 実弾ネックを差し引いても修理36では破格の性能を有する。

10.ガルスJ

イメージ 5

イメージ 6

 AMX-101。アクシズの地球侵攻用MS。
 ズサとの連携を前提に、白兵戦用機として作られた新鋭機。
 白兵戦・中距離戦に特化機体を運用するには生産人材いずれの負担も大きく本格量産は見送られた。

■推定命中
 フィンガーランチャー……命中47-52-47

アクシズ修理43壁の最高位
 第4クール実装の修理43回避機動機。
 第7期修正は武装威力+2。修理43回避60ながらHP装甲も高いまとまりの良いVP壁機体。
 ドライセン高修理化に伴いアクシズ最強の修理43壁となった。

 第7クールでは地形補正とHP+26勝るリゲルグ(☆修理54)が上を行く期間が非常に長く
 ドライセン同様に活躍し切れなかった印象が残るが、修理-11という大きな利点を抱えていることから
 以後のクールも期待される機体と言える。

10.キュベレイ

イメージ 7

イメージ 8

 AMX-004。アクシズのフラッグシップ機。
 エルメスの機能をモビルスーツサイズに纏め上げた次世代機。
 充電式にする事で小型化された「ファンネル」は、以後NT機における必須装備の一つとなっていった。

武装命中
 ビーム・ガン……命中54-59-54
 ファンネル  ……命中56-61-61-61
※ファンネルは「射線軸に別ユニットが居ても攻撃可能」の特性アリ。

■回避機動と命中のフラッグシップ
 最終回避68+回避機動+5。回避はZ比で+8、壁としてもバイアランの上を行く第9週最強の制限機。
 続く第10週では盾スキル向けのハンマ・ハンマがロールアウトするので
 回避機動向けとして第10週まで活躍する。
 第7期では更に回避+2された。

 通常武器は射程・威力共にそこそこに留まっているものの
 異常な命中を持つ特殊ファンネルを有し、更にアクシズは「高修理一般機射撃」がバウ止まりとあって
 射撃に2機入れた編成も珍しくない。

■ファンネル
 特筆すべきはファンネルで、有効命中61・射程4・威力83*3を兼ね備える。
 同時期最も優れた命中値を持つだけでなく、「距離4も明るい」ことから実際の命中は更に高い。
 Zのハイメガと比しても実に威力-2命中+9もの命中を誇る命中の怪物。
※距離4が「暗い」場合、額面より実効命中は5点下がる。

10.ドライセン

イメージ 9

イメージ 10

 AMX-009。アクシズの地球侵攻用MS。
 重力下では性能を活かせないガザ系に代わり地球侵攻用に開発された。
 性能のバランスが良かった事からネオジオンの標準機となり、地球撤退後も宇宙で主力となった。

■推定命中
 ビーム・キャノン……命中51-56-51
 トライ・ブレード……命中50-50-45

■高修理嗜好の主力壁
 第4クールで大幅強化修正され主力となったが、第7期では性能強化&修理アップでVP的に弱体化。
 最大回避75と高い最大値を持ち、装甲でも制限機を上回るが修理がネック。
 修理を問わない任務部隊などを中心に活用された。

 第7期修正は修理+9され、HP+7と武装威力命中が両方底上げされた。
 リゲルグ☆より修理2軽く装甲4高いが、回避-2と地形補正分だけ回避が下がってしまう。
 軽修理といってもガルスJよりは修理9重く、上位狙いは難しい。

 回避装甲共に抜群に高いのは確かなので、主に任務部隊など修理を問わない環境で活用されたようだ。