GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン共和国 技術Lv9(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv9/第7作戦終了後に上昇

■第6週「星の屑」終了後、42日目より「アクトザク」以外は先行開発が可能となる。
アクト・ザク……搭載17、20500(制限機)
 ガザC-MS    ……搭載13、5200/6000
 ガザC-MA(可変)
 リゲルグ   ……搭載18、8800/10100※第7クール実装

■第8週地上掃討作戦TMP褒章機
 アクト・ザク+配布

アクシズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時のデータはこちら

9.アクト・ザク/制限機

イメージ 1

イメージ 2

 MS-11。ペズン計画の実験機。
 マグネットコーティング実験機として設計され、戦後は連邦軍に接収された。
 連邦は改修の上で若干数を量産。オーガスタでギャプランの護衛を担った機体などが確認されている。
 
武装命中
 ビーム・ライフル……命中53-58-53

■回避65+回避機動
 性能修正なし。搭載17制限機では最強クラスの壁性能を誇る。
 代わりに修理がやや高めになっているが、元々制限機は高修理過ぎるのであまり影響はない。
 パーツが厳しい部隊の最前線壁、任務壁、大規模任務壁に活躍する。

 以前はキュベレイとほぼ同回避だったが、第7期修正でキュベレイが強化され回避-3差に広がった。
 同時期の中で回避性能が抜群に高く装甲も厚い優秀な壁制限機。
※例えば百式比なら回避+3装甲+2。

■+機体
 第8週TMPで140機配布され、続く第9週GT任務で配布された。
 高修理ながら「搭載18ながら搭載20キュベレイより若干高い壁性能を持つ」という破格の褒賞機体。
 搭載比はグリプス終了後も通用するレベルなので、低搭載部隊に回したい機体。

9.ガザC/MS

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-003。アクシズの主力量産機。
 作業機を改良した生産コスト最重視の量産機で、MA形態での集団砲撃戦が主戦術。
 アクシズは本機によって「モビルスーツの大量生産・運用能力を持つ」事をアピールしたとされる。

武装命中
 ナックル・バスター……武装命中37-42-37

■高回避な移動2低壁
 1部で5番機となる形態。少数が見られるが、移動2と搭載でボール上位互換になっていると思われる。
 S盾ながら低移動・高回避、サーベル持ちなどの利点を持つ。
 MA形態での採用が多くその姿はあまり見られない。

 第5クールで大幅修正され主力級に。
 第7クールではHP+12され、耐久性が向上した。
 基本的に「軽修理が売り」なので、VP総合をしない人には好まれない。

9.ガザC/MA※第5クール性能修正

イメージ 5

イメージ 6

■基本開発×
 ガザC(MS)を開発・購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。
 
 ガザC本来の姿とも呼ぶべき砲撃形態。
 砲撃に特化した事で操縦難度は低く、錬度と性能の不足を隠すべく集団戦闘を義務付けられている。
 集団による威圧行動をとるケースも多い。
 
■推定命中
 ビーム・ガン   ……命中48-53
 ナックルバスター……命中43-38
 
■砲撃戦用 
 搭載13級では優れた砲撃能力を誇る形態。
 修理、移動先制地形補正がメリットで、MS形態よりも採用は多い。
 第7クールでは「弱集中」が消えたため、隊長壁を務めることはなくなった。
 前期比でHP+12、回避-1に修正。

 ハイザックガザDと共に低搭載射撃を担う。
 基本「軽修理」が一番の利点なので、VP総合以外には好まれない。

9.リゲルグ

イメージ 7

イメージ 8

 MS-14J。ネオジオンの再生モビルスーツ
 キュベレイを参考にしたウィング・バインダーを持ち、全装甲から反応炉に至るまで全面改修された。
 性能は次世代機にも匹敵するレベルとなり、前線でも士官級に使用された。
 
■推定命中
 ビーム・ライフル   ……命中51-56-51
 グレネードランチャー……命中46-41

アクシズのベストセラー機
 第7期実装。三陣営問わずグリプス一般機最高の最大回避を有する。
 HP装甲も比較的高く修理も中庸、VP壁として第7-10週を通して常に一枚目に存在する破格の活躍。
 回避以外は修理・搭載相応で、最初から誰でも最前線で1位狙いを……ではないでしょうが
 使用期間、ランキング上の実績はグリプスMS随一と言えるでしょう。

 最大の特徴はグリプス期最高の最大回避(ZプラスA型同値)。
 また適応地形が宇宙の為、第9週以外は「性能が下がる地形」が実質存在しないという安定感の高さ
 宇宙機なので、同じく宇宙用のガザMAシリーズと組めるなど利点が多い。
 弱点はHPと装甲の脆弱さでしょうか。

 射撃威力も搭載19威力70*3と良好ですが、命中と「切り払い○」がネック。
 主に壁として使われましたが「高威力な☆射撃機」として任務ランクに用いる方もいらしたようです。
 同時期では最大攻撃力が最も高いというのが大きな利点。