GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv11(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv11/第9 作戦終了後に上昇

■第8週ホンコン終了後(56日目)、フルアーマー百式改を除き「先行開発」が可能となる。
 ZプラスA型     ……搭載20、10400/11900※第7クール実装
 ZプラスA型WR(可変)
 ZプラスC型     ……搭載20、10600/12200
 ZプラスC型WR(可変)
 ジムⅢ       ……搭載17、8000/9200
※フルアーマー百式改……搭載20、25200(制限機)
 リック・ディアスⅡ……搭載17、7800/9000

■第10週グリプスⅡ争奪戦TMP褒章機
 1-10位……フルアーマー百式改+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

11.ZプラスA型

イメージ 1

イメージ 2

 MSZ-006A1。カラバの第3世代機(TMS)。
 地上組織であるカラバが単独長距離飛行を目的に量産したZの再設計機。
 可変機として高い完成度を持ち、ガンダムタイプとしては珍しくまとまった数が量産された。

■推定命中
 ビーム・ライフル……命中51-56-51

■VPフラッグシップ
 第7期実装。グリプス期一般機最高の回避を誇る。
 HP装甲も高いが修理は軽く、VP壁には最適の性格となっている。
 大規模でも「避け続ける」事で予選上位を狙える機体で、第7期9週目では多数出撃している。

■特に9週目に強し
 C型よりも基礎回避が1高いのが強み。
 A型は水辺で性能が下がるが、9週目のみ「宇宙に水辺(月面)が4割ある」のでC型はやや戦いにくい。
 これを利してか9週目1位はA型、10週目でも5機編成の隊長壁として活躍しているが
 10週目1位はC型壁が独走しているようだ。
 
■余談:盾
 Zガンダムでシールドだったパーツは「標準型変形用サブ・ユニット」となった。
 原作では「シールドとは呼べないものとなった(P97)」とし、一貫してこの呼称で書かれたようだ。

11.ZプラスA型(WR)

イメージ 3

イメージ 4

 MSZ-006A1の巡航形態。
 大気圏内専用とした事でZガンダムより低空飛行・離着陸能力が向上している。
 カラバ特殊部隊での活躍が評価され、連邦軍制式採用や数々のバリエーションを生み出していった。

■推定命中
 ビーム・カノン……命中56-51
 ビームライフル……命中51-56-51

■第9週で活躍する射撃機
 第7期実装されたZプラスA型のWR形態。
 C型のスマートガンと異なり、命中には優れるも威力と射程で大きく劣る。
 その点から「C型を地上用にしただけ」と期待したプレイヤーから顰蹙を買ってしまった。

 第7クール第9週、最前線VPでは「A型MS、A型WR*3」が独走しており
 編成によって射程を補ってみせているが、こうした使い方は異例として採用部隊は少ない。
 また基礎威力射程に乏しいが、☆パーツ2個を利して任務射撃でも活躍している。

■余談
 C型のスマートガン、丸く大きなディスク・レドームが装備されているが
 A型では「(レドームが)空気抵抗となる為、装備されない(P97)」としてビームライフルに限定された為
 ゲームでも「A型=ビームライフル」となったようだ。

11.ZプラスC型

イメージ 5

イメージ 6

 MSZ-006C1。連邦軍の制式第3世代MS(TMS)。
 A型の再設計機で、宇宙戦闘から月面降下や離脱など高推力を必要とするミッションもこなす特殊機。
 莫大な推力とMSの柔軟性を兼ね備え、敵地深くへ進攻する能力に長ける。

■推定命中
 ビーム・スマートガン……命中46-51-46

グリプス屈指の高性能一般機
 第6期実装。VP部隊に壁として重用される形態。
 実装当初はMS壁、WR*3の4機編成が流行。同世代一般機最高位の回避性能を有する。
 性能は6クール目のまま据え置き。

 A型より回避1低いが、第9週以外の宇宙では「性能が下がる地形」が野戦に存在しないので
 高い平均値を狙えるのが強み。宇宙用の鹵獲機も併用できる。
 射撃時は移動に優れたWRにするのがセオリー。

 第9週が地上週、かつ月面週なので、やや扱いがたいのがネック。
 それでも第9週で活用された他、続く第10週ではC型の4機編成でVPを独走した。

11.ZプラスC型(WR)

イメージ 7

イメージ 8

 MSZ-006C1の巡航形態。
 カラバでの戦果から宇宙用に再設計され連邦軍制式採用となった。
 Zを除き、セッティング次第で標準装備のまま大気圏突入もこなせる同時期唯一のTMS。

■推定命中
 ビーム・カノン    ……命中56-51
 ビーム・スマートガン……命中46-51-46

■MP部隊の主力射撃
 移動が向上するので射撃に用いられる。
 高搭載・宇宙専用ながら、射撃性能はZガンダムをも上回るレベル。
 特殊武器は持たないが通常武器が極めて強力で、パーツ次第ではZ以上の平均攻撃力を狙える。

 宇宙補正加味で、Mk-Ⅲ(汎用距離4暗47/威力74*3)比で威力+1/命中+7と大きく上回る。
 ZⅡより搭載1軽いので、第11週以後も役立つ用途も残しているようだ。

■WR形態
 GNO3上では「MA=モビルアーマー」表記だが、原作に準ずればウェイブライダー(WR)形態。
 なぜMA表記になってるのかは謎。

11.ジムⅢ

イメージ 9

イメージ 10

 RGM-86R。UC0090年代まで活躍した連邦軍主力機。
 本格的な再設計・新規生産機で、グリプス期ノウハウを投じた連邦系量産機の集大成。
 近接・中距離いずれにも高い性能を持つが、一部にはジムⅡを改修した支援専用機もあったとされる他
 新規設計機を「ヌーベルジムⅢ」と呼称することもある。

■推定命中
 ビーム・ライフル……命中48-53
 大型ミサイル   ……命中44-44

■5機編成VPの主力機
 初期搭載18。第4期に搭載15に、第7期で搭載17に再修正。
 リックディアス比の劇的な性能向上は無いが、優れた威力・命中を活かしてVP射撃機に活躍する。
 ノーマル同士では同搭載のズサを下回るので
 市販と☆機が強みとなる。

 第9週最前線VPには性能不足か1位とならず。
 ただ以後は「連邦系搭載17修理36はロールアウトしない」ので以後も使える可能性を残す。

■技術11?
 搭載17技術11ながら、技術8搭載14のネモと殆ど壁性能は変わらない。
 射撃性能もリックディアスとさほど変わらず、最後発機体(技術11)というにはどうしても不満を残す。
 特に同技術、同搭載、同修理のズサに対し、大きく射撃性能が劣るのが悩み。

11.フルアーマー百式

イメージ 11

イメージ 14

 FA-100S。百式改ベースのフルアーマー機。
 装甲・火力強化を目的とし、搭乗者防御に限定した小規模iフィールドも装備している。
 なお炸裂ボルトとは榴弾の一種で、回避困難な散弾によるカメラアイ破壊等を目的とした武装である。
 
■推定命中
 ビームライフル……55-60
 ビーム・カノン……55-55
 パージ後はビームカノンと炸裂ボルトが消失し「クレイ・バズーカ(射程3-4実弾)」が追加される。

エゥーゴ市販最強の回避機動?
 回避が比較的高く、FAシステムも相まってなかなかの性能を持つ。
 中身に相当する百式改も若干性能強化されており、回避機動壁としてそれなりの機体となった。
 第7期修正、HP+12装甲+1修理-4、武装威力向上、搭載+1。
 パージ後は搭載20扱いの百式改となる。

 額面数値は高いが「パージで百式改=不人気機種」となるのが弱点。
 中身の機体性能も高いFA、FAアレックス、BWSと異なり、同時期の機体としては中身の不満が大きく
 ランキング上の採用数はあまり多くない。

■射撃性能
 通常距離4切り払い×武装を持つので遠距離にも有効。
 しかし威力は「ZプラスC型☆」と同威力で、パーツ1個分まるまる性能が劣る。
 しかも被弾したら実弾のクレイ・バズーカに成り下がるなど、見た目は派手なものの利点に欠ける。
 搭載が許すならZプラスの方が良好。

11.リック・ディアス

イメージ 12

イメージ 13

 MSA-099-2。ディアス改とも呼ばれる。
 外装・反応炉含め全面的にカスタマイズしたワンオフ機体。
 実戦投入の話も特になく、次世代機を模索する叩き台だったと考えられている。

武装命中(推定)
 2連装メガビームガン……命中49-54-49

■前線VP壁か
 エゥーゴ最後発のVP壁向け量産機。
 第7期修正、HP+4装甲+1先制+1、回避-1盾装甲-1。
 軽修理機相応のスペックを持つものの、S盾と射程3で壁にも射撃にも扱いがたさが残る。
 更に「弱集中消滅」に伴って見せ場も持っていかれたようだ。

 軽修理低HP高回避、最前線に耐え得れば1位を狙える機体だが、主に前線Vpで活躍する。
 技術10ティターンズのゼク・アイン、同アクシズガルスJに比して
 ジムⅢ同様「技術11」の性能に見えないのが惜しい。