GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv9(第7期)

 第1-5クール時のデータはこちら

技術Lv9/第7 作戦終了後に上昇

■第6週星の屑終了後(42日目)、ギャプランメッサーラを除き先行開発が可能となる。
 ガブスレイ …搭載17、8700/10000(1850/700)
 ガブスレイMA
ギャプラン …搭載19、11000(2550/制限機)
 ギャプランMA
メッサーラ …搭載20、22200(2500/制限機)
 メッサーラMA

■第8週地上掃討作戦TMP褒章機
 1-10位……ギャプラン+
 1-30位……メッサーラ+
 1-100位……ギャプラン+

ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リスト
 第6クール時のデータはこちら

9.ガブスレイ/MS

イメージ 1

イメージ 2

■基本開発:1850
 改良基本;700
 技術8.ハイザック・カスタムを開発済みなら、開発改良の基本ポイント-10%。
 本機を開発済みの場合、10ハンブラビ、11パラス・アテネの開発改良時に基本ポイント-10%。
 編成時に「変形」でMAとして編成可能。

 RX-110。ティターンズの第三世代機。
 メッサーラの機構、ガンダムMk-Ⅱの骨格構造、マラサイの装甲材質などを参考に
 モビルスーツのサイズを維持しつつ、モビルアーマーの機能を付与した次世代多目的モビルスーツ

武装命中
 フェダーインライフル……命中43-48-43
 メガ粒子砲       ……命中51-51-46

■開発必至の主力射撃
 主に地上用として使われる次世代ジムスナイパーⅡ.
 汎用では地形補正が得られないので、基本的にMA形態が優先して用いられる。
 第7期でも一切性能は修正されておらず、相変わらずグリプス終了までティターンズの主力機となる。
 時代移行と同時に最優先で開発してしまって損は無い(多分)。

 移動は劣るが、アッシマーMA比で威力+4命中-4、特殊武器では威力+7命中-1と性能は十分に高く
 地上用射撃としても活躍してくれる。

■第7週主力壁
 第7クールでは第7週前線VP壁として終始活躍。
 一般機の中で最も回避が高く、搭載が高く強壁として機能し易く、HPや装甲にも優れている。
 荒地などで迷走、修理がやや高い、低狙い*2対応がやや劣るのが弱点。

9.ガブスレイ/MA

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発×
 ガブスレイ(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 RX-110。前面に武装と装甲、後方に推進器を集約した突撃形態。
 可変機構によって、従来型MAを凌駕する性能を備えつつMS用設備での生産・運用を可能としている。
 少数精鋭を取るティターンズらしい機体と言えるだろう。
  
武装命中
 フェダーインライフル……命中43-48-43
 メガ粒子砲       ……命中51-51-46

■宇宙用一般射撃機の雄
 グリプス終了まで通用する最強な射撃機。
 移動+1と地形補正により、MS形態より一回り射撃性能が向上する。第7期性能修正無し。

 VPでは「前線では修理過多、最前線の射撃機」。
 更に鹵獲スーパーガンダムが修理50に修正されたので、VPでも9週目まで一線で通用する。
 その他、あらゆる用途で活躍してくれるベストセラー機。
※宇宙地形なら、スナイパーⅡ☆比で「移動+1威力*2命中+9&AP武装」と大幅に性能向上する。

 壁としても第7週VPで活躍し、第8週ではバーザムとゼク・アイン登場に伴い姿を消す。

9.ギャプラン/MS

イメージ 5

イメージ 9

■基本開発:2550
 7アッシマー、または8ガンダムMk-Ⅱを開発済みなら必要P-10%(割引は重複)。
 本機を開発済みなら、10バイアラン開発時に10%off、11バウンドドック開発時に25%off。
 編成時「変形」を行うことでMAとして編成可能。

 ORX-005。超高高度迎撃用可変MA(TMA)。
 直線推力に特化し、高高度から侵攻してくる部隊への迎撃任務を担う機体。
 また推進器と武装を一体化したバインダーを用いることで、高機動戦闘にも抜群の戦闘力を持つ。
 
武装命中
 ビーム・ライフル……命中51-56-56

ティターンズ最強の盾スキル壁
 第7期で性能修正され、ティターンズ市販の盾スキル壁では最強の機体へと生まれ変わった。
 性能修正は搭載+2修理-8、HP+24装甲+1先制+2回避+2、格闘威力+9射撃威力+4。
 GP-01fb+にも見劣りしない性能を持つ。

 ガブスレイやハイザックカスタムを用いた5機編成向け。
 またハンブラビ☆*4は搭載21*4が必要なので、搭載不足なら補助・代替にも期待できる。

■+機体
 第8週のTMP1-10位、1-100位に配布。
 第7クール第9週限定での「ゴールデンタイム任務」でも獲得が可能だった。
 遠射撃は不得手ながら、壁としてはZガンダムを上回るHPと装甲、互角の回避を誇る強力な壁機体。

9.ギャプラン/MA

イメージ 6

イメージ 10

■基本開発×
 ギャプラン(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 ORX-005。ギャプランのMA形態(高速移動形態)。
 推力強化により単機大気圏離脱・再突入を想定した機体。
 弾道軌道をとることにより、装備次第で地上のいかなる場所にも数十分で投入できたとされる。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中53-58-58

ギャプランの任務形態
 ギャプランの回避機動スキル/遠射撃形態。
 第7期修正は、搭載+2HP+24装甲+1回避+2、武器威力+4、修理+8。MS形態同様の修正。
 暗礁以外では常に額面性能を保てる「万能」タイプの壁機体。

 威力が向上し遠射撃性能が上がったが
 相変わらず威力・射程に乏しく、使い勝手はあまり良いとはいえない。移動・高命中が利点。

9.メッサーラ

イメージ 7

イメージ 11

■基本開発:2500
 本機を開発済みなら、11.ジ・O開発時に基本P25%off。
 編成時「変形」を行うとMAで編成可能。

 形式PMX-000。木星圏の機体を改良した試作可変MA。
 高重力圏用の機体を転用した事により、地球圏では無類の機動性能を有するに至った。
 通常機の倍近い巨体のため運動性は低く、それを補うべく全身に火器類を備えるのも大きな特徴。

■推定命中
 メガ粒子砲……命中48-53
 ミサイル  ……命中49-49

ティターンズ版の回避機動制限機
 β時代からNPCとして活躍し、第5期PC実装されたMA。
 第7期で搭載+1され、修理-3HP+12、格闘威力+5、メガ粒子砲威力+2、ミサイル威力+3された。
 同時期では回避がやや低く需要が少なかった機体だが、更に搭載+1され性能も殆ど変わっていないなど
 需要のなさに磨きがかかった。

 元性能、特に耐久性は抜群なので、パーツが少ない部隊なら最前線でハンブラビ以上に期待できるが
 パーツが充実しているなら開発する必要性は低い。

 射撃性能も基本値が高いが、実弾扱いなのがネック。

■+機体
 第8週TMP1-30位のみ配布されるレアな機体。
 バイアラン比で搭載+1回避-1だが、HP+64装甲+2と怪物的な耐久性能を誇る。
 地上で使える壁としては同時期トップレベルと言ってよく、特に大規模任務に期待される。

9.メッサーラ/MA

イメージ 8

イメージ 12

■基本開発×
 メッサーラ(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 PMX-000。直結型メガ粒子砲と莫大な推進力を持つ典型的なモビルアーマー
 元が高重力圏仕様なので、従来型モビルアーマーを遥かに超えた推力を備えている。
 また可変機構を備えたことで従来機が敗れてきた近接白兵戦にも柔軟な対応が可能となった。

■推定命中
 MS時と同様※地形「宇宙」で地形補正。

■やや時期外れな宇宙形態
 作戦地が地上となる第8週に登場する宇宙機
 射撃性能はモビルスーツ形態より上だが、競合や大規模では使えない。

 ティターンズ製では唯一の「距離4持ち制限機」であり、パーツ次第では切り札となりうる射撃機だが
 実弾扱いなのがやはりネック。ハンブラビ☆の方が最大攻撃力が高いこともあって
 制限機の中では比較的影が薄い機体と言える。