GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv9(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv9/第7 グリプス作戦終了後に上昇

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、百式以外は先行開発が可能となる。
 FAガンダムMk-Ⅱ……10000/11500(FAシステム)※第7クール実装
 ガンダムMk-Ⅲ……9700/11200
 ディジェ  ……8300/9500
百式   ……20400(制限機)


■第8週地上掃討作戦TMP褒章機
 1-10位……百式+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

9.FAガンダムMk-Ⅱ

イメージ 1

イメージ 2

 形式FA-178。エゥーゴによるMk-Ⅱ強化プラン。
 ガンダムMk-Ⅱの装甲強化を目的に、全面に強化パーツを装備した総合性能強化プランとなったが
 簡易可変が可能な「Gディフェンサー」に機動性で劣り、計画は中止された。

■推定命中
 連装ビームガン   ……命中46-51
 グレネードランチャ……命中46-46

■FAシステム搭載一般機
 第7期で実装されたFAシステム搭載型一般機。
 カタログ値が高く、FAシステムを持つ事からもエゥーゴメンバーから高い評価を得たようだ。
 搭載も軽い事から当初は多数見られたが、日数経過と共にMk-Ⅲへ入れ代わっている。
 問題はやはり「中身」の差なのだろうか。

■やや中途半端?
 BWSと違い、パージ前の回避が低いのが弱点。
 同様に低回避、FAかつ壁評価の高いFAガンダムやFAアレックスと違い「中身」の性能も低いのが痛い。
 立ち位置としてはフルアーマーZZガンダムに近いように思え
 性能的に中途半端な感がある。

 射撃機としてはより高性能。
 搭載20のMk-Ⅲ比で、威力-2命中+4と搭載以上の額面値がある上にFAパージも効く。
 とはいえ「切り払われてしまう」のが弱点。やはりレベルアップ、日数経過に伴いMk-Ⅲ増加傾向。

 搭載の軽さとFAを買ってか、最前線のPCに比較的姿が見られた。

9.ガンダムMk-Ⅲ

イメージ 3

イメージ 4

 形式MSF-007。エゥーゴが製造したMk-Ⅱの後継機。
 強奪したMk-Ⅱを解析、機構を見直して性能と量産性の向上を図った次世代機の雛形。
 当時流行した可変機ではなく、MS本来の運動性能と剛性を重視した人型兵器らしい機体となっている。

■推定命中
 ビーム・ライフル  ……命中47-52
 連装ビームキャノン……命中47-42

エゥーゴの主力機体
 一般機ながら☆なら制限機GP-01に匹敵するHP回避装甲を有し、射撃面においても優れた主力機。
 FAより高搭載だが、壁・射撃どちらも安定したスペックを持つ人気機種。
 第7クールでは装甲+1盾装甲+1、回避先制-1された。

 特にMPランキング狙い、最前線狙い、大規模任務やらに活用される。
 また後継一般機ZプラスA(地上版)は射程3なので、地上用として第9週でも活用されているようだ。
 連邦期の主力スナイパーⅡ☆比で威力+9命中+4も向上する。

9.ディジェ

イメージ 5

イメージ 6

 MSK-008。カラバが改修したワンオフ機。
 クワトロのリックディアスを改修し、外装を完全に換装したアムロ・レイの専用機。
 赤い彗星の愛機にアムロ・レイが乗るという、カラバ(エゥーゴ)の政治的意図を含む機体ともされる。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中47-52
 クレイ・バズーカ……命中45-45

■週後半の前線にて
 週後半の前線VP壁(高狙*2対応)、最前線射撃として活躍。
 7クール目修正では前期比で回避+3先制+1、バズーカ威力+2、HP-12となった。
 メタスほど回避は無いが高HPなのが利点。

 最前線VP用の射撃機にも活用されるが、スーパーガンダムが同修理帯に調整されたうえ
 修理36のジムⅢと同搭載になってしまい影が薄くなった。

9.百式

イメージ 7

イメージ 8

 MSN-00100。Z計画における試作機の一つ。
 技術的事情から可変構造は中止され、軽量化による運動性徹底重視をコンセプトとした。
 サイコミュ(NT対応)搭載機を除けばトップレベルの敏捷性を持ち、第二世代機の最高峰に位置する。
 直撃が即撃墜を意味する「ビームライフルの一般化」への回答の一つと言えるだろう。
 
武装命中
 ビーム・ライフル……命中53-58
 クレイ・バズーカ……命中51-51

■前期より強化
 壁射撃両用の万能型制限機。
 第7期で搭載+1され、HP+12装甲+1修理-4、更に武装性能全般が向上した。
 同時期のエゥーゴ系回避機動壁では最高クラスなので、大規模任務での部隊長壁役に活躍する。

エゥーゴの回避機動制限機
 パーツ1個とはいえ回避は同時期エゥーゴでは最高クラス。
 問題は装甲で一般機並みに低く、最前線では扱い難く、前線では修理過多になってしまい
 射撃では実弾ネックとあまり活用されない。
 
 性能的に物足りないが、同時期エゥーゴの市販機体には制限機が少ないので使い勝手だけは良い。
 ただ性能的には物足りないのか、第8週最終戦ではガンダムMk-Ⅱ+が大量出撃した。

 おそらく「壁射撃両用」「軽修理」なことを考慮してスペックが低めなのだろうが
 射撃も修理も期待される数値ではなく、壁性能が際立ってしまった。
 壁射撃両用の万能が「悪い意味で」現れた典型的な例。
※壁特化高修理のアクトザクに全面的に劣る。

百式+
 第8週TMP褒章機として1-10、1-30、1-100位に配布。
 第9週GT任務でも配布された。装甲回避HPが共に高い「制限機らしい」機体に強化された。
 最大回避はZプラスに劣るが装甲27と耐久性が高く、9週最終戦で活躍した。
 耐久性のZ、回避のZプラスに対し、バランスの良い機体。