GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

「あなたの帰還を歓迎しますよ…」 66日目

敵部隊、ゼダンの門への侵攻を開始

 第10作戦:グリプス宙域攻防戦
 侵攻側 :なし
 作戦結果:
 作戦地域:オーストレイリィア/L3宙域
 日時  :64日目~63日目(9/13~9/18)

 大規模任務「グリプスの戦いver7」
 シロッコin専用ジ・Oカミーユin専用Zガンダムハマーンin専用キュベレイ
※ゼダンの門競合に勝利した陣営はエース機がハイパー化する(勝利=競合後に誰も死ななかった陣営)。

■競合
 作戦前……サイド2攻撃任務/ティターンズ勝利
 作戦中……ゼダンの門防衛任務/※大規模最終戦を左右。
※作戦の流れについてはこちら.http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/61275943.html
 大規模の分岐についてはこちら.http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/62860166.html
イメージ 1

 開始から22時間、現在の競合の侵攻具合は以上のようにエゥーゴが大幅に優勢。
 やはり人口差は大きいか覆すには至りません。

 他サーバでは一部ティターンズが勝利するパターンも確認されていますが
 リーアではとりあえず厳しい模様。
※リーア総人口2065。ティターンズ481以上、アクシズ495以上、エゥーゴ810以上。誤差279.

■作戦開始から2日
 経過しましたが今週はVP上位の編成もあまり安定していない感があります。
 既に独走状態ですが更に上を目指してらっしゃる模様。
 NPCが第10週特有の状況だからでしょうか。
イメージ 2

HGUC アッシマー
 一年近く積みプラしてましたがようやく手をつけました。
 ナンバーは54で2005年発売。6年前のキットですが、1/144ながら設定通り完全変形する素敵キット。
 手首の格納も可能で、ビームライフル(専用手首)以外は完全に可変します。
 一度は手にとって欲しいキットかもしれません。

 人型のアッシマーから、脚部を折りたたみ(単なる方向転換だけじゃありません)
 上半身を各部折りたたむことで円形の飛行形態に可変可能。
 このMA形態、まさにまんまで感激ものですよコレ。

■下半身が足りん
 上半身はマッチョでまさにアッシマー。特に握り拳は力強い造形で実に強そうです。
 問題は下半身で、変形機構のためにほっそりしているうえに接地が悪いなど正直イマイチです。
 足を開いてポージング気味に飾ったほうが映えるように思えます。
 商品には中空で飾れるスタンドも付いています。

 頭はイケメン。
 額の線を墨入れして線を立たせて
 カメラの下の土台パーツを、パイプ部分を除きガーッと黒で塗ってやると手ごろながら映えます。

■デカい
 設定上は可変モビルアーマーと呼ばれる19m級大型機。
 初代ガンダムやザクなど「17m級機体」のキットと比べると文字通り頭一つ分大きく巨大感があります
 こりゃ強そうだ。さすがアッシマーアッシマーが!

 さきほど申しましたように2005年発売、実に6年も前のキットとなりますが
 足のボリュームといった造形上の問題、色分けや合わせ目の露出といった設計の古さはさておき
 デキは良好ですし、これだけのものを市販品で容易に手に入れられるというのは
 やはり良い時代だなと思わざるを得ません。
 散弾ではなァ!

 個人的にはライフルは持たせてません。
 手首はライフル持ち専用、ライフル持ち不能の二種が選択可能。
 が、このキットは可変構造上、手首を「かなり奥まで押し込まないと」いけません。
 手首の交換が大変困難なようですので、手首の選択は気合いを入れて行いたいところですね!

 やっぱりいいなあアッシマーはァ!
※今ならMS IN ACTION!!などでも安価な市販品として立体化されていますので好みで。