GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv10(第7期)

 前クールまでのデータはこちら

技術Lv10/第8 作戦終了後に上昇

■第7週ジャブロー降下終了後(49日目)、バイアランを除き先行開発が可能となる。
 ゼク・アイン第一種兵装……搭載18、8100/9300(1850/700)※第7期実装
 バーザム  …搭載16、7000/8100(1750/650)
バイアラン …搭載20、22600(2600/制限機)
 ハンブラビ …搭載20、11000/12700(2050/750)
 ハンブラビMA(可変)


■第9週アフリカ反攻作戦TMP褒章機
 TMP1-10位……バイアラン+
 TMP1-30位……同上
 TMP1-100位……同上

10.ゼク・アイン第一種兵装

イメージ 1

イメージ 2

■基本開発:1850
 基本改良:700
 8.マラサイを開発済みの場合、開発改良の基本P-10%.
 本機開発済みなら、技術11.ゼク・ツヴァイの開発改良基本費25%off。

 形式RMS-141。ペズン教導隊が擁する実験機。
 次世代汎用量産機を目指した機体で、堅実かつ余裕を持たせたベース機に大量のオプションを用意し
 装備変更により容易に各種専門用途に対応する。第一種はビームライフル携行型。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中51-56-51

■VP主力モビルスーツ
 いわゆる「標準装備」に位置する兵装。第7期に実装された。
 最軽量修理機ながら比較的性能が高く、最前線・前線問わずVP総合で活用される。
 ティターンズの同修理壁であるバーザムより、回避以外は一回り搭載・性能が高いのが特徴。
 HPが厳しい事から基本は前線機だが、VP総合の上位は最前線で活用する。

 バーザムは非常に打たれ弱い為、弱集中が居ない時期はハンブラビバウンドドックが主力だったが
 本機実装により最前線でも常に修理43壁を模索する必要性が高まった。
 その点では罪作りな機体と言える。

■第2-3種兵装
 同様に第2、第3種兵装が存在する。
 第2種はゼク・ツヴァイ同様のスマートガン装備型、第3種は重攻撃仕様で専用大型マシンガンを装備。
 いずれも射程4と期待されている。余談だがHGUCでは第3種兵装で1/144キット化された。

10.バーザム

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発:1750
 基本改良:650
 8.ガンダムMk-Ⅱを開発済みの場合、開発改良の基本P-25%.

 RMS-154。ティターンズの制式汎用量産機。
 ガンダムMk-Ⅱの設計を継ぎ、第二世代機要件を満たした量産機として開発された。
 意外にも既存機に対する互換性も高く運用性にも優れるが、体制改変により少数生産に終わった。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中49-54-49

■修理43搭載17ではトップレベ
 ハンブラビ級回避と、軽修理相応の機体性能を持つ。
 主に低HP、軽修理壁として前線~最前線のVP総合機体で、ランキングを意識しないなら不要な機体。
 第7期修正では☆比でHP+1先制+1された。

 弱集中消滅に伴い「最前線必須機種」ではなくなったが、相変わらず前線VPで活用される。
 また最前線でも軽修理・軽搭載が武器となるので一部で活用される。

 回避値は高いが地形補正は得られない。
 HPと装甲が低く一枚壁にはどうしても不安が残るが、成功させればそれだけの見返りが約束される。
 射撃機としても修理が軽く命中に優れるが、やはり射程に難が残る。

10.バイアラン

イメージ 5

イメージ 10

■基本開発:2600
 9.ギャプランを開発済みの場合、必要P10%off.

 RX-160。非可変での飛行能力獲得を目指した実験機。
 強力ながら機構の複雑化を招く可変機を見直し、非可変での三次元戦闘を可能とした。
 計画はキリマンジャロ喪失により廃案となったが、以後、第3世代機の見直しへと時代は移って行く。

武装命中
 メガ粒子砲……54-59-54

■万能移動4の高機動MS
 第4クールで実装された「万能移動4の小型ジ・O」。
 第1-3クール時、ティターンズのみ技術10制限機を持たなかった事から歓呼して迎えられた。
 第7クールとなってもその性能は健在で、ティターンズ市販回避機動壁では随一の性能を有している。

 第7クール性能修正無し。
 ただしジ・Oが装甲+4され性能差は更に開き「第9週の主力モビルスーツ」と言う点が強まった。

■主に任務部隊で活躍
 VP部隊には高修理なので出番はない。
 しかし任務、特に第9週の大規模任務予選では壁として総合性能が高く重用される。
 最大回避は万能74。最大78を誇るハンブラビ等よりは低いが、装甲やHPが高く総合性能に優れる。

 ただ射撃性能のみ他陣営同時期制限機に劣る為か、大規模予選では上位をとりにくい傾向があったが
 第6クールでパラス・アテネが実装された為か改善傾向にあるようだ。
※ルウム第4期アクシズ比1/4、リーア第5期でのアクシズ比1/12など極端に出場率が低かったが
 第6期ではアクシズ比 1対1に改善されている。

■+機体
 第9週TMP1-10、1-30、1-100位配布。
 最大回避76装甲32のジ・Oに対し、最大回避+2HP+39移動+1、武器命中+5勝る。
 NTパーツ持ちにも扱い易いティターンズ最強クラスの壁だが、装甲-2は気になるところ。

10.ハンブラビ/MS

イメージ 6

イメージ 7

■基本開発:2050
 基本改良:750
 技術9.ガブスレイを開発済みの場合、開発改良基本費-10%off。
 本機を開発済みの場合、技術11ジ・Oの開発必要P-10%。
※編成時「変形」させる事でMAとして編成可能。

 RX-139。ガブスレイを発展させた第三世代機。
 構造を単純・堅牢化したが、性能傾向はよりピーキーとなり本格量産には至らなかった。
 その性能の高さと操縦難度から、パプテマス・シロッコの設計思想を窺わせる機体と言えるだろう。

武装命中
 フェダーインライフル……命中45-50-45
 海ヘビ         ……命中75-70
 
ティターンズ伝統の高搭載機
 第1期からティターンズの苦楽を支え続けた主力大型機。
 ガブスレイが搭載17-18(5機編成)の要なら、本機は搭載20-21の要。
 5機編成の隊長壁として最前線VPで活躍し、8週目の任務4機編成でも本機が3-4機を占める格好となる。

 第7期修正では☆比で回避先制+2/装甲-2。最大回避78.
 回避は上がったが☆装甲23と装甲は修理43機体並みまで低下しより扱いが難しくなった。
 特に第8週の大規模予選では苦戦を強いられている。

■制限機並みの火力
 グリプス世代射撃機では搭載21トップクラスの性能。
 先代射撃機ガブスレイMA☆と比較しても搭載+3修理+7威力+9命中-2(地形補正)と一回り火力が高く
 フェダーイン(聖戦士)の名に恥じぬ戦闘能力を誇る。

10.ハンブラビ/MA

イメージ 8

イメージ 9

■基本開発×
 ハンブラビ(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 RX-139。ハンブラビモビルアーマー形態。
 推進器後部集中と重心変化に伴い、加速・旋回性能が向上するドッグファイトモード。
 推進剤積載量が少なく巡航には向かないが、短距離に限ってはZガンダムをも凌ぐ加速性を発揮する。

武装命中
 ビームライフル……命中50-55-50
 海ヘビ      ……命中75-70

■まずは壁として評価される形態
 宇宙・高先制機となり、活動エリアは制限されるが地形適応を得る。
 最大回避75とMS形態より最大値は低いが、地形補正を勘案すればほぼ互角の数値を持つ。
 元値が低いためか、MS形態より改造パーツを選ばないのも利点の一つ。
 移動利点もあってかVP部隊ではMS形態より重用される。

 射撃機としても移動・命中・先制に優れるが、射程と威力が低下するのでMS形態が重用される傾向。
 利点も大きいので一部ではこれまた根強い愛好者も多い。

■射程3移動4
 宇宙なら地形補正が得られるので、射程-1/威力-4/命中+8と命中が大幅に増加する。
 ただ得意距離は6%ほどの補正がみられるので、距離4しか習得してないパイロットである場合は
 実質2点前後しか命中が変わらない。