GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv10(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv10/第8作戦終了後に上昇

■第7週ジャブロー降下終了後(49日目)、Zガンダム百式改以外は先行開発可能となる。
Zガンダム      ……搭載、24800(制限機)
ウェイブライダー(可変)
 スーパーガンダム……搭載、9600/11100
百式改        ……搭載、22200(制限機)


■第9週アフリカ反攻作戦TMP褒章機
 1-10位……Zガンダム+
 1-30位……百式改+
 1-100位……Zガンダム+

10.Zガンダム

イメージ 1

イメージ 2

 MSZ-006。次世代機計画「Z計画」を代表する機体。
 MSサイズにMA並みの出力・推力を実装し、可変機としてまとめあげたMS史上屈指の傑作機。
 エゥーゴのフラッグシップ機としてグリプス戦役終戦の原動力となった。

■推定武装命中
 ビーム・ライフル    ……命中52-57-52
 ハイ・メガランチャー……命中55-55-50

エゥーゴのフラッグシップ
 耐久性・回避・盾と総合性能に長けた盾スキル壁。
 第7クールでは回避先制+2、盾装甲+1と強化修正が実施された。
 第10週まで盾スキル派の主軸として活躍し、第7期では「陣営内で最も多用される機体」にもなった。

 移動・命中の差があるので、射撃性能はWR形態の方が高い。
 またWR形態は基礎回避-1と引き換えに回避機動スキル壁にすることも出来る。

■+機
 第9週TMP1-10位及び1-100位に配布(計110機)。
 グリプス期では三陣営通しても最強の盾スキル機。前期より回避が底上げされ一層の性能を得た。
 回避機動機体並みの回避、高いHP、厚い装甲にL盾と隙がない性能を持つ。

10.ウェイブライダー(Zガンダム/MA/制限機)

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発×
 Zガンダム(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSZ-006。Z計画の一つの到達点。
 高性能機であると共に、単独長距離飛行・大気圏突入が可能にした高機能汎用機。
 超音速飛行で生じる衝撃波に「波乗り<ウェイブライダー>」する様なスタイルで飛行する。

武装命中
 ビームガン      ……命中59-54
 ビームライフル  ……命中54-59-54
 ハイメガランチャ……命中57-57-52

■射撃形態
 Zガンダムの可変形態。
 回避機動、移動4、射撃性能向上により回避機動壁や射撃機に用いられる。
 第7クールでは回避+2され、回避機動壁の有用性が増した。

 移動4とAP武器目当てに地上任務部隊で射撃機として用いられる。
 地上戦の第9週で主力となるが、続く第10週は宇宙になるのでZプラスC型を使う部隊が増える。
 命中は劣らないが、通常武器が中威力射程3のビーム・ガンなのがネックで
 特殊「ハイメガ」も必要APが高く使い勝手が悪い。

10.スーパーガンダム

イメージ 5

イメージ 6

 RX-178+FXA-05D。マークⅡ増加装備形態。
 増加装備としては簡易なものだが、主兵装ロング・ライフルは当時一級のビームライフルの性能を持ち
 簡易可変により第三世代機並みの展開能力を発揮する。グリプス版のGパーツと言える。

武装命中
 ロング・ライフル……命中47-52-47
 ミサイル・ポッド……命中50-50-45

■やや扱いがたくなった中量級射撃
 前期までと一転し修理50-57の中コスト射撃機となった。
 移動を始め全体に性能が向上し、最前線完勝の為の機体としては更に優秀に。
 射撃能力は同時期、同搭載でも非常に高く優秀な機体。
 最前線射撃、MP射撃などに用いられる。
 
 修理は中庸ながら搭載はやや高く、編成上は若干扱いが面倒。
 Mk-Ⅲより搭載と威力は低いが、命中と移動に優れ任務射撃にも向いている。
 鹵獲機も「ノーマルガブスレイより性能が高く、☆よりも修理が軽い」のでランキングに見られる。
 
■壁性能
 回避機動壁としてそれなりに高性能。
 HP装甲は制限機並み、最大回避71に回避機動を得られるので壁使いも見られる。 

10.百式

イメージ 7

イメージ 8

 MSR-100S百式をベースにした高機動戦闘用MS。
 Zガンダムで得られた技術をフィードバックした強化機体。
 軽量化と推力強化をコンセプトに、軽快な運動性とトータルバランスに優れる。

■推定命中
 ビームライフル……命中54-59
 クレイバズーカ……命中52-52

■回避機動の雄
 盾のZに対し、回避機動スキル向けの制限機。
 第7期修正により搭載+1され、HP+12装甲+2修理-4と武装威力底上げが行われた。
 百式と違い装甲26と装甲も割と高いが、Zプラスと差別化するほどの高いとは言えない数字。

 高階級・良パーツが多い部隊にとってはあまり魅力的とはいえないが
 低搭載・良パーツが少ない時期ほど使い勝手がよい。

百式+
 ただエゥーゴではZガンダムが人気で、百式改より強い「百式+」がやや余りがち。
 またZガンダム登場で「ガンダムMk-Ⅱ+(搭載18)」が余ってくるはずなので
 低搭載が利点とも言い難く、使いどころに困る。

■+機体
 第9週TMP1-30位のみに配布。
 HP・装甲・回避いずれも一定の水準となり、大規模任務での活用が期待される。
 Zプラスより回避は低いが、HP装甲が高いのが大規模任務向き。