GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv8(第7期)

 前期までのデータはこちら

技術Lv8/第6 デラーズ紛争終了後に上昇

■第6週星の屑終了後(42日目)、通常開発で開発可能となる。
 ガンダムMk-Ⅱ     …搭載17、8500/9700(1950/700)
 ハイザック       …搭載14、5500/6300(1650/600)
 ハイザック・カスタム …搭載15、6500/7500(1700/600)
 マラサイ         …搭載16、6900/7900(1750/650)       

■第7週エゥーゴ討伐作戦TMP褒章機
 1-10位……ガンダムMk-Ⅱ+
 1-30位……同上。
 1-100位……同上。

ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リストは
 第6クール時の記事はこちら

ガンダムMk-Ⅱ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 9

■基本開発:1950
 基本改良:700
 本機を開発済みの場合、技術9ギャプラン開発時に必要P-10%。
 技術10バーザムの開発改良時に基本P-25%。

 RX-178。グリプス工廠の次世代主力機候補。
 ムーバブル・フレームを本格採用し、軽量かつ可動範囲に優れる。
 初代RX-78を現代技術で再設計した高度な汎用機であり、ティターンズの象徴となるべく開発された。

武装命中
 ビームライフル  ……命中46-51
 ハイパーバズーカ……命中42-42

■高い水準を持つ盾スキル一般壁
 第2クール実装の黒いガンダムMk-Ⅱ(性能はエゥーゴ版と同値)。
 汎用・壁射撃両用と用途を問わないが、射撃ではアッシマーやガブスレイに劣るので主に壁役となる。
 第7期修正で、回避+3盾装甲+1、HP-6装甲-1、遠射撃威力+3された。

 ☆でパーツ2個に基礎回避57と、GP-01(回避56陸戦)を上回る回避に。
 マラサイがS盾化し、性能重視ならマラサイ以上の壁機体となった事で採用率は上がったようだ。

■やや半端
 ただし前線壁としては「同程度の回避値+回避機動」のガブスレイに回避面で勝てないし
 最前線壁としては耐久性が足りないなど、やや半端なのは否めないが
 まだパーツに悩む部隊には魅力的な選択肢と言える。

■+機体
 第7週TMPの1-10位、1-30位、1-100位に配布。
 搭載18ながら搭載19のギャプランよりHPと回避が一回り高いという高性能機。
 エゥーゴ主力である搭載20のZガンダムと比べても、HP+4装甲-1回避-1盾装甲-1と性能的に近いなど
 抜群のコストパフォーマンスを誇る。

8.ハイザック

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発:1650
 基本改良:600
 7.ガルバルディβを開発済みの場合、開発改良の基本-10%.

 RMS-106。0087年頃の連邦軍主力機。
 ザクⅡに連邦系技術を導入した生産性重視の次世代主力機。
 汎用・操縦・生産性に優れ現場で高い評価を得たが、急速な技術進歩により旧式化しつつある。

武装命中
 マシンガン改  ……命中43-48
 ミサイルポッド……命中41-41

■軽修理な射撃機
 主に軽修理射撃としてVP総合で愛用される射撃機。
 第7期修正では盾装甲+1されたが、「弱集中」消滅とガルバルディβ修正に伴い壁需要は減退中。
 普通に「勝ちに行く」だけならあまり必要ではない、軽修理タイプの機体。

 市販修理36-43機として前線VP_総合を中心に活躍するが
 アッシマーの基礎修理48化、至高の修理36鹵獲リックディアスに挟まれ利用価値はやや減退中。
 搭載相応に射撃性能、特に威力が低く、中途半端なのがマイナス評価か。
 搭載の軽さ、☆でパーツ2個使えるのが利点。

 あくまで「性能は修理・搭載相応」なのが難点で、任務や最前線配置を考えるなら当面は不要な機体。

8.ハイザック・カスタム

イメージ 5

イメージ 6

■基本開発:1700
 基本改良:600
 7.ガルバルディβを開発済みの場合、開発改良の基本費-10%.
 本機開発済みなら、9.ガブスレイの開発改良時に基本ポイント-10%。

 RMS-106CS。ハイザックの狙撃戦用カスタム機で「かくれハイザック」とエゥーゴに呼ばれていた。
 ピンポイント攻撃任務用に、ジム系で培われた改造・実戦データを元に改修されている。
 出力・推力と姿勢制御に優れる事から白兵戦闘能力も高い。

武装命中
 狙撃用ビームランチャー……命中41-46-41

■移動2の近・中距離機
 第4期修正で移動2、第7期修正で再び移動3に立ち返った次世代ジムSC。
 第7期修正で移動+1修理-8、装甲回避+1、HP-7、遠射撃威力-2命中+2 となった。
 SCの後継機に相応しい機体となり、搭載15-16という軽さを活かして5機編成での射撃機に活用される。
 ガブスレイやアッシマー程ではないが、搭載2も軽いのが利点。

 アッシマーMA☆比では、威力-2命中-5搭載-2。
 ガブスレイMA☆比では、威力-6命中-4搭載-2(宇宙)。

8.マラサイ

イメージ 7

イメージ 8

■基本開発:1750
 基本改良;650
 本機を開発済みなら、技術10ゼク・アイン第一種の開発改良時に基本-10%。

 RMS-108。ハイザックを発展させた第二世代汎用機。
 警備用MSの性格を持つネモと違い「戦闘用MS」を意識しており、贅沢な仕様と性能を有している。
 政治的事情からティターンズに無償供与され、部隊長級向けのエース機となった。

■推定命中
 ビームライフル……命中46-51-46

■やや半端な位置付けに
 第7期再調整により再び修理36から修理46-53に差し戻された。
 盾は実質LからSに格下げ、修理+10、☆機同士ではHP+8先制回避+1、武器性能が向上。

 性能自体は上がったが「S盾化」「修理+10」は大きく、VP用途での評価低下は拭えない。
 前線壁としては比較的強力なものの、より回避に優れたガブスレイ壁のほうがVPに向いていたようだ。
 七週目壁の中で、比較的「修理が軽い」「低狙い*2」に対応しやすいのが強み。