GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv8(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv8/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、通常開発が可能となる。
 ガンダムMarkⅡ……8500/9700
 ネモ       ……5300/6100
 メタスMS     ……6300/7300
 メタスMA(可変)


■第7週 エゥーゴ討伐作戦TMP褒章機
 1-10位……ガンダムMk-Ⅱ+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

8.ガンダムMarkⅡ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 RX-179。ティターンズが開発した次期主力機候補。
 エゥーゴに強奪・再塗装され、彼らのフラッグシップ機となってしまった。
 華々しい0087年代機に比してシンプルながら、MS本来の白兵戦能力に長けた機体として戦い抜く。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中46-51
 ハイパーバズーカ……命中42-42

■中量級の壁ユニット
 グリプス初期を代表するユニット。
 第7期修正で、回避+3盾装甲+1、HP-6装甲-1、遠射撃威力+3され遠近いずれも性能が向上した。
 本機は比較的コストが安く応分の性能。同時期はより高搭載なMk-Ⅲが主力となるが
 軽い搭載と堅実な性能から比較的姿を見ることが出来る。

 GP-01(回避56+地形補正)と同等の基礎回避を持ち、パーツ2個で更に回避は高まる。
 前線壁には高修理、最前線には性能が足りず、射撃としては実弾扱いがネックと後一歩足りないが
 搭載18と比較的軽く高性能なので、時代移行直後~ガンダムMk-Ⅲ完成までのつなぎや
 低搭載な部隊、4機編成の部下壁などに活躍。

■第7週TMP褒章機
 +版が1-10、1-30、1-100位全チームに配布。
 搭載18ながらGP-01+(搭載20)に匹敵する性能で、搭載比のコストパフォーマンスが高い。
 第6期はZガンダム並みの性能だったが、第7期ではZが強化され「搭載18の割に強い」のが利点に。
 特に第8週の大規模任務で活躍する。

8.ネモ

イメージ 4

イメージ 5

 MSA-003。ジムを参考にしたエゥーゴ主力の第2世代機。
 第2世代要件を満たした贅沢な仕様・性能を持つが、携帯火器がジムⅡとほぼ変わらず火力が低い。
 ジムⅢ程のコストパフォーマンスは得られずエゥーゴ解体と共に生産終了とした。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■ジムⅡ上位互換
 ジムⅡを搭載に応じて拡大した同系機体。
 ただし第2世代要件は看板倒れで、装甲も回避もジムⅡと変わらない。
 役割も同じで4機編成部下壁やVP5番機メインだが、搭載が重いぶん使い勝手が悪く採用は少ない。
 前期比でHP+18盾装甲+1、先制-1。

 性能調整の結果「搭載14の盾壁としては比較的優秀」な機体に。
 搭載14-15としては回避・HPがそこそこ高く、低搭載部隊での4機編成低壁に向いている。
 2枚壁4機編成自体は今でも比較的見られるが、プレイヤーの高搭載化が進んでおり、採用は多くない。

8.メタス/MS

イメージ 6

イメージ 7

 編成時「変形」ボタンを押すことでMA形態で編成することが可能。

 MSA-005。次世代機開発計画「Z計画」の可変機構実験機。
 可変技術確立の実験機で、実験後に戦力不足のエゥーゴに供された。
 一騎当千ではないが機動性に優れた本機は現場で重宝され、グリプス終戦まで戦い抜くこととなる。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■抜群の回避を有するVP主力壁
 前線VP壁として、第7-8週にかけて活躍する主力機体。
 MSとMAの採用は半々くらいで、第7週はMA形態壁が独走して終了し第8週はMS壁勝利で終わった。
 性能的には一長一短、活かすためにはパーツが重要なのだと思われる。

 不人気だったが第4期性能修正と第5期☆市販で主力機に。
 第7期では修理+10され、HP+7格闘威力+3射撃威力+1、装甲-1など実質弱体化したようだ。
 修理増加、装甲マイナスなど、前線組の優位が削られたといえる。

 メタス☆壁(搭載16)とリックディアスノーマル*4で組むのが第7-8週前線組のセオリー。
 第9週、Zプラス登場を待ってVP主力は最前線世代へ移行する。

8.メタス/MA

イメージ 8

イメージ 9

 メタス(MS)を開発・購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSA-005。推力を背部に集約した巡航形態。
 MSは推進力分散による小回り、MAは推進力集中による直線推力と性格が一変する。
 初期の可変機ながら機構的な評価は高く、Z量産計画に際しては本機の可変が参考にされている。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■前線VPの主力壁
 MS形態と違ってこちらは前期比で回避+1。
 そしてMS同様、修理+10、HP+7射撃威力+1、装甲-1。
 MS形態との基礎回避差が縮まった。リーアでは特に第7週VPで活躍している。

 移動が長く「敵NPCと隣接しやすい」事から扱い易く、MS形態以上に普及しているVP御用達の形態。
 耐久面は不安ながら、解禁機体では最も回避が高く修理そこそこなのでVPに使われる。
 VP総合を無視するなら本機自体も無視して構わないし
 最前線にも向いていない。