GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv11(第7期)

 前クールまでの各データはこちら

技術Lv11/第9 作戦終了後に上昇

■第8週ホンコン終了後(56日目)、ジ・Oを除き先行開発が可能となる。
※ジ・O         ……搭載21、25800(開発2600/制限機)
 ゼク・ツヴァイ   ……搭載22、12700/14600(開発2150/改良800)※第7クール実装。
 バウンド・ドック……搭載21、12900/14800(開発2150/改良800)。
 バウンド・ドックMA
 パラス・アテネ  ……搭載21、12200/14100(2150/改良800)

■第10週グリプスⅡ争奪戦TMP褒章機
 1-10位……ジ・O+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら

11.ジ・O

イメージ 1

イメージ 10

■基本開発:2600
 9.メッサーラを開発済みなら開発基本P-25%
 または10.ハンブラビを開発済みの場合、開発基本P-10%(両機開発済みなら基本-35%)。

 PMX-003。パプテマス・シロッコが開発した専用機。
 全身に簡易サイコミュ制御の推進器を持ち、その常時高出力運転の為に大型機となった。
 サイコミュを含め「全方向へ瞬時に転換する」機構を追及した機体であり、無類の白兵戦能力を誇る。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中55-60-55

グリプス世代回避機動制限機の最高峰
 覚醒済みのNTが搭乗した場合「回避+3/先制+5」。
 回避67+回避機動スキルにより、制限機ではグリプス戦役最高の回避を発揮。
 ノーマル機でも最大回避76と総合性能は抜群に高い(バウンドドックMAは最大77+地形補正)。
 第7クール修正で、装甲+4先制+2、HP-12。

 他陣営と違い、ティターンズは射程4を持つ制限機が少ない(メッサーラのみ)という傾向のためか
 他陣営に比して最終制限機の「壁」能力が高めになったようだ。

■大規模任務主力
 次週制限機「ZZガンダム」が回避に劣る為、第6クールでは2週にわたり大規模任務の主力を務めた。
 ただ第7クールではZZがL盾に修正されているはずなので関係は多少変わると思われる。

11.ゼク・ツヴァイ

イメージ 2

イメージ 3

■基本開発:2150
 基本改良:800
 技術10.ゼク・アインを開発済みの場合、開発改良ポイント-25%。

 RMS-142。ペズン教導隊の切り札とも言える実験機。
 アイン第2種兵装(遠射装備)をベースに「倍する性能」を謳う特殊機である。
 連邦の「人型兵器」を重視する設計思想を元に、重武装・高機動の両立を目指した究極の機体の一つ。
 
武装命中(推定)
 ビーム・ライフル   ……命中51-56
 ビーム・スマートガン……命中51-46
 クラブ(シュツルム) ……命中54-49

グリプス期最大級
 第7クール実装。一般機にしてHP313装甲28を誇る大型機。
 武装も相応に火力が高く、単に「威力」だけなら最終技術Lvにも比肩する搭載比に達している。

■威力・移動重視
 移動4射程4、標準で有効射程8を持つ。
 パラス・アテネ比は、通常武器で威力+7命中-5搭載+1移動+1
 移動・威力目当てならツヴァイ、命中目当てならパラスアテネ、単一機種*4ならバウンドドックMA。
 特に「強・高HP壁」が課題となるので、普通にやるならパラスかドックの方がいい。

 それでもやはり大火力は魅力なのか、第7期第9週2日目時点でも2機積みする将官
 ガンダムMk-Ⅱ+と組み合わせ3機積みする部隊などが見られた。
 特にAP「クラブ」は本作の*1武器で最大の威力を誇るが
 *1を不安視し、*4のパラスを押す声も聞く。

■壁性能=バイアラン
 ☆ならパーツ2個付けで最大回避73に達する。
 参考までにバイアランの最大回避は74、HP288装甲28万能:搭載20。
 要するに搭載+3とパーツさえあれば、「一般機の修理値でバイアラン並みの壁性能を得られる」機体。
 HPと装甲の抜群の高さ、バウンドドックより13軽い修理が魅力。

11.バウンド・ドックMS

イメージ 4

イメージ 5

■基本開発:2150
 基本改良:800
 技術9ギャプランを開発済みの場合、必要ポイント-25%。

 NRX-055。NT研究所の大型可変MA(TMA)。
 サイコミュ搭載型の可変機で、サイコガンダムMk-Ⅱの支援機として投入された。
 高速一撃離脱戦形態への可変機構を持つ。
 
武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中49-54-49
 拡散メガ粒子砲  ……命中47-52-47

■NT用一般壁
 NT搭乗時は回避+3/先制+5。
 第7期では「固定盾(L盾)」に昇格し、盾発動率が向上した。
 更に修理+12され、HP+14装甲+1、武器威力も6、2、3点ずつ向上している。
 回避-2先制-1稼動-1、各命中も2点下がった。

 L盾化・耐久性アップ・同時期GT任務でギャプラン+配布など盾スキル派に優しい一般機。
 盾も回避機動も使いわけ可能な壁として優れた機体。

 壁・射撃両方の性能が高いのが最大の特徴。
 反面、純粋な射撃能力はツヴァイ、パラスに比してやや低い。

■総合プレイヤー向け
 ツヴァイ、パラス、ドックの三機中、同機種*4編成に最も向いている。
 壁射撃どちらも高性能なので×狙いに最も対応しやすく、損害を抑えた編制を組み易い。
 移動と先制で速攻性能も高く「総合プレイヤーの任務スタイル」に向いた機体なのではなかろうか。

11.バウンド・ドックMA

イメージ 6

イメージ 7

■基本開発:×
 バウンド・ドックMSを開発・購入後、「変形」させる事で編入可能。

 NRX-055。一撃離脱戦闘形態。
 こうした突撃機は、速力ゆえ「攻撃を回避される」とどうしても大きな隙が生まれてしまうが
 本機ではサイコミュを導入し高精度な突撃戦を可能としている。

■推定命中
 ビーム・ライフル……命中51-56-51
 拡散メガ粒子砲  ……命中54-54-49

■移動アップ&地形適応
 宇宙適応機となり移動も上昇。
 回避機動で壁として、高い補正と移動で射撃機に優れる。
 第7期でHP+14装甲+1され高強壁としてより安定。武器威力も通常+2AP+3向上。
 代わりに修理+12稼動-1された。

■木曜日以後の最前線に期待
 第7期では修理43にゼク・アインが登場し低狙い*2時期からは追い出されつつあるが
 ハンブラビ以上の回避・装甲で、週後半の高狙い*2に対し期待される。
 抜群の回避値と耐久性は大きな魅力。

 アイン比で修理+32、ハンブラビ比で修理+10、ツヴァイ比で修理+13など
 同時期の壁相当機体の中ではダントツで修理が高く、他機以上に機体性能を活かす必要がある。
※ただし第9週の宇宙=月衛星軌道は13週間で唯一「重力圏」が含まれ
 宇宙機は回避命中移動が低下する。

 通常武器はツヴァイ、パラス、ドックの三機の中でダントツに低く「特殊武器で一人前」だが
 壁射撃のバランスのよさ、機動性の高さが利点。

11.パラス・アテネ

イメージ 8

イメージ 9

■基本開発:2150
 基本改良:800
 
 PMX-001。中距離砲撃戦用の重モビルスーツ
 ヤクト・ドーガ級の巨躯を持つ大型機で、ジ・Oの支援砲撃機として開発された。
 火器搭載の為に大型フレームを採用しているが、サイコミュ搭載を予定していた為とする説もある。

■推定命中
 連装ビームガン……命中56-56-51
 大型ミサイル  ……命中49-49

■命中に優れた砲撃機
 第6期でPC向けが解禁された高性能射撃機。
 地形補正機並みに高い基礎命中と、冗談のような威力の特殊武器を擁する。
 ツヴァイやドックより、搭載・威力・命中のバランスが比較的良好な「手堅い射撃機」。
 第7期では性能修正されていない。

 搭載は高いが射撃性能は補って余りあるほど高く、無理して詰め込む価値もある。
 命中に長けた本機は大規模戦に向いた性格で、第6期はエゥーゴからブーイングされる程活躍した。
 高命中な通常も良好だが、「ハンブラビ並みの威力を*4で撃ち込む」特殊武器も持つ。
 装甲もやたら厚く、何気に☆ではゼク・ツヴァイより装甲1高い。

■地味に制限機並みのL盾壁
 最大回避71装甲29L盾と「盾スキル壁」性能も地味に制限機並みだが
 第7クールでは、更に上のギャプラン+(最大回避74装甲29)がGT任務で配布されている。